HTML の <embed> 要素は、外部のコンテンツを文書中の指定された場所に埋め込みます。コンテンツは外部アプリケーションや、対話型コンテンツの他の出所(ブラウザーのプラグインなど)によって提供されます。

註: 本文書は、 HTML5 の一部として定義された要素についてのみ記載します。以前の標準化されていない要素の実装については扱いません。

最近のほとんどのブラウザーは、ブラウザーのプラグインの対応を非推奨にして削除しているため、サイトを平均的なユーザーのブラウザーで操作できるようにしたいのであれば、 <embed> に頼ることは賢明ではないということを意識しておいてください。

コンテンツカテゴリ フローコンテンツ記述コンテンツ、埋め込みコンテンツ、対話型コンテンツ、知覚可能コンテンツ
許可されている内容 なし。これは空要素です。
タグの省略 開始タグは必須。終了タグを記述してはならない。
許可されている親要素 埋め込みコンテンツを受け入れるすべての要素。
許可されている ARIA ロール application, document, img, presentation
DOM インターフェイス HTMLEmbedElement

属性

この要素にはグローバル属性があります。

height
このリソースを表示する高さを CSS ピクセル値で示します。絶対的な値でなければなりません。パーセント値は使用できません
src
埋め込むリソースの URL を示します。
type
インスタンス化するプラグインを選択するために使用する MIME タイプ。
width
このリソースを表示する幅を CSS ピクセル値で示します。絶対的な値でなければなりません。パーセント値は使用できません

使用上のメモ

object-position プロパティを使用して、要素のフレーム内の埋め込みオブジェクトの位置を調整することができ、 object-fit プロパティを使用して、オブジェクトの寸法をフレーム内にどのように合わせるかを制御することができます。

<embed type="video/quicktime" src="movie.mov" width="640" height="480">

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<embed> の定義
現行の標準  
HTML5
<embed> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

メモ: Firefox のバージョン45以前では HTML リソースの内容を表示せず、プラグインが必要である旨の汎用的なメッセージを表示します(バグ 1237963 をご覧ください)。

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり1 あり あり あり
height あり あり1 あり あり あり
src あり あり1 あり あり あり
type あり あり1 あり あり あり
width あり あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 ? ? ? ? ? ? ?
height ? ? ? ? ? ? ?
src ? ? ? ? ? ? ?
type ? ? ? ? ? ? ?
width ? ? ? ? ? ? ?

関連情報