これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Request インターフェースの cache 読み取り専用プロパティは、リクエストのキャッシュモード(たとえば、defaultno-storereloadno-cache、force-cacheonly-if-cached)を含みます。

構文

var currentCacheMode = request.cache;

RequestCache 値。

次のスニペットでは、Request.Request() コンストラクタを使って(スクリプトと同じディレクトリにある画像ファイルのために)新しいリクエストを生成してから、変数にリクエストのキャッシュモードを保存しています:

var myRequest = new Request('flowers.jpg');
var currentCacheMode = myRequest.cache; // returns "default" by default

仕様

仕様 状態 コメント
Fetch
cache の定義
現行の標準 Initial definition

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42
41[1]
39 (39)
34[1]
未サポート

29
28[1]

未サポート
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

[1] この機能は選択によって使えるようになります。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,