strike 要素

by 2 contributors:

廃止

概要

HTML の打消し線要素<strike>)は、その範囲のテキストを打消し線付きで描画します。

使用上の注意: 視覚上の整形のみを目的とした <strike> 要素は、HTML 4 及び XHTML 1 で非推奨となり、HTML5 では完全に廃止されています。「削除されたテキスト」というセマンティクスを示すには <del> 要素が適しています。単に視覚的な整形のみを目的とする場合や、削除の意味を伴わない場合、該当するセマンティクスを持つ要素が存在するならばその要素、無ければ <span> 要素を用い、CSStext-decoration プロパティの値に line-through を指定して同様のスタイルを実現するようにしましょう。

属性

この要素は他の全ての要素が持つグローバル属性属性を持ち、それ以外の属性は持っていません。

DOM インターフェース

この要素には HTMLElement インターフェースが実装されています。

実装メモ: Gecko 1.9.2 以下、即ち Firefox は、この要素に対し HTMLSpanElement インターフェースを実装しています。

<strike>本日のおすすめネタ: サーモン</strike> <ins>ネタ切れ</ins><br />

<span style="text-decoration:line-through;">本日のおすすめネタ: サーモン</span> <ins>ネタ切れ</ins>

表示結果

本日のおすすめネタ: サーモン ネタ切れ
本日のおすすめネタ: サーモン ネタ切れ

関連情報

  • <strike> 要素と似た役割を持った <s> 要素
  • 削除した内容で有る事を表す <del> 要素
  • 打消し線のスタイルを実現する為に用いる事が出来る CSS の text-decoration プロパティ

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: yyss, ethertank
最終更新者: yyss,