td 要素

概要

テーブルセル HTML 要素 (<td>) は、テーブルでデータを包含するセルを定義します。これはテーブルモデルに関与します。

使用可能な場所

コンテンツカテゴリ なし
許可された内容 フローコンテンツ
タグの省略 開始タグは必須。
直後に <th> 要素または <td> 要素がある場合、または親要素内で以降のデータがない場合は終了タグを省略可能。
許可された親要素 <tr> 要素
標準文書 HTML5, section 4.9.9 (HTML4.01, section 11.2.6)

属性

この要素はグローバル属性を持ちます。

abbr 廃止 HTML5
この属性は、セルの内容の簡潔な説明を持ちます。読み上げソフトなど一部のユーザエージェントは、内容自体の前にこの説明を提供することがあります。
注記: この属性は最新の標準仕様で廃止されているため、使用しないようにしてください。代わりに、セルの内容を独立した短縮コンテンツそのもので始めることを検討するか、セルの内容として短縮コンテンツを使用して長いコンテンツはセルの説明として title 属性に追加してください。
align HTML 4.01 において HTML5 において
この列挙属性は各セルの内容物について、水平方向の配置方法を制御します。以下の値を指定可能です。
  • left : 内容物をセルの左側に揃えます。
  • center : 内容物をセル内で中央揃えにします。
  • right : 内容物をセルの右側に揃えます。
  • justify: 内容物がセル内で両端揃えになるように、テキストコンテンツに空白を挿入します。
  • char : テキストコンテンツを特定の文字に対して、最小のオフセットで揃えます。特定の文字は char 属性および charoff 属性で定義します。未実装 (参照 バグ 2212)

この属性が設定されていない場合は、left 値であるものとします。

注記: この属性は最新の標準仕様で廃止された (サポートされていない) ため、使用しないでください。
  • leftcenterrightjustify と同じ効果を得るには、td 要素で CSS の text-align プロパティを使用します。
  • char と同じ効果を得るには、CSS3 では text-align プロパティの値として char の値を使用します。未実装
axis HTML5 において
この属性は、空白文字で区切られた文字列のリストを持ちます。各文字列は、このヘッダを適用するセルグループの ID です。
注記: この属性は最新の標準仕様で廃止されたため、使用しないようにしてください。代わりに scope 属性を使用してください。
bgcolor
この属性は、列の各セルの背景色を定義します。値は sRGB で定義された 6 桁の 16 進数値のいずれかで、先頭に '#' を付加します。16 個のあらかじめ定義された色文字列から、1 つを使用することができます。
  black = "#000000"   green = "#008000"
  silver = "#C0C0C0"   lime = "#00FF00"
  gray = "#808080"   olive = "#808000"
  white = "#FFFFFF"   yellow = "#FFFF00"
  maroon = "#800000"   navy = "#000080"
  red = "#FF0000"   blue = "#0000FF"
  purple = "#800080"   teal = "#008080"
  fuchsia = "#FF00FF"   aqua = "#00FFFF"
使用上の注意: この属性は非標準であり Internet Explorer の一部バージョンしか実装していませんので、使用しないようにしてください: <td> 要素は CSS でスタイルをつけてください。bgcolor 属性と同様の効果を与えるには、代わりに CSSbackground-color プロパティを使用します。
char HTML 4.01 において HTML5 において
この属性は、列内のセルで揃える文字を設定します。典型的な値に、数値や金額を揃えようとするときのピリオド (.) があります。align 属性が char ではない場合は、この属性を無視します。
注記: この属性は最新の標準仕様で廃止された (サポートされていない) ため、使用しないでください。
  • char と同じ効果を得るには、CSS3 では text-align プロパティの値として char の値を使用します。未実装
charoff HTML 4.01 において HTML5 において
この属性は、char 属性で指定した揃え文字から列のデータをオフセットする文字数を示します。
注記: この属性は最新の標準仕様で廃止された (サポートされていない) ため、使用しないでください。
colspan
この属性はセルをいくつの列に広げるかを示す、負でない整数を持ちます。デフォルト値は 1 です。0 を設定した場合は、セルが属する <colgroup> (暗黙的に定義されるものであっても) の終端まで拡張します。1000 を超える値は正しくないとみなされ、デフォルト値 (1) が設定されるでしょう。
注記: HTML5 でこの属性は、セルを重ねるために使用してはならないため 0 より大きな値のみ受け入れます。また、Firefox は HTML 4.01 使用で定義されている値 0 をサポートする唯一のブラウザです。
headers
この属性は、空白文字で区切られた文字列のリストを持ちます。各々の文字列は、この要素に当てはめる <th> 要素の id 属性と対応します。
rowspan
この属性はセルをいくつの行に広げるかを示す、負でない整数を持ちます。デフォルト値は 1 です。0 を設定した場合は、セルが属するテーブルセクション (<thead>, <tbody>, <tfoot>) の終端 (暗黙的に定義されるものであっても) まで拡張します。65534 より大きな値は、65534 に切り詰めます。
scope HTML5 において
 
valign HTML 4.01 において HTML5 において
この属性は、テーブル本体の各行のセルにおける垂直方向のテキスト配置方法を指定します。以下の値が指定可能です:
  • baseline : テキストを可能な限りセルの下端に近づけますが、下端ではなく文字のベースラインに揃えます。文字がセル全体と同じサイズである場合は、bottom と同じ効果になります。
  • bottom : テキストを可能な限りセルの下端に近づけて配置します。
  • middle : テキストをセルの中央部に置きます。
  • and top : テキストを可能な限りセルの上端に近づけて配置します。
注記: この属性は最新の標準仕様で廃止された (サポートされていない) ため、使用しないでください。代わりに CSS の vertical-align プロパティを使用してください。
width HTML 4.01 において
この属性は、セルの推奨する幅を定義します。cellspacing および cellpadding がスペースを追加し、また <col> の幅も影響を与えます。通常、列の幅が特定のセルを正常に表示できないほど狭く、またそのようなセルが存在する場合は、表示する際に幅を広げるでしょう。
注記: 最新の標準仕様に従う場合は、この属性を使用しないでください。代わりに CSS の width プロパティを使用してください。

DOM インターフェイス

この要素は HTMLTableDataCellElement インターフェイスを提供します。

<td> 要素の使用例については、<table> 要素のページを参照してください。

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 1.0 1.0 (1.7 or earlier) (有) (有) (有)
align/valign 属性 1.0 未サポート[1] (有) (有) (有)
char/charoff 属性 1.0 未サポート[2] (有) (有) (有)
bgcolor 属性 未サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート
colspan 属性の値 0 (colgroup の終端まで拡張) 未サポート (有) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート (有) 1.0 (1.0) (有) (有) (有)
align/valign 属性 ? 未サポート[1] ? ? ?
char/charoff 属性 ? 未サポート[2] ? ? ?
bgcolor 属性 未サポート 未サポート (有) 未サポート 未サポート

[1] 現在、Gecko では未実装です。バグ 915 をご覧ください。

[2] 現在、Gecko では未実装です。バグ 2212 をご覧ください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,