translate

translate グローバル属性 は列挙型属性で、要素の翻訳可能な属性の値や Text 子ノードを、ページをローカライズする際に翻訳するべきか、あるいは変更せずにおくかを指定します。以下の値を使用することができます。

  • 空文字列または "yes": ページをローカライズする際に翻訳すべきであることを示します。
  • "no": 要素を翻訳してはならないことを示します。

すべてのブラウザーがこの属性を認識しているわけではありませんが、 Google 翻訳のような自動翻訳システムがこれを尊重しており、人間の翻訳者によって使用されるツールによっても尊重される可能性があります。そのため、ウェブ制作者がこの属性を使用して、翻訳されるべきではないコンテンツをマークすることが重要です。

この例では translate 属性を使用して、翻訳ツールにフッターの企業ブランド名を翻訳しないように依頼しています。

<footer>
  <small>© 2020 <span translate="no">BrandName</span></small>
</footer>

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
translate の定義
現行の標準 最新のスナップショットである HTML 5.1 から変更なし。
HTML 5.1
translate の定義
勧告 HTML Living Standard のスナップショット、初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報