<template>: コンテンツテンプレート要素

HTML のコンテンツテンプレート (<template>) 要素 は、すなわちページの読み込み時にすぐには描画されないものの、後で JavaScript を使用してインスタンスを生成できる HTML を保持するメカニズムです。

テンプレートは、文書内に格納されたコンテンツの断片として考えてください。ページの読み込み時にパーサーが <template> 要素の内容を処理している間、その内容の有効性のみが検証されます。しかし、要素の内容は描画されません。

コンテンツカテゴリ メタデータコンテンツ, フローコンテンツ, 記述コンテンツ, スクリプト対応要素
許可されている内容 制限なし
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 メタデータコンテンツ, 記述コンテンツ, スクリプト対応要素 を受け付けるすべての要素。また、 span 属性を持たない <colgroup> 要素の子になることもできます。
暗黙の ARIA ロール 対応するロールなし
許可されている ARIA ロール 許可されている role なし
DOM インターフェイス HTMLTemplateElement

属性

この要素には、グローバル属性のみがあります。

ただし、 HTMLTemplateElementcontent プロパティは、読み取り専用の DocumentFragment で、テンプレートが表現する DOM サブツリーを保持しています。なお、 content の値を直接使用すると予想外の動作につながる可能性があります。下記の DocumentFragment の落とし穴の回避の節を参照してください。

まず、HTML 部分の例から始めましょう。

<table id="producttable">
  <thead>
    <tr>
      <td>UPC_Code</td>
      <td>Product_Name</td>
    </tr>
  </thead>
  <tbody>
    <!-- 必要に応じて既存のデータをここに含められます。 -->
  </tbody>
</table>

<template id="productrow">
  <tr>
    <td class="record"></td>
    <td></td>
  </tr>
</template> 

まず、JavaScript コードを使用して後からコンテンツを挿入するための table を作ります。次に、1 行分を表す HTML 断片の構造が書かれた template が続きます。

table が生成され、 template が定義されました。 JavaScript を使って、 template を基に構築される各行を table に挿入します。

// templete 要素の content 属性の有無を確認することで、
// ブラウザーが HTML template 要素に対応しているかテストします。
if ('content' in document.createElement('template')) {

    // 既存の HTML tbody と template の行を使って
    // table をインスタンス生成します。
    var tbody = document.querySelector("tbody");
    var template = document.querySelector('#productrow');

    // 新しい行を複製して表に挿入します。
    var clone = template.content.cloneNode(true);
    var td = clone.querySelectorAll("td");
    td[0].textContent = "1235646565";
    td[1].textContent = "Stuff";

    tbody.appendChild(clone);

    // 新しい行を複製して表に挿入します。
    var clone2 = template.content.cloneNode(true);
    td = clone2.querySelectorAll("td");
    td[0].textContent = "0384928528";
    td[1].textContent = "Acme Kidney Beans 2";

    tbody.appendChild(clone2);

} else {
  // HTML template 要素に対応していないので 
  // 表に行を追加するほかの方法を探します。
}

結果として、 JavaScript を通して、新しい行が追加された HTML の表ができます。

DocumentFragment の落とし穴の回避

DocumentFragment は様々なイベントのために有効なターゲットではないので、その中の要素を複製したり、参照したりすることが好ましいことがよくあります。

以下の HTML および JavaScript を考えてみてください。

HTML

<div id="container"></div>

<template id="template">
  <div>Click me</div>
</template>

JavaScript

const container = document.getElementById("container");
const template = document.getElementById("template");

function clickHandler(event) {
  alert("Clicked a div");
}

const firstClone = template.content.cloneNode(true);
firstClone.addEventListener("click", clickHandler);
container.appendChild(firstClone);

const secondClone = template.content.firstElementChild.cloneNode(true);
secondClone.addEventListener("click", clickHandler);
container.appendChild(secondClone);

結果

firstClone は DocumentFragment のインスタンスなので、期待通りにコンテナー内に追加されますが、クリックしてもクリックイベントは発生しません。 secondCloneHTMLDivElement のインスタンスなので、クリックすると期待通りに動作します。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
template element の定義
現行の標準
HTML5
template element の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
templateChrome 完全対応 26Edge 完全対応 13Firefox 完全対応 22IE 未対応 なしOpera 完全対応 15Safari 完全対応 8WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 26Firefox Android 完全対応 22Opera Android ? Safari iOS 完全対応 8Samsung Internet Android 完全対応 1.5

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報