HTML の <base> 要素は、文書内に含まれるすべての相対 URL の基点となる URL を指定します。 <base> 要素は、文書内に1つだけ置くことができます。

文書のベース URL は document.baseURI を使用して、スクリプトから問い合わせることができます。

コンテンツカテゴリー メタデータコンテンツ
許可されている内容 なし。この要素は空要素です。
タグの省略 終了タグを用いてはならない。
許可されている親要素 他の <base> 要素を含んでいない <head>
許可されている ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLBaseElement

属性

この要素にはグローバル属性があります。

href
文書全体を通して相対 URL に使用されるベース URL です。この属性を指定する場合、この要素は属性値に URL を持つ他のどの要素よりも先に記述しなければなりません。絶対 URL と相対 URL が使用できます。
target
名前またはキーワードで、ハイパーリンクやフォームによって移動が発生したときに、表示先が明確に示されていない要素において、結果を表示する既定の表示場所を示します。これは、閲覧コンテキスト(タブ、ウィンドウ、インラインフレーム)を示す名前またはキーワードです。以下のキーワードは特別な意味を持ちます。
  • _self: 同じ閲覧コンテキストに結果を読み込みます。この値は、属性が指定されていない場合の既定値です。
  • _blank: 新しい無名の閲覧コンテキストに結果を読み込みます。
  • _parent: 現在のコンテキストの親の閲覧コンテキストに結果を読み込みます。親がない場合、このオプションは _self と同じ振る舞いをします。
  • _top: 最上位の閲覧コンテキスト(現在のコンテキストの祖先で、それ以上の祖先をもたない閲覧コンテキスト)に結果を読み込みます。親がない場合、このオプションは _self と同じ振る舞いをします。

使用上の注意

複数の <base> 要素が指定された場合、最初の href と最初の target の値が使用され、他はすべて無視されます。

<base href="http://www.example.com/page.html">
<base target="_blank" href="http://www.example.com/page.html">  

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
<base> の定義
現行の標準 最新のスナップショットから変更なし
HTML5
<base> の定義
勧告 target の挙動を定義
HTML 4.01 Specification
<base> の定義
勧告 target 属性を追加

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 あり
補足
完全対応 あり
補足
補足 Before Internet Explorer 7, <base> can be positioned anywhere in the document and the nearest value of <base> is used.
Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり
hrefChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり
targetChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

ヒント

  • ページ内でアンカータグ (例えば <a href="#anchor">anchor</a>) を使用すると、ベース URL を参考にして解決され、ベース URL に対して HTTP リクエストを発行します。

    例:

    ベース URL:
    <base href="http://www.example.com/">

    アンカー:
    <a href="#anchor">Anker</a>

    参照先:
    http://www.example.com/#anchor

OpenGraph

OpenGraph のメタタグはベース URL を認識しないので、次のように常に完全 URL を使用してください。

<meta property='og:image' content='http://example.com/thumbnail.jpg'>

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss, ethertank, Marsf
最終更新者: mfuji09,