<marquee>: マーキー要素 (廃止)

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

HTML の <marquee> 要素はテキストがスクロールする領域を挿入します。要素の属性を使用して、テキストがコンテンツ領域の端に達したときにどうするかを制御できます。

DOM インターフェイス HTMLMarqueeElement (en-US)

属性

behavior
marquee 要素内でのテキストのスクロール方法を scrollslidealternate の内の何れかのキーワードで指定します。指定を省略した場合は、初期値の scroll が適用されます。
bgcolor
背景色を、色名もしくは HEX カラーコードで指定します。
direction
marquee 要素内でのテキストのスクロール方向を leftrightupdown の内の何れかのキーワードで指定します。初期値は left です。
height
スクロール範囲の高さを、ピクセル値かパーセント値で指定します。
hspace
水平方向のマージンを指定します。
loop
テキストのスクロール回数を指定します。初期値は −1 であり、これはスクロール回数を制限せず、恒久的にスクロールを続ける指定です。
scrollamount
インターバル内での、テキストの移動ピクセル数を指定します。初期値は 6 です。
scrolldelay
スクロール動作のインターバルをミリ秒で指定します。初期値は 85 です。truespeed 属性が指定されていない場合は 60 が最下限であり、これ以下の値は 60 として解釈されます。
truespeed
デフォルトでは、scrolldelay で 60 を下回る値は無視します。truespeed を指定すると、それらの値が無視されません。
vspace
垂直方向のマージンをピクセル値かパーセント値で指定します。
width
スクロール範囲の幅をピクセル値かパーセント値で指定します。

イベントハンドラー

onbounce
スクロール範囲の終端に達した時に発火するイベントハンドラ。behavior 属性の値に alternate が指定されている場合のみ発火します。
onfinish
loop 属性で指定された回数のループが終了した時に発火するイベントハンドラ。loop 属性に 1 以上の値が指定されている場合にのみ発火します。
onstart
marquee がスクロールを開始した時に発火するイベントハンドラです。

メソッド

start()
marquee のスクロールの開始
stop()
marquee のスクロールの停止

<marquee>This text will scroll from right to left</marquee>

<marquee direction="up">This text will scroll from bottom to top</marquee>

<marquee direction="down" width="250" height="200" behavior="alternate" style="border:solid">
  <marquee behavior="alternate">
    This text will bounce
  </marquee>
</marquee>

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<marquee> の定義
現行の標準 CSS の方が望ましいため廃止しましたが、後方互換性のため期待する動作を定義しています。ただし CSS のマーキー機能の開発は放棄されました
HTML5
<marquee> の定義
勧告 CSS の方が望ましいため廃止しましたが、後方互換性のため期待する動作を定義しています。ただし CSS のマーキー機能の開発は放棄されました

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報