Signature (functions) (シグネチャ (関数))

関数シグネチャ (もしくは型シグネチャ、メソッドシグネチャ) は関数メソッドの入力と出力を定義します。

シグネチャは以下のものを含みます:

さらに詳しく

JavaScript におけるシグネチャ

JavaScript は型付けの弱い動的言語です。なので先行して変数の型を宣言する必要がありません。プログラムが処理される間に自動的に型が決定します。JavaScript のシグネチャはそれでもやはりメソッドの情報を付与します:

MyObject.prototype.myFunction(value)
  • メソッドは MyObject という オブジェクト に追加される
  • メソッドは静的メソッドになるのとは対照的に MyObject の prototype に追加される (したがってインスタンスメソッドとなる)。

  • 関数名は myFunction である。
  • メソッドは未定義の value という一つのパラメータを受け取る。

Java におけるシグネチャ

Javaでは、シグネチャは仮想マシンコードレベルでメソッドやクラスを区別するために使用されます。 Java コードを実行できるように変数の型をコード中で宣言する必要があります。 Java は強い型付けがなされ、コンパイル中にすべてのパラメーターが正しいかどうかをチェックします。

public static void main(String[] args)
  • public キーワードはアクセス修飾子ですべてのオブジェクトからこのメソッドを呼び出すことができることを明示します。
  • static キーワードはこのメソッドがインスタンスメソッドとは対照的にクラスメソッドであることを明示します。
  • void キーワードはこのメソッドの返り値が無いことを明示します。
  • メソッド名は main です。
  • メソッドは args という String 配列型のパラメータを一つ受け取ります。

さらに学ぶ

一般知識

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, MaxfieldWalker
最終更新者: Uemmra3,