HTML の <article> 要素は文書、ページ、アプリケーション、サイトなどの中で自己完結しており、(集合したものの中で)個別に配信や再利用を行うことを意図した構成物を表します。例えば、フォーラムの投稿、雑誌や新聞の記事、ブログの記事などが含まれます。

コンテンツカテゴリー フローコンテンツ, 区分コンテンツ, 知覚可能コンテンツ
許可されている内容 フローコンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 フローコンテンツを受け入れるすべての要素。なお、 <article> 要素を <address> 要素の子孫にしてはいけません。
許可されている ARIA ロール application, document, feed, main, presentation, region
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素にはグローバル属性のみがあります。

使用上の注意

  • それぞれの <article> は、子要素として見出し(<h1>-<h6> 要素)を含むなどの方法で識別できるようにするべきです。
  • <article> 要素を入れ子にした場合、内側の要素は外側の要素に関する記事を表します。例えばブログ投稿へのコメントは、ブログ投稿を表す <article> 内へ入れ子にした <article> 要素にできます。
  • <article> 要素の著者情報は <address> 要素で提供できますが、入れ子にされた <article> 要素には適用されません。
  • <article> 要素の発行日時は、 <time> 要素の datetime 属性で示すことができます。なお、 <time> 要素の pubdate 属性は W3C HTML 5 標準から外されました。

<article class="film_review">
  <header>
    <h2>Jurassic Park</h2>
  </header>
  <section class="main_review">
    <p>Dinos were great!</p>
  </section>
  <section class="user_reviews">
    <article class="user_review">
      <p>Way too scary for me.</p>
      <footer>
        <p>
          Posted on
          <time datetime="2015-05-16 19:00">May 16</time>
          by Lisa.
        </p>
      </footer>
    </article>
    <article class="user_review">
      <p>I agree, dinos are my favorite.</p>
      <footer>
        <p>
          Posted on
          <time datetime="2015-05-17 19:00">May 17</time>
          by Tom.
        </p>
      </footer>
    </article>
  </section>
  <footer>
    <p>
      Posted on
      <time datetime="2015-05-15 19:00">May 15</time>
      by Staff.
    </p>
  </footer>
</article>

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
<article> の定義
現行の標準  
HTML 5.1
<article> の定義
勧告  
HTML5
<article> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応5 あり4911.14.1
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4114.2 あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: mfuji09, yyss, .Hiroya, ethertank, shirayuki
 最終更新者: mfuji09,