Document.createElement()

HTML 文書において、 document.createElement() メソッドは tagName で指定された HTML 要素を生成し、または tagName が認識できない場合は HTMLUnknownElement を生成します。

構文

var element = document.createElement(tagName[, options]);

引数

tagName
生成される要素の型を特定する文字列。生成される要素の nodeNametagName の値で初期化されます。このメソッドで修飾名 ("html:a" など) を使用しないでください。 HTML 文書で呼び出すと、 createElement() は要素を生成する前に tagName を小文字に変換します。 Firefox, Opera, Chrome では、 createElement(null)createElement("null") のように動作します。
options省略可
省略可能な ElementCreationOptions オブジェクトで、 is という名前のプロパティをひとつ持ち、その値は前に customElements.define() を使用して定義したカスタム要素の名前です。詳しくはウェブコンポーネントの例を参照してください。

返値

新しい Element

基本的な例

この例では新しい <div> を生成し、"div1" の id の要素の前に挿入します。

HTML

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>||Working with elements||</title>
</head>
<body>
  <div id="div1">The text above has been created dynamically.</div>
</body>
</html>

JavaScript

document.body.onload = addElement;

function addElement () {
  // 新しい div 要素を作成します
  var newDiv = document.createElement("div");
  // いくつかの内容を与えます
  var newContent = document.createTextNode("Hi there and greetings!");
  // テキストノードを新規作成した div に追加します
  newDiv.appendChild(newContent);

  // DOM に新しく作られた要素とその内容を追加します
  var currentDiv = document.getElementById("div1");
  document.body.insertBefore(newDiv, currentDiv);
}

ウェブコンポーネントの例

以下の例の断片は expanding-list-web-component の例から取ったものです (ライブでもご覧ください)。この場合、カスタム要素は HTMLUListElement (en-US) を拡張し、 <ul> 要素を表します。

// Create a class for the element
class ExpandingList extends HTMLUListElement {
  constructor() {
    // Always call super first in constructor
    super();

    // constructor definition left out for brevity
    ...
  }
}

// Define the new element
customElements.define('expanding-list', ExpandingList, { extends: "ul" });

この要素のインスタンスをプログラム的に生成したければ、次の行のような呼び出しを使用します。

let expandingList = document.createElement('ul', { is : 'expanding-list' })

新しい要素には is 属性が与えられ、その値はカスタム要素のタグ名になります。

: カスタム要素仕様書の以前のバージョンととの後方互換性のため、一部のブラウザーはオブジェクトの代わりに文字列を渡すことを認めており、この文字列はカスタム要素のタグ名です。

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
Document.createElement の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報