<noframes>: フレームフォールバック要素

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

<noframes> は、古い HTML における No Frames または frame fallback 要素であり、 <frame> 要素に対応していない(または対応を無効化した)ブラウザーのためのコンテンツを提供します。よく使われるほとんどのブラウザーがフレームに対応していますが、一部のモバイルブラウザーやテキストモードブラウザーなどの例外もあります。

<noframes> の中では HTML 文書の body 要素内で利用できる HTML 要素が使用できますが、フレームを使用するための <frameset> 要素および <frame> 要素は意味がないので例外です。

<noframes> は、ユーザーのブラウザーがフレームに対応していないことを説明するメッセージを表示するために利用することができますが、できればフレームを使わなくても同じ(または同等の)機能を提供するための別なフォームを表現するために使用するべきです。

HTML 5 以降では、 <frame> 要素および <frameset> 要素が廃止されたため、 <noframes> も廃止されており使用するべきではありません。フレームがどうしても必要であれば、 <iframe> 要素を用いて表現するべきです。

属性

他のすべての HTML 要素と同様に、この要素はグローバル属性に対応しています。他の属性は利用できません。

この例には、2つのフレームを持つフレームセットがあります。加えて、ユーザーエージェントがフレームに対応していない場合の説明メッセージを表示するために <noframes> が使われています。

<frameset cols="50%,50%">
  <frame src="https://developer.mozilla.org/en/HTML/Element/frameset" />
  <frame src="https://developer.mozilla.org/en/HTML/Element/frame" />
  <noframes><p>あなたのブラウザーはフレームに対応していないか、またはフレームが使用できるように設定されていません。</p></noframes>
</frameset>

仕様策定状況

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
<noframes> の定義
現行の標準  
HTML5
<noscript> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<noframes> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss
最終更新者: mfuji09,