<b>: 注目付け要素

HTML の注目付け要素 (<b>) は、要素の内容に読み手の注意を惹きたい場合で、他の特別な重要性が与えられないものに使用します。これは以前は太字要素と呼ばれており、ほとんどのブラウザーでは文字列を太字で描画していました。しかし、 <b> を文字列の装飾に使うべきではありません。太字の文字列を作成するには、 CSS の font-weight プロパティを使用し、特別な重要性を持つテキストを示すには <strong> 要素を使用してください。

コンテンツカテゴリ フローコンテンツ, 記述コンテンツ, 知覚可能コンテンツ
許可されている内容 記述コンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 記述コンテンツを受け入れるすべての要素
暗黙の ARIA ロール 対応するロールなし
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素にはグローバル属性以外の属性はありません。

使用上のメモ

  • <b> は要約に現れるキーワード、レビュー文内での製品名、または、その他の表記上太字で記述される通例のある箇所 (但し、特別な重要性を持たない部分) に使用してください。
  • <b> 要素を <strong>, <em>, <mark> 要素と混同しないでください。 <strong> は特定の重要性を持った文字列を表し、 <em> はテキストを軽く強調し、 <mark> は特定の関連性を持った文字列を表します。 <b> はそのような特別な意味を持ちません。他の要素が持つ意味合いに合わないときのみ使用してください。
  • 同様に、 <b> 要素でタイトルや見出しをマークしないでください。この用途では <h1> から <h6> タグを使用します。さらに、スタイルシートでこれらの要素の既定のスタイルを変更できるので、これらの要素は太字で表示されるとは限りません
  • 必要に応じて追加的な意味情報を伝える目的で <b> 要素に class 属性を使用することはよい使用法です (例えば、段落の最初の文に <b class="lead"> を設定するなど)。これによって、 <b> の様々な使用法が管理しやすくなり、スタイル上の変更が必要になった時、 HTML における使用方法を変更する必要がなくなります。
  • 歴史的に <b> 要素は太字の文字列を作るためのものでしたが、 HTML4 でスタイル情報が非推奨になったので <b> 要素の意味が変更されました。
  • <b> 要素の使用に意味上の目的がない場合は、文字列を太字にするために代わりに CSS の font-weight プロパティの値を "bold" に設定してください。

<p>
  This article describes several <b class="keywords">text-level</b> elements.
  It explains their usage in an <b class="keywords">HTML</b> document.
</p>
Keywords are displayed with the default style of the <b>element, likely in bold.</b>

結果

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<b> の定義
現行の標準
HTML5
<b> の定義
勧告
HTML 4.01 Specification
<b> の定義
勧告

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報