uneval()

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

uneval() 関数は、オブジェクトのソースコードを表す文字列を生成します。

構文

uneval(object)

引数

Object
Javascript の式、あるいは文。

戻り値

与えられた Object のソースコードを表す文字列。

注記: 戻り値は引数として渡したオブジェクトに対する正しい JSON 表現になるとは限りません。

説明

uneval() はトップレベル関数であり、どのオブジェクトにも関連付けられていません。

用例

var a = 1;
uneval(a); // 1 を含む文字列が返される

var b = "1";
uneval(b) // "1" を含む文字列が返される

uneval(function foo(){}); // "(function foo(){})" が返される


var a = uneval(function foo(){return 'hi'});
var foo = eval(a);
foo(); // "hi" が返される

仕様

仕様は存在しません。

ブラウザーの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
uneval()
非推奨非標準
Chrome 未対応 なしEdge 未対応 なしFirefox 未対応 1 — 74
補足
未対応 1 — 74
補足
補足 Starting in Firefox 74, uneval() is no longer available for use by web content. It is still allowed for internal and privileged code.
IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 4Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android 未対応 なしnodejs 未対応 なし

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報