mozilla
Your Search Results

    option 要素

    概要

    Web フォームにおいて HTML <option> 要素は、<select> 要素、<optgroup> 要素、HTML5 の <datalist> 要素内で項目を表すコントロールを生成します。

    • コンテンツカテゴリ なし
    • 許可された内容 エスケープされた文字 (例えば &eacute;) を含むテキスト
    • タグの省略 開始タグは必須。直後に別の <option> 要素または <optgroup> 要素がある場合、または親要素が他に内容を持たない場合は終了タグを省略可能。
    • 許可された親要素 <select> 要素、<optgroup> 要素、<datalist> 要素。
    • DOM インターフェイス HTMLOptionElement

    属性

    この要素は グローバル属性を持ちます。

    disabled
    この論理属性を設定すると、選択肢が選択不能になります。多くのブラウザはそのようなコントロールをグレーアウトで表示し、マウスクリックやフォーカスなど、いかなるイベントも受け付けなくなります。この属性を設定していなくても、祖先が disable 状態の <optgroup> 要素である場合は無効化されます。
    label
    この属性は、選択肢の意味を示すラベルテキストです。label 属性を定義していない場合は、要素のテキストコンテンツが要素の値になります。
    使用上の注意: label 属性は、主に階層的なメニューで使用される短いラベルを持つように設計されています。value 属性は、例えばラジオボタンの近くで使用される長いラベルを記述します。
    selected
    この論理属性を設定すると、その選択肢が初期状態で選択されます。<option> 要素が multiple を設定していない <select> 要素の子孫である場合、<select> 要素内で 1 個の <option> だけが selected 属性を持てます。
    value
    この属性のテキストコンテンツは、選択肢について説明するラベルを表します。この属性を定義しない場合は、要素のテキストコンテンツがデフォルト値になります。
    使用上の注意: label 属性は、主に階層的なメニューで使用される短いラベルを持つように設計されています。value 属性は、例えばラジオボタンの近くで使用される長いラベルを記述します。

    <select> 要素の例をご覧ください。

    仕様

    仕様書 策定状況 コメント
    WHATWG HTML Living Standard Living Standard  
    HTML5 勧告候補  
    HTML 4.01 Specification 勧告  

    ブラウザ実装状況

    機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
    基本サポート 1.0 1.0 (1.0) [1] (有) (有) (有)
    機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
    基本サポート (有) 1.0 (1.0) [1] (有) (有) (有)

    Gecko に関する注記

    [1] Gecko 7.0 (Firefox 7.0 / Thunderbird 7.0 / SeaMonkey 2.4) まで、label 属性が未定義である場合に誤って要素のテキストコンテンツではなく、空文字列を返していました。

    関連情報

    ドキュメントのタグと貢献者

    Contributors to this page: yyss
    最終更新者: yyss,