<colgroup>

HTML の <colgroup> 要素は、表内の列のグループを定義します。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 span 属性を与えた場合: なし。これは空要素です。
span 属性を与えない場合: 0 個以上の <col> 要素。
タグの省略 最初の子要素が <col> 要素であり、かつ終了タグを省略した <colgroup> 要素が前にない場合は、開始タグを省略できます。
空白またはコメントが後にない場合は、終了タグを省略できます。
許可されている親要素 <table> 要素。<colgroup> は省略可能な <caption> 要素より後、かつ <thead>, <th>, <tbody>, <tfoot>, <tr> の各要素より前に置かなければなりません。
暗黙の ARIA ロール 対応するロールなし
許可されている ARIA ロール 許可されている role なし
DOM インターフェイス HTMLTableColElement

属性

この要素はグローバル属性を持っています。

span
この属性は正の整数で、 <colgroup> 要素がまたがる列の数を示します。存在しない場合の既定値は 1 です。
注: この属性は列グループの属性に適用され、それに関連付けられた CSS のスタイル付け規則には影響を与えず、さらに、列グループのメンバーのセルにも影響を与えません。
  • span 属性は、1つ以上の <col> 要素が <colgroup> の中にある場合は許可されていません。

非推奨の属性

以下の属性は非推奨であり、使用すべきではありません。これらの属性は、既存のコードを更新する際の参考として、また歴史的な興味のためだけに、以下に文書化されています。

align これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
この列挙属性は、各列の内容物の水平方向の配置方法を制御します。以下の値が指定可能です。
  • left : 内容物をセルの左側に揃えます。
  • center : 内容物をセル内で中央揃えにします。
  • right : 内容物をセルの右側に揃えます。
  • justify: 内容物がセル内で両端揃えになるように、テキストコンテンツに空白を挿入します。
  • char : テキストコンテンツを特定の文字に対して、最小のオフセットで揃えます。特定の文字は char 属性および charoff 属性で定義します。

この属性が設定されていない場合は、left 値であるものとします。子孫の <col> 要素は自身の align 属性を使用して、この値を上書きできます。

注:
  • text-align プロパティを、 <colgroup> 要素を与えたセレクターに設定しようとしてはいけません。 <td> 要素は <colgroup> 要素の子孫ではないため、プロパティを継承しません。
  • 表で colspan 属性を使用していない場合は、列ごとに 1 つずつ td:nth-child(an+b) CSS セレクターを使用してください。a は表内の列数、b は表内の列の位置を示す序数です。このセレクターの後でのみ text-align プロパティを使用できます。
  • char と同じ効果を得るには、CSS3 では text-align プロパティの値として char の値を使用します。未実装
bgcolor これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。

表の背景色です。この属性は、列の各セルの背景色を定義します。 6桁の16進数の RGB コードの前に '#' が付いた形です。定義済みの色キーワードの一つも使用できます。

同様の効果を得るには、 CSS の background-color プロパティを使用してください。

char これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
この属性は、列グループ内の内容をある文字へ整列することを指定します。典型的な値としては、数字や金額を整列させようとするときのピリオド (.) があります。 alignchar に設定されていない場合、この属性は無視されますが、この列グループのメンバーである <col>align の既定値として使用されます。
charoff これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
この属性は、char 属性で指定した揃え文字から列のデータをオフセットする文字数を示します。
valign これは非推奨の API です。まだ動作しているかもしれませんが、もう使用するべきではありません。
この属性は、各列の内容物の垂直方向の配置方法を制御します。以下の値が指定可能です。
  • baseline : テキストを可能な限りセルの下端に近づけますが、下端ではなく文字の ベースライン に揃えます。文字がサイズ全体に渡る場合は、bottom と同じ効果になります。
  • bottom : テキストを可能な限りセルの下端に近づけて配置します。
  • middle : テキストをセルの中央部に置きます。
  • and top : テキストを可能な限りセルの上端に近づけて配置します。
注:
  • vertical-align プロパティを、 <colgroup> 要素を与えたセレクターに設定しようとしてはいけません。<td> 要素は <colgroup> 要素の子孫ではないため、プロパティを継承しません。
  • 表で colspan 属性を使用していない場合は、td:nth-child(an+b) CSS セレクターを使用してください。 a は表の列数、 b は表内の列の位置を示す序数です。このセレクターの後でのみ vertical-align プロパティを使用できます。
  • 表で colspan 属性を使用している場合は [colspan=n] のような、十分な CSS 属性セレクターの組み合わせで実現できますが、容易ではありません。

<colgroup> 要素の使用例については、<table> 要素のページを参照してください。

仕様書

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • <col> 要素のスタイル付けに特に便利な CSS プロパティおよび 擬似クラス:
    • 列の幅を制御するための width プロパティ
    • 列内のセルの配置を設定するための :nth-child 擬似クラス
    • すべてのセル内コンテンツを '.' などの同一文字で揃えるための text-align プロパティ