mozilla
Your Search Results

    b 要素

     

    概要

    HTML の b 要素 ( <b> ) は、特別な重要性や関連性を伴わないで通常と文体の異なるテキストの範囲を表します。一般的に、要約中のキーワード、レビュー文内での製品名などの部分。または、その他の表記上太字で記述される通例のある箇所などに用います。記事の各段落のリード文をマークする場合にも適しています。

    使用上の注意:

    • b要素(<b>)は<strong><em><mark>ともに混同しないでください。<strong>は、特定の重要なテキストを表す。<em>はいくつかのテキストを強調し、<mark>は関連するテキストを表す。<b>はそのような特別な意味を持ちません、他の要素が持つ意味合いに合わない時のみ使ってください。
    • <b> 要素をタイトルや見出しで使用しないでください。この目的のためには <h1> から <h6> を使用します。さらにスタイルシートでこれらの要素のデフォルトスタイルを変更でき、その結果これらの要素は必ずしも太字で表示されるとは限りません
    • 追加的な意味情報を伝えるため <b>class 属性を使用すること (例えば段落の最初の文に <b class="lede">) は、よい使用法です。これは HTML コードを変更する必要なく、Web ドキュメントのさまざまなスタイリング開発を容易にします。
    • 歴史的に<b>要素はテキスト太字を作るためのものでしたが、スタイリング情報がHTML4以降廃止されましたので<b>要素の意味が変更されました。
    • <b> 要素の仕様にセマンティックな目的がない場合は、値が bold の CSS font-weight プロパティを使用した太字作成がよりよい選択でしょう。

    属性

    他の全ての要素と同様に、この要素はグローバル属性を持ちます。

    <p>
      This article describes several <b>text-level/b> elements. It explains their usage in an <b>HTML</b> document.   
    </p>
    Keywords are displayed with the default style of the <b> element, likely in bold.
    

    表示結果

    This article describes several text-level elements. It explains their usage in an HTML document.

    Keywords are displayed with the default style of the <b> element, likely in bold.

    仕様

    仕様書 策定状況 コメント
    WHATWG HTML Living Standard Living Standard  
    HTML5 勧告候補  
    HTML 4.01 Specification 勧告  

    ブラウザ実装状況

    機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
    基本サポート (有) 1.0 (1.7 or earlier) (有) (有) (有)
    機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
    基本サポート (有) 1.0 (1.0) (有) (有) (有)

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: teiha, ethertank, yyss
    最終更新者: yyss,