SSL

SSL (Secure Sockets Layer) は古いセキュリティ標準技術で、サーバーとクライアントの間に暗号化されたネットワークリンクを作成し、そこを通過するデータが非公開で安全であることを保証するためのものでした。 SSL の現在のバージョンは 3.0 で、1999年に Netscape 社がリリースしたものですが、 TLS (Transport Layer Security) プロトコルに置き換えられました。