JavaScript リファレンスについて

この JavaScript リファレンスは、JavaScript 言語に関する事実の情報倉庫となっています。言語全体がここで詳細に記述されています。JavaScript コードを書くとき、これらのページをよく参照することになるでしょう (だからリファレンスです)。JavaScript を学んだり JavaScript の能力や機能について理解する助けがほしければ、JavaScript ガイドを見てみてください。

JavaScript 言語は、ブラウザーやサーバー側スクリプトなど、より大きな環境で使用することを想定しています。このリファレンスは、大部分が環境に依存しないようにしており、ウェブブラウザー環境のみを対象としたものではありません。

JavaScript の情報の所在

JavaScript のコア言語機能 (ほとんどの部分は純粋な ECMAScript) の文書としては、次のものがあります。

初めて JavaScript に触れる方は、ガイド から読み始めましょう。基本をしっかり理解してしまえば、リファレンス を使用すると、個々のオブジェクトや言語構造について詳しい情報が得られます。

リファレンスの構造

JavaScript リファレンスには、次の章が用意されています。

標準組み込みオブジェクト
この章では、 JavaScript のすべての標準組み込みオブジェクトと、そのメソッドおよびプロパティについて説明します。
文と宣言
JavaScript アプリケーションは、適切な構文の文からなります。1つの文でも、複数の行に渡ることもあります。複数の文でも、各文をセミコロンで挟むことで1行に収めることができます。これはキーワードではありませんが、キーワードのグループです。
式と演算子
この章では、JavaScript 言語のすべての演算子、式、キーワードについて説明します。
関数
JavaScript の関数についての章。
クラス
ECMAScript 2015 で導入された JavaScript クラスについての章。
JavaScript の新機能
JavaScript のバージョン履歴についての章。

その他の参照ページ