<rb>: ルビベース要素

HTML ルビベース (<rb>) 要素は、 <ruby> 表記のベースとなるテキストの部分を区切るために使用されます。つまり、修飾される文字列です。一つの <rb> 要素がベーステキストの不可分な区間を隔てるように囲みます。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 <ruby> 要素の子と同様。
タグの省略 終了タグを省略できるのは、要素に <rt>, <rtc>, <rp> 要素、または他の <rb> 要素が続く場合、または親要素に残りのコンテンツがない場合です。
許可されている親要素 <ruby> 要素。
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素にはグローバル属性のみがあります。

使用上のメモ

  • ルビ表記は、日本語の振り仮名や台湾語の注音符号のように、東アジアの文字の発音を示すためのものです。 <rb> 要素はルビベース文字の区間を区切るために使用されます。
  • <rb> 要素は空要素ではありませんが、ソースコード上ではそれぞれの要素の開始タグだけを含めるのが一般的で、その方がマークアップが複雑ではなく読みやすくなります。ブラウザーは表示する際に完全な要素に補完します。
  • 修飾をしたいそれぞれのベース区間/<rb> 要素ごとに一つずつ <rt> 要素を置く必要があります。

この例では、元の文字に対して "Kanji" が等価であるという注釈を提供します。

<ruby>
  <rb>漢<rb>字
  <rp>(</rp><rt>kan<rt>ji<rp>)</rp>
</ruby>

ルビのベーステキストを二つの部分に区切るために二つの <rb> 要素を含めています。一方で、注釈も二つの <rt> 要素で区切っています。

なお、この例を完全に分割して注釈された二つのベーステキストの部分で書くこともできます。この場合は <rb> 要素を含める必要はありません。

<ruby>
  漢 <rp>(</rp><rt>Kan</rt><rp>)</rp>
  字 <rp>(</rp><rt>ji</rt><rp>)</rp>
</ruby>

出力は以下のようになります。

上記の HTML はルビに対応していないブラウザーでは次のように表示されます。

メモ: それ以外の例は、 <ruby> 要素についての記事を参照してください。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<rb> の定義
現行の標準  
HTML5
<rb> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応5 なし385155
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり なし3815 あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,