非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

uneval() 関数は、オブジェクトのソースコードを表す文字列を生成します。

構文

uneval(object)

引数

Object
Javascript の式、あるいは文。

戻り値

与えられた Object のソースコードを表す文字列。

注記: 戻り値は引数として渡したオブジェクトに対する正しい JSON 表現になるとは限りません。

説明

uneval() はトップレベル関数であり、どのオブジェクトにも関連付けられていません。

用例

var a = 1;
uneval(a); // 1 を含む文字列が返される

var b = "1";
uneval(b) // "1" を含む文字列が返される

uneval(function foo(){}); // "(function foo(){})" が返される


var a = uneval(function foo(){return 'hi'});
var foo = eval(a);
foo(); // "hi" が返される

仕様

仕様は存在しません。

ブラウザーの実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: teoli, Marsf, x2357, s_fujimoto
最終更新者: teoli,