HTML の <code> 要素は、コンピューターコードの短い断片の文字列であると識別できるような外見のコンテンツを表示します。既定では、中の文字列がユーザーエージェントの既定の等幅フォントを使用して表示されます。

コンテンツカテゴリ フローコンテンツ, 記述コンテンツ, 知覚可能コンテンツ
許可されている内容 記述コンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 記述コンテンツを受け入れるすべての要素
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement。Gecko 1.9.2 (Firefox 4) 以前では、この要素には HTMLSpanElement インターフェイスが実装されています。

属性

この要素はグローバル属性のみを持ちます。

code を含むテキストの段落です。

<p>The function <code>selectAll()</code> highlights all the text in the
input field so the user can, for example, copy or delete the text.</p>

この HTML によって生成される出力は以下のようになります。

メモ

code セレクターに CSS の規則を定義することで、ブラウザーの既定のフォントを上書きすることができます。ユーザーの設定は指定された CSS より優先します。

CSS の規則によって、 code セレクターを定義して、ブラウザーの既定のフォントを上書きすることができます。ユーザーによる設定を CSS による指定より優先させることもできます。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<code> の定義
現行の標準  
HTML5
<code> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<code> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応1 あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yuheiy, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,