MDN wants to learn about developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/MDN-dev-survey


この記事は、MDN で文書化された、すべての JavaScript メソッドをアルファベット順に並べたリストを含みます。

Found 264 pages with the tag "Method":

A

  • abs: 静的なSIMD.%type%.abs() メソッドは絶対値をもつ新しいSIMDデータ型を返します。
  • acosh: 引数として与えた数のハイパーボリックアークコサインを返します。 すなわち
  • add: 特定のvalueをもつ新しい要素をSetオブジェクトの最後に追加します。
  • add: 静的な SIMD.%type%.add() メソッドは加算されたレーン値 (a + b) をもつ新しいインスタンスを返します。
  • add: 新しいオブジェクトをWeakSetオブジェクトの最後に追加します。
  • all: Promise.all(iterable)メソッドは、反復引数のすべてのプロミスが完了したとき完了したプロミスを返すか、与えられたプロミスの中で最初の失敗理由とともに失敗したプロミスを返します。
  • and: 静的なSIMD.%type%.and() メソッドはレーン値の論理的ANDをもつ新しいインスタンスを返します。(a & b).
  • apply: 関数呼び出しに対するトラップです。
  • apply: 静的なReflect.apply()メソッドは、指定された引数とともに対象となる関数を呼び出します。
  • assign: 1つ以上のsourceオブジェクトの保有する全ての列挙(enumerable)プロパティの値を、targetのオブジェクトへコピーします。戻り値はtargetオブジェクトになります。
  • atanh: 引数として与えた数のハイパーボリックアークタンジェントを返します。すなわち

B

  • bind: bind() メソッドは、呼び出された時に新しい関数を生成します。最初の引数 thisArg は新しい関数の this キーワードにセットされます。2 個目以降の引数は、新しい関数より前に、ターゲット関数の引数として与えられます。

C

  • catch: catch()メソッドはPromiseを返します。失敗した場合のみ扱います。Promise.prototype.then(undefined, onRejected)が呼ばれたときと同様に振る舞います。
  • cbrt: Math.cbrt() 関数は、引数として与えた数の立方根を返します。すなわち、
  • check: 静的なSIMD.%type%.check() メソッドは、引数が有効なSIMDデータ型で、%type%と同じなら、SIMD データ型をを返します。 さもなければ、TypeErrorがスローされます。
  • clear: WeakSetオブジェクトからすべての要素を削除します。
  • clear: WeakMapオブジェクトからすべての要素を削除します。
  • clear: Mapオブジェクトからすべての要素を削除します。
  • clear: Setオブジェクトからすべての要素を取り除きます。
  • clz32: 引数として与えた数の32ビットバイナリでの先導する0ビットの数を返します。
  • codePointAt: UTF-16エンコードされたコードポイント値である負でない整数を返します。
  • compile: 非推奨の compile() メソッドはスクリプトの実行中に正規表現を(再)コンパイルするために使われます。RegExpコンストラクタと基本的に同じです。
  • construct: new 操作に対するトラップです。
  • construct: 静的なReflect.construct() メソッドは、機能として new 演算子のように働きます。これは、new target(...args) の呼び出しと同等です。
  • copyWithin: 配列内の一連の配列の要素をtargetで開始する位置にコピーします。第二、第三の引数、startendのインデックス位置からコピーが実施されます。end 引数はオプションです。デフォルトは配列のサイズになっています。このメソッドはArray.prototype.copyWithinと同じアルゴリズムです。TypedArraytyped array typesの一つです。
  • copyWithin: copyWithin() メソッドは、配列内の配列要素の並びを target で始まる位置にコピーします。このコピーは、2, 3 番目の引数である startend に指定したインデックス位置から取られます。end 引数の指定は任意であり、デフォルトで配列の長さ (最後尾) になります。
  • cosh: 引数として与えた数のハイパーボリックコサインを返します。constant eを使用して表現されます。:

D

  • defineProperties: Object.defineProperties()メソッドは、オブジェクトに直接新しいプロパティを定義し、あるいは既存のプロパティを変更して、そのオブジェクトを返します。
  • defineProperty: Object.defineProperty()に対するトラップです。
  • defineProperty: 静的なReflect.defineProperty()メソッドは、Object.defineProperty()と似ていますが、Booleanを返します。
  • delete: Mapオブジェクトから特定の要素を削除します。
  • delete: Setオブジェクトから特定の要素を取り除きます。
  • delete: WeakMapオブジェクトから指定された要素を削除します。
  • delete: WeakSetオブジェクトから指定された要素を削除します。
  • deleteProperty: delete 操作に対するトラップです。
  • deleteProperty: 静的な Reflect.deleteProperty()  メソッドは、プロパティを削除します。機能としては delete 演算子のようなものです。
  • div: 静的なSIMD.%type%.div() メソッドは、割られたレーン値をもつ新しいインスタンスを返します。(a / b).

E

  • endsWith: endsWith() メソッドは、対象の文字列が引数に指定された別の文字列を末尾に持つ文字列であるか否かを示す真偽値を返します。
  • entries: key/valueペアを含む新しい Array Iterator オブジェクト を取得します。
  • entries: 配列内の各インデックスに対するkey/valueペアを含む新しいArray Iteratorオブジェクトを返します。
  • entries: Object.entries() メソッドは、引数に与えたオブジェクトが所有する、列挙可能なプロパティの組 [key, value] からなる配列を返します。配列要素の順序は for...in ループによる順序と同じです(両者の違いとして、for-in ループではその上プロトタイプチェーン内のプロパティも列挙されます)。
  • entries: 挿入順でMapオブジェクトの要素に対する[key, value]ペアを含む新しいIterator オブジェクトを返します。
  • entries: Setオブジェクトの各要素に挿入順に[value, value]の配列を含む新しいIterator オブジェクトを返します。Set オブジェクトに対して、Mapオブジェクトのようなkeyはありません。しかしながら、Mapオブジェクトと似たAPIをもつために、各entrykeyvalueに対して同じ値を持ちます。そのため、配列[value, value]が返されます。
  • enumerate: 次の引数がenumerate メソッドに渡されます。thisはハンドラにバインドされます。
  • enumerate: 静的な Reflect.enumerate() メソッドは、対象オブジェクトの可算できる自身と継承されたプロパティを持つイテレータを返します。
  • equal: 静的なSIMD.%type%.equal() メソッドは、各レーンで等号比較(a == b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。
  • every: typed array内のすべての要素が提供された関数によって実装されたテストを渡すかどうかテストします。このメソッドはArray.prototype.every()と同じアルゴリズムです。TypedArraytyped array typesの一つです、
  • expm1: ex - 1 を返します。x は引数で、e は自然対数の底です。
  • extractLane: 静的なSIMD.%type%.extractLane() メソッドは与えられたレーンの値を返します。

F

  • fill: 開始インデックスから終了インデックスまでのtyped arrayのすべての要素を固定値で埋めます。このメソッドはArray.prototype.fill()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • fill: fill() メソッドは、開始位置から終了位置までの配列の要素を固定値で設定します。
  • filter: 提供された関数によって実装されるテストを渡すすべての要素で新しいtyped arrayを生成します。このメソッドはArray.prototype.filter()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • find: 要素は、与えられたテスト関数を満たした場合、typed arrayのvalueを返します。さもなければ、undefinedが返されます。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • find: find() メソッドは、配列内の要素が指定されたテスト関数を満たす場合、配列内の を返します。そうでない場合は undefined を返します。
  • findIndex: findIndex() メソッドは、配列内の要素が指定されたテスト関数を満たす場合、配列内の インデックス を返します。そうでない場合は -1 を返します。
  • findIndex: typed array内の要素が与えられたテスト関数を満たすなら、typed array内のインデックスを返します。さもなければ、-1が返されます。
  • for: 引数で与えられたキーでランタイム全体のシンボルレジストリ内に存在しているシンボルを検索し、見つかった場合それを返します。さもなければ、新しいシンボルがこのキーでグローバルシンボルレジストリ内に生成されます。
  • forEach: 挿入順にMapのキー/バリューペアあたり一回、提供された関数を実行します。
  • forEach: 配列の要素ごとに一度与えられた関数を実行します。このメソッドはArray.prototype.forEach()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • forEach: Setオブジェクトの各値に対して一度挿入順で与えられた関数を実行します。
  • formatToParts: Intl.DateTimeFormat.prototype.formatToParts() メソッドは、DateTimeFormat フォーマットによって生成されるロケール対応書式を設定可能にします
  • from: 配列オブジェクトや反復オブジェクトから新しいtyped arrayを返します。このメソッドはArray.from()とほぼ同じです。
  • from: Array.from() メソッドは、配列型 (array-like) オブジェクトや反復可能 (iterable) オブジェクトから新しい Array インスタンスを生成します。
  • fromCodePoint: 静的なString.fromCodePoint() メソッドはコードポイントの指定されたシーケンスを使用することによって生成された文字列を返します。
  • fromFloat32x4: 静的なSIMD.%type%.fromFloat32x4() メソッドはfloat32x4からfloat変換された新しいSIMDデータ型を生成します。
  • fromFloat32x4Bits: 静的なSIMD.%type%.fromFloat32x4Bits() メソッドはfloat32x4からビット単位にコピーされた新しいSIMDデータ型を生成します。
  • fromFloat64x2Bits: 静的なSIMD.%type%.fromFloat64x2Bits()メソッドはfloat64x2からのビット単位のコピーをもつ新しいSIMDデータ型を生成します。
  • fromInt16x8Bits: 静的なSIMD.%type%.fromInt16x8Bits()メソッドは、int16x8からのビット単位のコピーをもつ新しいSIMDデータ型を生成します。
  • fromInt32x4: 静的なSIMD.%type%.fromInt32x4() メソッドは、int32x4からの浮動小数点変換をもつ新しいSIMDデータ型を生成します。
  • fromInt32x4Bits: 静的なSIMD.%type%.fromInt32x4Bits()メソッドは、int32x4からのビット単位のコピーをもつ新しいSIMDデータ型を生成します。
  • fromInt8x16Bits: 静的なSIMD.%type%.fromInt8x16Bits()メソッドをint8x16からのビット単位のコピーをもつ新しいSIMD データ型。
  • fround: 引数として与えた数の最も近い単精度 floatを返します。

G

  • get: WeakMapオブジェクトから指定された要素を返します。
  • get: 静的な Reflect.get() メソッドは、機能としてオブジェクト(target[propertyKey])) からプロパティを取得するかのように動作します。
  • get: プロパティ値を取得することに対するトラップです。
  • get: Mapオブジェクトから特定の要素を返します。
  • get Array[@@species]: Array[@@species] アクセッサプロパティは、Array コンストラクタを返します。
  • getFloat32: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き32-bit float (float) を取得します。
  • getFloat64: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 64-bit float (double) を取得します。
  • getInt16: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き16-bit integer (short)を取得します。
  • getInt32: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き32-bit integer (long)を取得します。
  • getInt8: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き8-bit integer (byte) を取得します。
  • getNotifier: Object.getNotifer() メソッドは総合的に変更をトリガーできるオブジェクトの生成に使用されます。
  • getOwnPropertyDescriptor: Object.getOwnPropertyDescriptor()に対するトラップです。
  • getOwnPropertyDescriptor: 静的な Reflect.getOwnPropertyDescriptor() メソッドは、Object.getOwnPropertyDescriptor() と似ています。オブジェクトにプロパティが存在する場合、与えられたプロパティのプロパティディスクリプタを返します。一方、プロパティが存在しない場合は、undefined を返します。
  • getOwnPropertySymbols: 引数で与えられたオブジェクト上で直接見つかったすべてのsymbolプロパティの配列を返します。
  • getPrototypeOf: [[GetPrototypeOf]] 内部メソッドに対するトラップです。
  • getUint16: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号なし 16-bit integer (unsigned short) を取得します。
  • getUint32: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号なし32-bit integer (unsigned long)を取得します。
  • getUint8: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号なし8-bit integer (unsigned byte) を取得します。
  • greaterThan: 静的なSIMD.%type%.greaterThan() メソッドは各レーンで大なり比較(a > b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。
  • greaterThanOrEqual: 静的なSIMD.%type%.greaterThanOrEqual()メソッドは、各レーンで大なりイコール比較(a >= b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。

H

  • has: 特定のキーに対する要素が存在するかどうかを示すbooleanを返します。
  • has: in 操作に対するトラップです。
  • has: 静的な Reflect.has() メソッドは、機能としては in 演算子 のように動作します。
  • has: 特定の値をもつ要素がSetオブジェクト内に存在するかどうかを示すbooleanを返します。
  • has: WeakMapオブジェクト内に指定されたキーをもつ要素が存在しているかどうかを示すbooleanを返します。
  • has: WeakSetオブジェクト内にオブジェクトが存在しているかどうかを示すbooleanを返します。
  • hypot: 引数の二乗和の平方根を返します。すなわち

I

  • includes: includes() メソッドは typed array がある要素を含むかどうか判断し、その結果に応じて truefalse を返します。このメソッドは Array.prototype.includes() と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArray はここでは typed array types の一つです。
  • includes: 1つの文字列を別の文字列の中に見出すことができるかどうかを判断し、必要に応じてtruefalseを返します。
  • includes: includes() メソッドは、特定の要素が配列に含まれているかどうかを true または false で返します。
  • indexOf: 引数で与えられた要素がtyped array内で見つけられた最初のインデックスを返します。または、存在しない場合は、-1を返します。このメソッドはArray.prototype.indexOf()と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • isArray: Array.isArray()メソッドは、オブジェクトが配列であればtrueを、そうでなければfalseを返します。
  • isExtensible: Object.isExtensible()に対するトラップです。
  • isExtensible: 静的な Reflect.isExtensible() メソッドは 、オブジェクトを拡張できるかを測定します(オブジェクトに追加された新しいプロパティを持てるかどうか)。これは Object.isExtensible() に似ていますが、いくつかの 違いがあります
  • isFinite: 引数として与えた数が有限数かどうかの真偽値を返します。
  • isNaN: 引数として与えた数がNaNかどうかの真偽値を返します。 オリジナルのisNaN()グローバルメソッドのより堅牢なバージョンです。
  • isSafeInteger: 引数として与えた数がsafe integerかどうかの真偽値を返します。safe integer は下記を満たす整数です。
  • isView: argが、typed array objectsDataViewのように、ArrayBufferのビューの場合、trueを返します。 さもなければ、false を返します。

J

  • JavaScript メソッドの索引: この記事は、MDN で文書化された、すべての JavaScript メソッドをアルファベット順に並べたリストを含みます。
  • join: join() メソッドは、配列のすべての要素を繋いで文字列にします。
  • join: 配列のすべての要素を文字列に結合します。このメソッドはArray.prototype.join()と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。

K

  • keyFor: 引数で与えられたシンボルに対してグローバルシンボルレジストリから共有シンボルキーを取得します。
  • keys: keys() メソッドは、配列の各インデックスのキーを含む新しい Array Iterator オブジェクトを返します。
  • keys: 挿入順にMapオブジェクトの要素のキーを含む新しいIteratorオブジェクトを返します。
  • keys: 配列内の各インデックスに対するキーを含む新しいArray Iteratorオブジェクトを返します。

L

  • lastIndexOf: 引数で与えられた要素がtyped array内で最後に現れるインデックスを返します。値が見つからない場合、-1を返します。typed arrayはfromIndexで始まる位置から逆方向に検索されます。 このメソッドは、Array.prototype.lastIndexOf()と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • lessThan: 静的なSIMD.%type%.lessThan() メソッドは、各レーンで小なり比較(a < b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。
  • lessThanOrEqual: 静的なSIMD.%type%.lessThanOrEqual() メソッドは、各レーンで小なりイコール比較(a <= b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。
  • load: 静的なSIMD.%type%.load() メソッドはtyped arrayからロードされたレーン値をもつ新しいSIMDデータ型を生成します。
  • localeCompare: localeCompare() メソッドは参照文字列がソート順で引数で与えられた文字列と大なり、小なり、等しいとなるかどうかを示す数値を返します。
  • log10: Math.log10() 関数は、引数として与えた数に対して、10 を底とする対数を返します。すなわち、
  • log1p: 引数として与えた数と 1 の合計の自然対数(底 e)を返します。すなわち
  • log2: 引数として与えた数の2を底とする対数を返します。すなわち

M

  • map: typed array内のすべての要素で与えられた関数を呼び出した結果をもつ新しいtyped arrayを生成します。このメソッドはArray.prototype.map()と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArrayは、ここではtyped array typesの一つです。
  • max: 静的なSIMD.%type%.max() メソッドは、2つのSIMD型のうち最大レーン値をもつ新しいインスタンスを返します。(Math.max(a, b)).
  • maxNum: 静的なSIMD.%type%.maxNum() メソッドは2つのSIMD型のうち最大レーン値をもつ新しいインスタンスを返します(Math.max(a, b))。NaNより数値を選びます。
  • min: 静的なSIMD.%type%.min() メソッドは2つのSIMD型のうち最小レーン値をもつ新しいインスタンスを返します(Math.min(a, b))。
  • minNum: 静的なSIMD.%type%.minNum() メソッドは2つのSIMD型のうち最小レーン値をもつ新しいインスタンスを返しますMath.min(a, b))。 NaNより数値を選びます。
  • move: 配列内の一連の要素をtargetで始まる位置にコピーします。しかしながら、この非標準のメソッドは標準のTypedArray.prototype.copyWithin() メソッドに置き換えられました。 TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • mul: 静的なSIMD.%type%.mul() メソッドは乗算されたレーン値をもつ新しいインスタンスを返します(a * b)。

N

  • neg: 静的なSIMD.%type%.mul() メソッドは否定されたレーン値をもつ新しいインスタンスを返します。
  • next: donevalueの2つのプロパティを持ったオブジェクトを返します。 ジェネレータに値を送るためにnextメソッドに引数が提供されております。
  • normalize: 引数で与えられた文字列(その値が文字列でない場合、最初の文字列に変換されます)のFormの形式で正規化したUnicode文字列を返します。
  • not: 静的なSIMD.%type%.not() メソッドはレーン値のビット単位のの論理的 NOT演算値をもつ新しいインスタンスを返します(~a)。
  • notEqual: 静的なSIMD.%type%.notEqual() メソッドは各レーンで不等比較(a != b)に応じた値をもつ選択マスクを返します。

O

  • observe: Array.observe() メソッドは、配列への変更を非同期で監視するために使用します。オブジェクト用の Object.observe() と似ています。変更内容は、発生した順番に時系列で提供されます。accept type list ["add", "update", "delete", "splice"] で呼び出された Object.observe() と同等です。
  • observe: Object.observe() メソッドはオブジェクトに対する変更の非同期的監視に使用します。このメソッドによって発生順に一連の変更内容が生成されます。
  • of: Array.of() メソッドは、引数の数や型にかかわらず、可変長引数で、新しい Array インスタンスを生成します。
  • of: 様々な数の引数をもつ新しいtyped arrayを生成します。このメソッドはArray.of()とほぼ同じです。
  • or: 静的なSIMD.%type%.or() メソッドはレーン値の論理的OR演算値をもつ新しいインスタンスを返します(a | b)。
  • ownKeys: Object.getOwnPropertyNames()に対するトラップです。
  • ownKeys: 静的な Reflect.ownKeys() メソッドは、対象のオブジェクトが持つプロパティキーの配列を返します。

P

  • padEnd: padEnd() メソッドは、最終的な文字列が指定された長さに到達するように、現在の文字列を指定した文字列で(繰り返し)延長します。延長は、現在の文字列の終端(右)から適用されます。
  • padStart: padStart() メソッドは、最終的な文字列が指定された長さに到達するように、現在の文字列を指定した文字列で(繰り返し)延長します。延長は、現在の文字列の最初(左)から適用されます。
  • parse: JSON.parse() メソッドは文字列を JSON として解析し、また任意で解析によって作り出された値を変換します。
  • parseFloat: 文字列引数をパースし浮動小数点数を返します。このメソッドはグローバル関数parseFloat()と同様に振る舞いECMAScript第6版の一部となっています(目的はグローバル関数のモジュール化です)。
  • parseInt: 文字列引数をパースし指定された基数または底の整数値を返します。
  • pop: 配列から最後の要素を取り除き、その要素を返します。
  • preventExtensions: 静的な Reflect.preventExtensions() メソッドは、すでにプロパティが追加されたオブジェクトに、新しいプロパティを抑制します (つまり、オブジェクトのさらなる拡張を抑制します)。Object.preventExtensions() に似ていますが、違いがあります
  • preventExtensions: Object.preventExtensions()に対するトラップです。
  • prototype[@@iterator]: @@iterator プロパティの初期値は、values() プロパティの初期値と同じ関数オブジェクトです。
  • prototype[@@iterator]: @@iteratorプロパティの初期値はvaluesプロパティの初期値と同じ関数オブジェクトです。
  • prototype[@@iterator]: @@iterator プロパティの初期値はentriesプロパティの初期値と同じ関数オブジェクトです。
  • prototype[@@iterator]: 文字列値のコードポイントを反復処理し新しいIteratorオブジェクトを返します。文字列値として各コードポイントを返します。
  • prototype[@@iterator]: @@iteratorプロパティの初期値はvaluesのプロパティの初期値と同じ関数オブジェクトです。
  • prototype[@@search]: [@@search]() メソッドは、this 正規表現と文字列の間でマッチさせるための検索を実行します。
  • prototype[@@toPrimitive]: [@@toPrimitive]()メソッドは、Dateオブジェクトをプリミティブ値に変換します。
  • prototype[@@toPrimitive]: [@@toPrimitive]()メソッドは、Symbol オブジェクトをプリミティブ値に変換します。

Q

R

  • race: 反復のプロミスの一つが成功したり失敗したりしてすぐに値や理由とともにプロミスを返します。
  • raw: 静的メソッドである String.raw() は、文字列リテラルのための Python の r プレフィックスや C# の @ プレフィックスのような template strings のタグ関数です。この関数は、template strings の生の文字列形式を取得するために使用されます。
  • reciprocalApproximation: 静的なSIMD.%type%.reciprocalApproximation() メソッドは 逆数のレーン値の近似値をもつ新しいインスタンスを返します(1 / x)。
  • reciprocalSqrtApproximation: 静的なSIMD.%type%.reciprocalSqrtApproximation() メソッドはレーン値の平方根(Math.sqrt())の逆数(1 / x)の近似値をもつ新しいインスタンスを返します。
  • reduce: アキュムレータに対して関数を適用し、隣り合う二つのtyped arrayの要素(左から右へ)は単一の値になります。このメソッドは、Array.prototype.reduce()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayは、ここではtyped array typesの一つです。
  • reduceRight: アキュムレータに対して関数を適用し、隣り合う二つのtyped arrayの要素(右から左へ)は単一の値になります。このメソッドは、Array.prototype.reduceRight()と同じアルゴリズムを持っています。TypedArrayは、ここではtyped array typesの一つです。
  • reject: 引数で与えられた理由でリジェクトされたPromise オブジェクトを返します。
  • replaceLane: 静的なSIMD.%type%.replaceLane() メソッドは引数で与えられ置き換えられたレーンの値をもつ新しいSIMDデータ型を返します。
  • resolve: 引数で与えられた値で完了されたPromise オブジェクトを返します。値が成功なら (すなわちthen メソッドを持っている)、返されるプロミスは成功に従い、その最終的な状態を採用します。さもなければ、返されるプロミスはその値で失敗にされます。
  • resolvedOptions: ローケルを反映しているプロパティとこのDateTimeFormatオブジェクトの初期化中に計算されたオプションをフォーマットしている日時をもった新しいオブジェクトを返します。
  • resolvedOptions: ローケルを反映しているプロパティとこのNumberFormatオブジェクトの初期化中に計算された数値変換オプションをもった新しいオブジェクトを返します。
  • resolvedOptions: ローケルを反映しているプロパティとCollatorオブジェクトの初期化中に計算された照合オプションをもった新しいオブジェクトを返します。
  • return: 与えられている値を返し、ジェネレータを終了します。
  • reverse: typed arrayの位置を反転させます。最初のtyped arrayの要素は最後になり、最後の要素は最初になります。このメソッドはArray.prototype.reverse()と同じアルゴリズムを持ちます。 TypedArrayはここではtyped array types の一つです。
  • revocable: 取消可能なProxy オブジェクトを生成します。

S

  • select: 静的なSIMD.%type%.select() メソッドはセレクタマスクから選択マッチになるレーン値をもつ新しい対応するSIMDデータ型を生成します。
  • set: 指定されたkeyvalueをもつ新しい要素をWeakMapオブジェクトに追加します。
  • set: 指定した配列から入力値を読み込み、複数の値をtyped array内に格納します。
  • set: 静的な Reflect.set() メソッドは、オブジェクトにプロパティを設定するかのように動作します。
  • set: 特定のkeyvalueをもった新しい要素をMapオブジェクトに追加します。
  • set: プロパティ値を設定することに対するトラップです。
  • setFloat32: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 32-bit float (float) を設定します。
  • setFloat64: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 64-bit float (double) を設定します。
  • setFullYear: 地方時に基づき、指定された日時の「年」を設定します。
  • setHours: 地方時に基づき、指定された日時の「時」を設定します。1 January 1970 00:00:00 UTCから更新されたDateインスタンスが表す時間までのミリ秒を返します。
  • setInt16: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 16-bit integer (short) を設定します。
  • setInt32: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 32-bit integer (long) を設定します。
  • setInt8: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号付き 8-bit integer (byte) を設定します。
  • setMilliseconds: 地方時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を設定します。
  • setMinutes: 地方時に基づき、指定された日時の「分」を設定します。
  • setMonth: 現在の設定年に基づき、指定された日時の「月」を設定します。
  • setPrototypeOf: Object.setPrototypeOf()に対するトラップです。
  • setPrototypeOf: Object.setPrototypeOf() メソッドは指定されたオブジェクトのプロトタイプ(例 内部の[[Prototype]] プロパティ)を別のオブジェクト、または、nullに設定します。
  • setPrototypeOf: 静的な Reflect.setPrototypeOf() メソッドは、Object.setPrototypeOf() と同じメソッドです。これは指定されたオブジェクトのプロトタイプ(つまり、内部の [[Prototype]] プロパティ)にほかのオブジェクト、または null を設定します。
  • setSeconds: 地方時に基づき、指定された日時の「秒」を設定します。
  • setTime: DateオブジェクトをJanuary 1, 1970, 00:00:00 UTCからのミリ秒を表す時刻に設定します。
  • setUTCDate: 協定世界時に基づき、指定された日時の 日にち を設定します。
  • setUTCFullYear: 協定世界時に基づき、指定された日時の西暦年(※グレゴリオ暦)を設定します。
  • setUTCHours: 協定世界時に基づき、指定された日時の「時」を設定し、1 January 1970 00:00:00 UTCから更新されたDateインスタンスが表す時刻までの「ミリ秒」を返します。
  • setUTCMilliseconds: 協定世界時に基づき、指定された日時の「ミリ秒」を設定します。
  • setUTCMinutes: 協定世界時に基づき、指定された日時の「分」を設定します。
  • setUTCMonth: 協定世界時に基づき、指定された日時の「月」を設定します。
  • setUTCSeconds: 協定世界時に基づき、指定された日時の「秒」を設定します。
  • setUint16: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号なし 16-bit integer (unsigned short) を設定します。
  • setUint32: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号なし 32-bit integer (unsigned long) を設定します。
  • setUint8: DataViewの開始位置から特定のバイトオフセットで符号なし 8-bit integer (byte) を設定します。
  • setYear: 地方時に基づき、指定された日時の「年」を設定します。setYear()は西暦を設定しないので("2000年問題")、 もはや使われておらず、setFullYear()メソッドに置き換えられています。
  • shift: shift() メソッドは、配列から最初の要素を取り除き、その要素を返します。このメソッドは配列の長さを変えます。
  • shiftLeftByScalar: 静的なSIMD.%type%.shiftLeftByScalar() メソッドは引数で与えられたビット数によって左へシフトされたレーン値をもつ新しいインスタンスを返します(a << bits)。
  • shiftRightArithmeticByScalar: 静的なSIMD.%type%.shiftRightArithmeticByScalar() メソッドは引数で与えられたビット数で右へ(算術)シフトされたレーン値をもつ新しいインスタンスを返します(a >> bits)。
  • shiftRightLogicalByScalar: 静的なSIMD.%type%.shiftRightLogicalByScalar() メソッドは引数で与えられたビット数で(論理的に)右へシフトされたレーン値をもつ新しいインスタンスを返します(a >>> bits)。
  • shuffle: 静的なSIMD.%type%.shuffle() メソッドはシャッフルされたレーン値をもつ新しいSIMDデータ型インスタンスを生成します。
  • sign: Math.sign() 関数は、引数として与えた数が正、負、0 のどれであるか示す符号を返します。
  • sinh: 引数として与えた数のハイパーボリックサインを返します。constant eを用いて表現できます。:
  • slice: typed arrayの一部を取り出して新しいtyped arrayを返します。このメソッドは、Array.prototype.slice()と同じアルゴリズムを持ちます。 TypedArrayは、ここではtyped array typesの一つです。
  • slice: beginから(包括)endまで(排他)までこのArrayBufferのバイト単位のコピーされた内容の新しいArrayBufferを返します。
  • slice: 文字列の一部分を取り出し、新しい文字列を返します。
  • some: 与えられた関数によって実行されるテストに合格する要素がtyped arrayの中にあるかどうかをテストします。このメソッドは、Array.prototype.some()と同じアルゴリズムを持ちます。TypedArrayはここではtyped array typesの一つです。
  • splat: 静的なSIMD.%type%.splat() メソッドは引数で与えられた値に設定されたレーン値をもつ新しいSIMDデータ型を生成します。
  • sqrt: 静的なSIMD.%type%.sqrt() メソッドはレーン値の平方根をもつ新しいインスタンスを返します(同じスカラー関数のMath.sqrt() も確かめて下さい)。
  • startsWith: startsWith() メソッドは文字列が別の文字列の文字で始まるか判断し、その結果に応じて truefalse を返します。
  • store: 静的なSIMD.%type%.store() メソッドはSIMDデータ型をtyped arrayに設定します。
  • stringify: JSON.stringify() メソッドは JavaScript の値を JSON 文字列に変換します。置き換え関数を指定して値を置き換えたり、置き換え配列を指定して指定されたプロパティのみを含むようにしたりできます。
  • sub: 静的なSIMD.%type%.sub() メソッドは減算したレーン値をもつ新しいインスタンスを返します(a - b)。
  • subarray: 同じArrayBufferストアで、TypedArrayオブジェクトと同じ要素の型をもつ新しいTypedArrayを返します。beginオフセットは包括して、endオフセットは排他的です。 TypedArraytyped array typesの一つです。
  • supportedLocalesOf: ランタイムデフォルトローケルに戻る必要なしで、サポートされている提供されているローケルを含んでいる配列を返します。
  • supportedLocalesOf: ランタイムのデフォルトローケルに戻る必要なしでフォーマットしている日時でサポートしている提供されているローケルを含んでいる配列を返します。
  • supportedLocalesOf: ランタイムのデフォルトローケルに戻る必要なしで数値変換でサポートされる提供されたローケルを含んでいる配列を返します。
  • swizzle: 静的なSIMD.%type%.swizzle() メソッドはswizzled(再順序付け) されたレーン値をもつ新しいSIMDデータ型インスタンスを生成します。

T

  • tanh: 引数として与えた数のハイパーボリックタンジェントを返します。すなわち
  • then: then()メソッドはPromiseを返します。2つの引数を持ち、両方ともPromiseが成功した場合、失敗した場合のコールバック関数です。
  • throw: エラーをジェネレータにスローします。
  • toDateString: 人間が読めるフォーマットのアメリカ英語でDateオブジェクトの日付の部分を返します。
  • toGMTString: インターネットグリニッジ標準時(GMT)変換を使って、日付を文字列に変換します。toGMTString() によって返される値のフォーマットはプラットフォームやブラウザによって変化します。一般に人間の読める日付の文字列を表します。
  • toISOString: simplified拡張ISOフォーマットで文字列を返します。(ISO 8601), 常に24文字長です: YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.sssZ タイムゾーンは、接尾辞"Z"で表記されているように、常にUTCオフセットです。
  • toInteger: 渡された引数を評価しintegerに変換します。しかし実装は取り除かれました。
  • toLocaleDateString: toLocaleDateString()メソッドは、Dateオブジェクトの日付から言語に依存する文字列表現を返します。新たな引数localesoptionsにより、アプリケーションにどの言語の書き方を用いるか定めたり、関数の処理の仕方が変えられます。古い実装ではlocalesoptionsは無視され、使われるロケールと返される文字列の形式は実装に完全に依存します。
  • toLocaleFormat: 日付を特定のフォーマットを用いた文字列に変換します。Intl.DateTimeFormatは標準準拠の方法で日付をフォーマットする代案です。新バージョンのDate.prototype.toLocaleDateString()も確かめて下さい。
  • toLocaleLowerCase: 任意のロケール固有のケースマッピングに従って、参照文字列の値を小文字に変換して返します。
  • toLocaleString: toLocaleString() メソッドは、配列の要素を表す文字列を返します。この要素は、配列要素の toLocaleString メソッドを使用して Strings に変換され、ロケール固有の文字列に分割されます (例えばカンマ “,”などはロケールによっては “.”で表されます) 。
  • toLocaleString: このNumberオブジェクトのローケルに応じた文字列表現を返します。
  • toLocaleString: この日付の言語敏感な表現の文字列を返します。新しいlocales やcode>options引数でアプリケーションはフォーマット変換に使われる言語を指定でき、関数の振る舞いをカスタマイズ出来ます。古い実装では、locales引数 と options引数を無視し、使われているローケルと返される文字列の形式は完全に実装依存です。
  • toLocaleTimeString: 日時の時刻部分の言語敏感な表現の文字列を返します。 新しい localesoptions 引数で、アプリケーションはフォーマット変換に使われる言語を指定でき、関数の振る舞いをカスタマイズ出来ます。古い実装では、locales引数 と options引数を無視し、使われているローケルと返される文字列の形式は完全に実装依存です。
  • toLocaleUpperCase: 任意のロケール固有のケースマッピングに従って、参照文字列の値を大文字に変換して返します。
  • toSource: 同じエラーにevelされたコードを返します。
  • toSource: オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。
  • toSource: 非標準のSIMD.%type%.toSource()メソッドは、オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。
  • toSource: オブジェクトのソースコードを表す文字列を返します。
  • toString: 特定のErrorオブジェクトを表す文字列を返します。
  • toString: 特定のシンボルオブジェクトを表す文字列を返します。
  • toTimeString: 人間が読めるフォーマットのアメリカ英語でDateオブジェクトの時刻部分を返します。
  • toUTCString: 協定世界時を使って日付を文字列に変換します。
  • transfer: 静的なArrayBuffer.transfer() メソッドは、oldBufferのデータから得られる内容の新しいArrayBufferを返します。newByteLengthによって切断されるかゼロ拡張されます。newByteLengthundefinedなら、oldBufferbyteLengthが使われます。この操作は切り離された状態でoldBufferを見捨てます。
  • trunc: Math.trunc() 関数は、引数として与えた数の小数部の桁を取り除くことによって整数部を返します。

U

  • unobserve: Array.unobserve()メソッドは、Array.observe()で設定された監視を削除するために使われます
  • unobserve: Object.unobserve() メソッドは Object.observe() メソッドで設定した監視の解除に使用します。

V

  • valueOf: Dateオブジェクトのプリミティブ値を返します。
  • valueOf: Symbolオブジェクトのプリミティブ値を返します。
  • values: values() メソッドは、配列の各インデックスの値を含む新しい Array Iterator オブジェクトを返します。
  • values: 挿入順にMapオブジェクトの要素に対する値を含む新しいIterator オブジェクトを返します。
  • values: 挿入順でSetオブジェクト内の各要素の値を含む新しいIteratorオブジェクトを返します。
  • values: 配列内の各インデックスに対する値を含む新しいArray Iteratorオブジェクトを返します。

W

X

  • xor: 静的なSIMD.%type%.xor() メソッドはレーン値の論理XOR演算値をもつ新しいインスタンスを返します(a ^ b)。

Y

Z

_

  • インデックス付きコレクション: 本章では、インデックス値により順序付けされたデータからなるコレクションを紹介します。配列、そして Array オブジェクトや TypedArray オブジェクトといった配列様の構造体があります。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: Marsf, shide55
 最終更新者: Marsf,