font 要素

廃止

概要

Font 要素<font>)はその内包するテキストの、フォントサイズ、文字色、使用フォントを定義します。

使用上の注意:

この要素は使用しないで下さい! この要素は HTML 3.2 で一度仕様に取り込まれましたが、HTML 4.01 で他の非セマンティクス要素(※装飾用途のみの要素)とともに非推奨要素に指定され、HTML5 で廃止されています。

CSS の各プロパティを用いて、より細やかな指定が可能です: fontfont-familyfont-sizefont-size-adjustfont-stretchfont-stylefont-variantfont-weight@font-face

属性

この要素は全要素で共通の グローバル属性と、以下の属性を持っています。

color
色名または #RRGGBB 形式のカラーコードでテキストの色を指定します。
face
フォント名を 1 つ、またはカンマで区切って複数指定します。複数記述した場合は、表示可能なフォントの内で最初のものが優先されます。指定したフォントが全てローカルのシステム内にインストールされていない場合は、システムで設定されている等幅フォントかプロポーショナルフォントが適用されます。
size
フォントサイズとして、数値または相対値キーワードを指定します。 数値の場合の範囲は 1 から 7 で、1 が最小、3 が初期値となります。 「+2」、「-3」の様に、<basefont> 要素の size 属性の値、もしくは初期値である 3 を基準とする相対値で記述する事も可能です。

DOM インターフェース

この要素は HTMLFontElement インターフェースを提供します。

ブラウザ実装状況

Gecko の実装

Gecko 15.0 (Firefox 15.0 / Thunderbird 15.0 / SeaMonkey 2.12) 以前では size 属性に範囲外の値が指定された場合、これを解釈する事が出来ませんでした。現在のバージョンでは仕様通りに、-10 か +10 に丸めて計算されます。

<font> 要素の font-weight 属性及び point-size 属性は Gecko 15.0 でサポート終了となりました。これらは非標準の属性で、Gecko はこれらをサポートする唯一のエンジンでした。

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, yyss
最終更新者: yyss,