HTML <nav> 要素は、現在の文書内の他の部分や他の文書へのナビゲーションリンクを提供するためのセクションを表します。ナビゲーションセクションの一般的な例としてメニュー、目次、索引があります。

コンテンツカテゴリー フローコンテンツセクショニングコンテンツ、パルパブルコンテンツ
許可された内容 フローコンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可された親要素 フローコンテンツ を受け入れるすべての要素
許可された ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素には、すべての要素で使用可能な グローバル属性 以外に指定可能な属性はありません。

使用上の注意

  • <nav> 要素は主要なナビゲーションにのみ用います。ページ上のすべてのリンク集合に使用するのは誤りです。ページの <footer> 要素によくリンクのリストが設置されますが、同じページ上の他部位に主要なナビゲーションが存在する場合はそちらを <nav> 要素でマークアップし、フッター側にはこれを用いるべきではありません。仮にページ上に主要なナビゲーションが存在しなかったとしても、フッター部分に配置したリンク集合が主要なナビゲーションとは言い難い場合 (※例えばトップページや主要ページなどへのリンク集合でなく、著作権情報、使用条件、免責事項などで構成されたものである場合) は、やはり <nav> でのマークアップは適切ではありません。そのような用途には <footer> 要素が適切です。
  • <nav> 要素はページ上に 1 つしか設置してならないというわけではありません。文書にグローバルナビゲーション (※サイトの主要なページへのリンク集合の通称) とローカルナビゲーション (※そのページ上の各セクションへのリンク集合の通称) があれば、これらはいずれも主要なナビゲーションといえます。その場合、その両方を <nav> でマークアップするのは適切といえます。
  • スクリーンリーダーのようなユーザーエージェントはこの要素を、その内容の初期表示を省略するかを判断する用途で使用することがあります。

この例では、リンクの順不同リスト (<ul>) を包含するために <nav> ブロックを使用します。適切な CSS によってサイドバー、ナビゲーションバー、あるいはドロップダウンメニューにすることができます。

<nav class="menu">
  <ul>
    <li><a href="#">Home</a></li>
    <li><a href="#">About</a></li>
    <li><a href="#">Contact</a></li>
  </ul>
</nav> 

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
<nav> の定義
現行の標準 最新の W3C スナップショットから変更なし
HTML5
<nav> の定義
勧告 最初の定義

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本サポート5 有り4911.14.1
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidIE mobileOpera AndroidiOS Safari
基本サポート 有り 有り 有り49114.2

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss, ethertank
 最終更新者: yyss,