Intl.PluralRules

Intl.PluralRules オブジェクトは、複数形が影響する書式や言語ルールを可能にするオブジェクトのコンストラクターです。

コンストラクター

Intl.PluralRules.PluralRules()
Intl.PluralRules オブジェクトを作成します。

プロパティ

Intl.PluralRules.prototype
すべてのオブジェクトにプロパティ追加を許可する

メソッド

Intl.PluralRules.supportedLocalesOf()
ランタイムの既定のロケールにフォールバックすることなく、対応しているロケールを含む配列を返す。

PluralRules インスタンス

プロパティ

PluralRules インスタンスはプロトタイプから下記のプロパティを継承します。

メソッド

PluralRules インスタンスはプロトタイプから下記のメソッドを継承します。

Intl.PluralRules.prototype.resolvedOptions()
オブジェクトの初期化時に計算される、ロケールと照合オプションを反映した新規オブジェクトを返します。
Intl.PluralRules.prototype.select()
ロケールを意識したフォーマット用に、どの複数形ルールを指定しているかという String を返します。

locales の使用

この例ではローカライズされた複数形ルールのいくつかをお見せします。アプリケーションの UI で使う言語のフォーマットを取得するには、locales 引数に言語(とフォールバック言語の場合もある)を指定します。

// Arabic has different plural rules

new Intl.PluralRules('ar-EG').select(0);
// → 'zero'
new Intl.PluralRules('ar-EG').select(1); 
// → 'one'
new Intl.PluralRules('ar-EG').select(2);
// → 'two'
new Intl.PluralRules('ar-EG').select(6);
// → 'few'
new Intl.PluralRules('ar-EG').select(18);
// → 'many'

仕様書

仕様書
ECMAScript Internationalization API (ECMA-402)
Intl.PluralRules の定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
PluralRulesChrome 完全対応 63Edge 完全対応 18Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera 完全対応 50Safari 完全対応 13WebView Android 完全対応 63Chrome Android 完全対応 63Firefox Android 完全対応 58Opera Android 完全対応 46Safari iOS 完全対応 13Samsung Internet Android 完全対応 8.0nodejs 完全対応 10.0.0
補足
完全対応 10.0.0
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. See the PluralRules() constructor for more details.
PluralRules() constructorChrome 完全対応 63Edge 完全対応 18Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera 完全対応 50Safari 完全対応 13WebView Android 完全対応 63Chrome Android 完全対応 63Firefox Android 完全対応 58Opera Android 完全対応 46Safari iOS 完全対応 13Samsung Internet Android 完全対応 8.0nodejs 完全対応 13.0.0
完全対応 13.0.0
部分対応 10.0.0
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. When other locales are specified, the PluralRules instance silently falls back to en-US. To make full ICU (locale) data available for versions prior to 13, see Node.js documentation on the --with-intl option and how to provide the data.
resolvedOptionsChrome 完全対応 63Edge 完全対応 18Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera 完全対応 50Safari 完全対応 13WebView Android 完全対応 63Chrome Android 完全対応 63Firefox Android 完全対応 58Opera Android 完全対応 46Safari iOS 完全対応 13Samsung Internet Android 完全対応 8.0nodejs 完全対応 10.0.0
補足
完全対応 10.0.0
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. See the PluralRules() constructor for more details.
selectChrome 完全対応 63Edge 完全対応 18Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera 完全対応 50Safari 完全対応 13WebView Android 完全対応 63Chrome Android 完全対応 63Firefox Android 完全対応 58Opera Android 完全対応 46Safari iOS 完全対応 13Samsung Internet Android 完全対応 8.0nodejs 完全対応 10.0.0
補足
完全対応 10.0.0
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. See the PluralRules() constructor for more details.
supportedLocalesOfChrome 完全対応 63Edge 完全対応 18Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera 完全対応 50Safari 完全対応 13WebView Android 完全対応 63Chrome Android 完全対応 63Firefox Android 完全対応 58Opera Android 完全対応 46Safari iOS 完全対応 13Samsung Internet Android 完全対応 8.0nodejs 完全対応 10.0.0
補足
完全対応 10.0.0
補足
補足 Before version 13.0.0, only the locale data for en-US is available by default. See the PluralRules() constructor for more details.

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報