HTTP header (HTTP ヘッダー)

HTTP ヘッダーは、 HTTP リクエストおよび HTTP レスポンスのフィールドで、メッセージや本文のセマンティクスを変更したり、より詳細に説明したりするための追加情報を渡します。ヘッダーは大文字と小文字を区別せず、行の先頭から始まり、直後に ':' とヘッダー自体に依存する値が続きます。値は、次の CRLF またはメッセージの最後で終了します。

従来より、ヘッダーはカテゴリ分けされてきましたが、この分類は仕様書では定義されていません。

  • 一般ヘッダー: リクエストとレスポンスの両方に適用され、最終的に本文の中で送信されるデータとは関係のないヘッダー。
  • リクエストヘッダー: 取得するリソース又はクライアント自体に関する詳細情報を含むヘッダー。
  • レスポンスヘッダー: レスポンスについての追加情報、例えば場所やサーバー自身についての情報 (名前、バージョン、など) を含むヘッダー。
  • エンティティヘッダー: コンテンツの長さや MIME タイプなど、エンティティの本文に関する詳細情報を含むヘッダー。

一つのヘッダーを持つ基本的なリクエストの例です。

GET /example.http HTTP/1.1
Host: example.com

リダイレクトの場合は、必須のヘッダー (Location) があります。

302 Found
Location: /NewPage.html

典型的な一連のヘッダーの例です。

304 Not Modified
Access-Control-Allow-Origin: *
Age: 2318192
Cache-Control: public, max-age=315360000
Connection: keep-alive
Date: Mon, 18 Jul 2016 16:06:00 GMT
Server: Apache
Vary: Accept-Encoding
Via: 1.1 3dc30c7222755f86e824b93feb8b5b8c.cloudfront.net (CloudFront)
X-Amz-Cf-Id: TOl0FEm6uI4fgLdrKJx0Vao5hpkKGZULYN2TWD2gAWLtr7vlNjTvZw==
X-Backend-Server: developer6.webapp.scl3.mozilla.com
X-Cache: Hit from cloudfront
X-Cache-Info: cached
  1. 仕様書
    1. HTTP 仕様書におけるヘッダーの構文。
  2. 技術リファレンス
    1. 全ての HTTP ヘッダー一覧
  3. 用語集
    1. HTTP ヘッダー
    2. 一般ヘッダー
    3. リクエストヘッダー
    4. レスポンスヘッダー
    5. エンティティヘッダー
    6. 禁止ヘッダー名
    7. 禁止レスポンスヘッダー名
    8. CORS セーフリストリクエストヘッダー (en-US)
    9. CORS セーフリストレスポンスヘッダー