HTML の <html> 要素は HTML 文書においてルート (基点) となる要素 (トップレベル要素) であり、ルート要素とも呼ばれます。他のすべての要素は、この要素の子孫として配置しなければなりません。

コンテンツカテゴリー なし
許可されている内容 ひとつの <head> 要素と、それに続くひとつの <body> 要素。
タグの省略 <html> 要素内の最初のノードがコメントでない場合、開始タグを省略可能です。
<html> 要素の直後にコメントがなく、子となる <body> 要素が空でないか開始タグを持つ場合は、終了タグが省略可能となります。
許可されている親要素 文書のルート要素として使用します。あるいは複合文書で、サブ文書のフラグメントをどこにでも置くことができます。
許可されている ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLHtmlElement

属性

この要素はグローバル属性を持ちます。

manifest
ローカルにキャッシュされるべきリソースを示すリソースマニフェストの URI を指定します。詳細については『アプリケーションキャッシュの使用』を参照してください。
version
現在の文書を管理する HTML 文書型定義のバージョンを指定します。文書型宣言のバージョン情報と重複しているため、この属性は必須ではありません。
xmlns
文書の XML 名前空間を指定します。既定値は "http://www.w3.org/1999/xhtml" です。これは XML パーサーで解釈される文書では必須、 text/html の文書では任意です。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>...</head>
  <body>...</body>
</html>

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
<html> の定義
現行の標準  
HTML5
<html> の定義
勧告 manifest 属性を追加 (後に非推奨)
version 属性を廃止
HTML 4.01 Specification
<html> の定義
勧告 version 属性を非推奨に変更

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
manifest あり あり3 あり あり あり
version あり あり あり あり あり あり
xmlns あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり
manifest あり あり あり4 あり あり あり
version あり あり あり あり あり あり あり
xmlns あり あり あり あり あり あり あり

関連情報

  • MathML トップレベル要素: <math>
  • SVG トップレベル要素: <svg>

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: mfuji09, yyss, ethertank
 最終更新者: mfuji09,