uneval()

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

Gecko 74 で廃止 (Firefox 74 / Thunderbird 74 / SeaMonkey 2.71): この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

uneval() 関数は、オブジェクトのソースコードを表す文字列を生成します。

構文

uneval(object)

引数

object
Javascript の式、あるいは文。

返値

与えられた object のソースコードを表す文字列です。

注: 返値は object に対する正しい JSON 表現になるとは限りません。

解説

uneval() は最上位関数であり、どのオブジェクトにも関連付けられていません。

uneval の使用

var a = 1;
uneval(a); // 1 を含む文字列が返される

var b = '1';
uneval(b) // "1" を含む文字列が返される

uneval(function foo() {}); // "(function foo(){})" が返される


var a = uneval(function foo() { return 'hi'; });
var foo = eval(a);
foo(); // "hi" が返される

仕様書

いずれかの標準の一部ではありません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報