<noembed>: 埋め込みフォールバック要素(廃止)

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

廃止: この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

<noembed> 要素は廃止された、標準外の方法であり、 <embed> 要素に対応していないブラウザーや、ユーザーが仕様とした種類の埋め込みコンテンツに対応していないブラウザーで代替または「フォールバック」コンテンツを提供するものです。これは HTML 4.01 で非推奨となり、フォールバックコンテンツは <object> 要素の開始タグと終了タグの間に配置されるようになりました。

現在のところ、この要素はまだ多くのブラウザーで動作しますが、廃止されており、使用するべきではありません。代わりに <object> 要素の開始タグと終了タグの間にフォールバックコンテンツを入れて使用して下さい。

<noembed> 要素内のメッセージは、ブラウザーが <embed> 要素に対応していない場合にのみ表示されます。

代替コンテンツの表示

<embed type="vide/webm" src="/media/examples/flower.mp4" width="200" height="200">
  <noembed>
    <h1>代替コンテンツ</h1>
  </noembed>
</embed>

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser