HTML の <blockquote> 要素 (HTML ブロック引用要素) は、内包する要素の文字列が引用文であることを示します。通常、字下げを伴ってレンダリングされます (整形方法については注意の項を参照してください)。 cite 属性により引用元の文書の URL を、 <cite> 要素により引用元の文書のタイトルなどを明示可能です。

コンテンツカテゴリ フローコンテンツ, 区分化ルート, 知覚可能コンテンツ
許可されている内容 フローコンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 フローコンテンツを受け入れるすべての要素
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLQuoteElement

属性

この要素にはグローバル属性があります。

cite
引用元の文書の URL、または引用元の情報に関するメッセージを示します。この属性は、引用文の背景や出典についての説明を指し示そうとするものです。

使用上の注意

引用された文字列に適用される字下げを変更するには、 CSSmargin-leftmargin-right プロパティ、または一括指定の margin プロパティを使用してください。

独立したブロックというより行内の短い引用を行うには、 <q> (Quotation) 要素を使用してください。

この例は RFC 1149, A Standard for the Transmission of IP Datagrams on Avian Carriers からの文言を引用するために <blockquote> 要素を使用する例です。

<blockquote cite="https://tools.ietf.org/html/rfc1149">
  <p>Avian carriers can provide high delay, low
  throughput, and low altitude service.  The
  connection topology is limited to a single
  point-to-point path for each carrier, used with
  standard carriers, but many carriers can be used
  without significant interference with each other,
  outside of early spring.  This is because of the 3D
  ether space available to the carriers, in contrast
  to the 1D ether used by IEEE802.3.  The carriers
  have an intrinsic collision avoidance system, which
  increases availability.</p>
</blockquote>

以下のように出力されます。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<blockquote> の定義
現行の標準  
HTML5
<blockquote> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<blockquote> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり1 あり あり あり
cite あり あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり
cite あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

  • <q>: インラインの引用のための要素
  • <cite>: 情報源の引用のための要素

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,