HTML 属性: disabled

disabled は論理属性で、存在する場合、その要素は変更不可、フォーカス不可、フォームへの送信不可となります。ユーザーはそのコントロールやフォームコントロールの子孫を編集したり、フォーカスしたりすることができません。

フォームコントロールに disabled 属性が指定された場合、その要素とフォームコントロールの子孫は制約検証が行われません。多くの場合、ブラウザーはそのようなコントロールをグレーアウトし、マウスクリックやフォーカス関連のイベントなどの閲覧イベントを受け取りません。

disabled 属性は、 <button>, <command>, <fieldset>, <keygen>, <optgroup>, <option>, <select>, <textarea>, <input> が対応しています。

論理属性の disabled は、ユーザーがコントロールやその子孫のコントロールと対話できないことを示します。この属性が指定されていない場合、コントロールは、例えば fieldset のような包含要素からその設定を継承します。 disabled 属性が設定されている包含要素がなく、コントロール自体がこの属性を持っていない場合、コントロールは有効になります。 <optgroup>上で宣言された場合、 select は(特に無効化されていない限り)操作可能になりますが、オプショングループの項目はどれも選択不可能になります。

Note: <fieldset>が 無効になると、 <legend> 内のフォーム制御を除いて、子孫のフォーム制御もすべて無効になります。

対応する要素に disabled 属性が適用されている場合、 :disabled 擬似クラスも適用されます。逆に、 disabled 属性に対応しているが、その属性が設定されていない要素は、 :enabled 擬似クラスに一致します。

この論理属性は、ユーザーがボタンを操作することを防ぎます。この属性が設定されていない場合でも、例えば <fieldset> のような包含要素からボタンを無効にすることができます。 disabled 属性が設定された包含要素が存在しない場合、ボタンは有効になります。

Firefox は他のブラウザーとは異なり、ページを再読み込みしても <button> の動的な無効状態を維持します。この機能を制御するには autocomplete 属性を使用します。

属性の操作

disabledreadonly の違いは、コントロールは読み取り専用 (read-only) になっても機能し、フォーカスを受けることができますが、無効なコントロールはフォーカスを受けることができず、フォームと共に送信されず、一般的には有効になるまでコントロールとして機能しないということです。

無効にされたフィールドはその値を変更することができないので、 requireddisabled 属性も指定されている入力に対しては効果がありません。さらに、要素が変更不可になるので、pattern のような他のほとんどの属性も、コントロールが有効になるまで効果がありません。

Note: disabled 属性が指定されている入力フィールドでは、 required 属性は許可されません。

ユーザビリティ

ブラウザーは無効なフォームコントロールを灰色で表示します。無効なフォームコントロールは不変であり、フォーカスやマウスクリックなどの閲覧イベントを受け取らず、フォームと一緒に送信されないためです。

対応している要素に :disabled 擬似クラスが存在する場合、それに一致するようになります。この属性が含まれていない場合は :enabled 擬似クラスが一致します。要素が disabled 属性に対応していない場合は、この属性は何の効果も持たず、 :disabled および :enabled 擬似クラスにも一致しません。

制約検証

要素が disabled である場合、要素の値はフォーカスを受けることができず、ユーザーによって更新されることもなく、制約検証が行われることもありません。

フォームコントロールが無効になったとき、多くのブラウザーは既定で、より薄いグレーアウトした色で表示します。ここでは、無効になったチェックボックス、ラジオボタン、 <option><optgroup> の例と、祖先の <fieldset> 要素に設定された disabled 属性によって無効にされているいくつかのフォーム制御の例を示します。 <option> は無効になっていますが、 <select> 自体は無効になっていません。 <select> 是t内を無効にするには、子孫ではなく、その要素にこの属性を追加します。

<fieldset>
  <legend>チェックボックス</legend>
  <p><label>
    <input type="checkbox" name="chbox" value="regular"> 通常
  </label></p>
  <p><label>
    <input type="checkbox" name="chbox" value="disabled" disabled> disabled
  </label></p>
</fieldset>

<fieldset>
  <legend>ラジオボタン</legend>
  <p><label>
    <input type="radio" name="radio" value="regular"> 通常
  </label></p>
  <p><label>
    <input type="radio" name="radio" value="disabled" disabled> disabled
  </label></p>
</fieldset>

<p>
 <label>選択してください
  <select>
    <optgroup label="Group 1">
      <option>Option 1.1</option>
    </optgroup>
    <optgroup label="Group 2">
      <option>Option 2.1</option>
      <option disabled>Option 2.2</option>
      <option>Option 2.3</option>
    </optgroup>
    <optgroup label="Group 3" disabled>
      <option>Disabled 3.1</option>
      <option>Disabled 3.2</option>
      <option>Disabled 3.3</option>
    </optgroup>
  </select>
 </label>
</p>

<fieldset disabled>
  <legend>無効なフィールドセット</legend>
  <p>
   <label>名前: <input type="name" name="radio" value="通常"> 通常 </label>
  </p>
  <p>
   <label>数値: <input type="number"></label>
  </p>
</fieldset>

仕様書

Specification
HTML Standard
# attr-fe-disabled
HTML Standard
# attr-optgroup-disabled
HTML Standard
# attr-option-disabled

ブラウザーの互換性

No compatibility data found for html.elements.attributes.disabled.
Check for problems with this page or contribute missing data to mdn/browser-compat-data.

関連情報