u 要素

概要

u 要素<u>)は、内包するテキストのベースラインの下部にアンダーライン(下線)をレンダリングします。

HTML5 では、「明確にレンダリングされているがはっきりと伝わらない部分」や、「全てが漢字で構成されスペースで単語を区切る慣習も無い中国語に於いての、固有名詞である事の明示の為の特別な表記」、「スペルミスとしての印付け」などに用いられます。

使用上の注意: 視覚上の整形の目的のみを持ち、特別なセマンティクスを持っていなかった <u> 要素は、HTML 4 及び XHTML 1 で非推奨要素に指定されましたが、新たに定義されたセマンティクスを伴い HTML5 で復帰しています。単にアンダーラインの表示を目的とする場合は、<span> 要素を用い、CSStext-decoration プロパティの値に underline を指定してこれを実現するべきです。

属性

この要素は、全ての要素が持つグローバル属性以外の属性を持ちません。

注意事項

Tip: ハイパーリンクと混同する可能性がある状況では、<u> 要素の使用を避けてください。

注記: HTML 5 仕様書では開発者に対して、ほとんどの場合において <u> 要素より他の要素の方が適切であると注意しています。

DOM インターフェース

この要素は HTMLElement インターフェースを実装しています。

実装メモ: Gecko 1.9.2 までは、この要素に対し HTMLSpanElement インターフェースを実装しています。

例 1

<u>今日のスペシャルメニュー</u>: サーモンのホイル焼き<br />
<span style="text-decoration:underline;">今日のスペシャルメニュー</span>: サーモンのホイル焼き

今日のスペシャルメニュー: サーモンのホイル焼き

今日のスペシャルメニュー: サーモンのホイル焼き

例 2

次の例は誤りです。

<p><u>全て</u>は <u>Dive into Python</u> の中で説明されています。</p>

全てDive into Python の中で説明されています。

こういった文書であれば、次の様にするのが適切です。

<p><em>全て</em>は <cite>Dive into Python</cite> の中で説明されています。</p>

全てDive into Python の中で説明されています。

意味の合った要素を使用するようにし、デフォルトの見た目で要素を選択しないで下さい。視覚上の整形には CSS を用いるのが正しい選択です。

参照

  • 場合によっては代替となりうる要素: <span><i><em><cite>
  • <u> 要素のデフォルトスタイルに使用されている CSS の text-decoration プロパティ

ドキュメントのタグと貢献者

最終更新者: yyss,