<object>: 外部オブジェクト要素

<object>HTML の要素で、画像、内部の閲覧コンテキスト、プラグインによって扱われるリソースなどのように扱われる外部リソースを表します。

コンテンツカテゴリー フローコンテンツ記述コンテンツ埋め込みコンテンツ、知覚可能コンテンツ、要素が usemap 属性を持つ場合は 対話型コンテンツリスト化/送信可能フォーム関連要素
許可されている内容 0 個以上の <param> 要素とそれに続く 透過的コンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 埋め込みコンテンツを受け入れるすべての要素
暗黙の ARIA ロール 対応するロールなし
許可されている ARIA ロール application, document, image
DOM インターフェイス HTMLObjectElement

属性

この要素はグローバル属性を持っています。

archive

オブジェクトのリソースの URI 群を、半角スペースで区切って指定。

border

コントロールの境界線のピクセル幅。※指定時に px などの単位は不要。

classid

オブジェクトの実装の URI。 data 属性とともに、または data 属性の代替として用いることができます。

codebase

classid 属性、data 属性、archive 属性で指定された相対 URI を解決するための基準パス。指定しない場合、既定値は現在の文書のベース URI となります。

codetype

classid によって指定されたデータのコンテンツ型。

data

リソースのアドレスを有効な URL で指定。data 属性と type 属性のうち、少なくとも1つは定義しておく必要があります。

declare

この論理属性は属性名を指定するだけで有効になります。オブジェクトは、後続する <object> 要素でインスタンス化しなければなりません。HTML5 ではリソースを再利用するごとに、完全な形の <object> 要素を繰り返し配置します。

form

このオブジェクト要素がフォームに関連付けられていれば、そのフォーム要素 (フォームオーナー)。属性値は、同一文書内の <form> 要素の ID でなければなりません。

height

表示されるリソースの高さを CSS ピクセル数 で指定。(絶対値に限ります。パーセント値は不可)

name

有効な閲覧コンテキストの名前 (HTML5) またはコントロールの名前 (HTML 4)。

standby

オブジェクトの実装とデータの読み込み中にブラウザーに表示することができるメッセージ。

type

data 属性によって指定されたリソースの content typedata 属性と type 属性のうち、少なくとも 1 つは定義しておく必要があります。

usemap

<map> 要素を参照するハッシュ名。 '#' の後に map 要素の name 属性を繋げた文字列を属性値として記述します。

width

表示されるリソースの幅を CSS ピクセル数 で指定。(絶対値に限ります。パーセンテージは不可)

Flash 動画を埋め込む

<!-- 埋め込み Flash 動画 -->
<object data="movie.swf"
  type="application/x-shockwave-flash"></object>

<!-- 引数付き埋め込み Flash 動画 -->
<object data="movie.swf" type="application/x-shockwave-flash">
  <param name="foo" value="bar">
</object>

仕様書

Specification
HTML Standard (HTML)
# the-object-element

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報