WindowClient.navigate()

WindowClient インターフェイスの navigate() メソッドは、指定された URL を制御されたクライアントのページに読み込んでから、既存の WindowClient に解決される Promise を返します。

構文

windowClient.navigate(url).then(function(windowClient) {
  // ナビゲーション後に WindowClient で何かを行います
});

パラメーター

url
ナビゲートする場所。

戻り値

既存の WindowClient に解決される Promise

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
navigate() の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
navigate
実験的
Chrome 完全対応 49Edge 完全対応 ≤18Firefox 完全対応 44
補足
完全対応 44
補足
補足 Extended Support Releases (ESR) before Firefox 78 ESR do not support service workers and the Push API.
IE 未対応 なしOpera ? Safari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 完全対応 49Firefox Android 完全対応 44Opera Android ? Safari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 完全対応 4.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。