<html>: HTML 文書 / ルート要素

HTML の <html> 要素は HTML 文書においてルート (基点) となる要素 (トップレベル要素) であり、ルート要素とも呼ばれます。他のすべての要素は、この要素の子孫として配置しなければなりません。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 ひとつの <head> 要素と、それに続くひとつの <body> 要素。
タグの省略 開始タグは、 <html> 要素内の最初のノードがコメントでない場合は省略可能です。
終了タグは、 <html> 要素の直後にコメントがない場合は省略可能です。
許可されている親要素 なし。これは文書のルート要素です。
許可されている ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLHtmlElement

属性

この要素はグローバル属性を持っています。

manifest これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
ローカルにキャッシュされるべきリソースを示すリソースマニフェストの URI を指定します。詳細については『アプリケーションキャッシュの使用』を参照してください。
version これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
現在の文書を管理する HTML 文書型定義のバージョンを指定します。文書型宣言のバージョン情報と重複しているため、この属性は必須ではありません。
xmlns
文書の XML 名前空間を指定します。既定値は "http://www.w3.org/1999/xhtml" です。これは XML パーサーで解釈される文書では必須、 text/html の文書では任意です。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
  <head>...</head>
  <body>...</body>
</html>

アクセシビリティの考慮事項

<html> 要素に対して lang 属性に有効な IETF の識別用言語タグを設定することで、読み上げ技術が正しい言語をアナウンスする助けになります。識別用言語タグはページのコンテンツの大部分で使用されている言語を記述するべきです。これがないと、読み上げソフトはふつう、既定でオペレーティングシステムの設定言語を使用しますので、間違って発音する可能性があります。

html 要素に妥当な lang を設定することは、ページの <head> に含まれる <title> などの重要なメタデータについても、正しくアナウンスすることができます。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<html> の定義
現行の標準
HTML5
<html> の定義
勧告 manifest 属性を追加 (後に非推奨)
version 属性を廃止
HTML 4.01 Specification
<html> の定義
勧告 version 属性を非推奨に変更

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報

  • MathML トップレベル要素: <math>
  • SVG トップレベル要素: <svg>