is グローバル属性は、標準の HTML 要素が定義されたカスタム内蔵要素のように振舞うよう指定することができます(詳しくは カスタム要素の使用 を参照してください)。

この属性は、指定されたカスタム要素名が現在の文書で正常に定義され、適用されている要素型が拡張されている場合にのみ使用します。

次のコードは、 word-count-web-component の例から取得されたものです(ライブで参照)。

// 要素のクラスを作成
class WordCount extends HTMLParagraphElement {
  constructor() {
    // コンストラクターで常に最初にスーパークラスを呼び出す
    super();

    // Constructor contents ommitted for brevity
    ...

  }
}

// 新しい要素を定義
customElements.define('word-count', WordCount, { extends: 'p' });
<p is="word-count"></p>

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
is の定義
現行の標準  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応66 なし

591

あり — 592

なし53 なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応6666 なし

591

あり — 592

53 なし なし

1. From version 59: this feature is behind the dom.webcomponents.customelements.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.

2. Until version 59 (exclusive): this feature is behind the dom.webcomponents.enabled preference (needs to be set to true) and the dom.webcomponents.customelements.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,