HTML の <small> 要素は、テキストのフォントサイズをブラウザーの最小フォントサイズを限度として、一段階縮小します(例えば large から medium へ、 small から x-small へ)。 HTML5 において、表示上のスタイルとは関係なく、この要素は著作権表示や法的表記のような、注釈や小さく表示される文を表すために再提案されました。

コンテンツカテゴリー フローコンテンツ, 記述コンテンツ
許可されている内容 記述コンテンツ
タグの省略 不可。開始タグと終了タグの両方が必要です。
許可されている親要素 記述コンテンツを受け入れるすべての要素、またはフローコンテンツを受け入れるすべての要素。
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素にはグローバル属性のみがあります。

実装メモ: Gecko 1.9.2 までのバージョンでは、 Firefox ではこの要素に HTMLSpanElement インターフェイスを実装していました。

例 1

<p>これは最初の文です。<small>この文は小さい文字で表記されています。
  </small></p>

結果

これは最初の文です。この文は小さい文字で表記されています。

例 2 (CSS による代替)

<p>これは最初の文です。
  <span style="font-size:0.8em">この文は小さい文字で表記されています。
  </span></p>

結果

これは最初の文です。この文は小さい文字で表記されています。

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
<small> の定義
現行の標準  
HTML5
<small> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<small> の定義
勧告  

メモ

<b> 要素や <i> 要素と同様に <small> 要素は構造と表現の分離の原則に反しますが、これら3つの要素は HTML5 で有効です。作者は <small> を使用するか CSS を使用するかを決める際に最良の判断を行うよう求められます。

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yuheiy, ncaq, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,