File.webkitRelativePath

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

File.webkitRelativePath は、webkitdirectory 属性が設定された <input> 要素でユーザーが選択したディレクトリに対するファイルのパスを指定する USVString を含む読み取り専用のプロパティです。

構文

 relativePath = File.webkitRelativePath

ユーザーが選択した先祖ディレクトリを基準にしたファイルのパスを含む USVString

この例では、ユーザーが1つまたは複数のディレクトリを選択できるディレクトリピッカーが提示されています。change イベントが発生すると、選択されたディレクトリ階層に含まれるすべてのファイルのリストが生成され、表示されます。

HTML コンテンツ

<input type="file" id="filepicker" name="fileList" webkitdirectory multiple />
<ul id="listing"></ul>

JavaScript コンテンツ

document.getElementById("filepicker").addEventListener("change", function(event) {
  let output = document.getElementById("listing");
  let files = event.target.files;

  for (let i=0; i<files.length; i++) {
    let item = document.createElement("li");
    item.innerHTML = files[i].webkitRelativePath;
    output.appendChild(item);
  };
}, false);

結果

仕様

仕様書 ステータス コメント
File and Directory Entries API
webkitRelativePath の定義
ドラフト 初回定義

この API には、公式の W3C または WHATWG 仕様はありません。

ブラウザの互換性

BCD tables only load in the browser

あわせて参照