非推奨
この機能は Web 標準から削除されました。まだサポートしているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。新旧にかかわらず、プロジェクトでの使用をやめてください。この機能を使用するページ、Web アプリはいつ動かなくなってもおかしくありません。

概要

<frame> は、別の HTML ドキュメントを表示できる個々の領域を定義する HTML 要素です。frame 要素は <frameset> の内部で使用します。

パフォーマンスの問題やスクリーンリーダーを使用するユーザへのアクセシビリティの欠如といった欠点があるため、<frame> 要素の使用は推奨されません。<frame> 要素に代わり、<iframe> が好まれるでしょう。

属性

他のすべての HTML 要素と同様に、この要素はグローバル属性をサポートします。

src
この属性は、フレームに表示するドキュメントを指定します。
name
この属性は、フレームに名前をつけます。名前がなければ、すべてのリンクは自身が存在するフレームで開きます。
noresize
この属性は、ユーザによるフレームのリサイズを抑止します。
scrolling
この属性は、スクロールバーの有無を定義します。この属性を指定しない場合、ブラウザは必要なときにスクロールバーを表示します。設定できる値は 2 つです。"yes" は不要なときでもスクロールバーを表示します。"no" は必要なときでもスクロールバーを表示しません。
marginheight
この属性は、フレーム間のマージンの高さを定義します。
marginwidth
この属性は、フレーム間のマージンの幅を定義します。
frameborder
この属性で、フレームにボーダーを設定できます。

<frameset cols="50%,50%">
  <frame src="https://developer.mozilla.org/en/HTML/Element/iframe" />
  <frame src="https://developer.mozilla.org/en/HTML/Element/frame" />
</frameset>

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,