HTML の引用元要素 (<cite>) は、引用された創作物の参照を表し、作品のタイトルまたは URL を含む必要があります。参照は、引用メタデータに関する利用場面に合わせた慣習に応じて省略形が用いられることがあります。

コンテンツカテゴリー フローコンテンツ記述コンテンツ、知覚可能コンテンツ
許可された内容 記述コンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可された親要素 記述コンテンツを受け入れるすべての要素
許可された ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement。Gecko 1.9.2 (Firefox 4) 以前では、この要素には HTMLSpanElement インターフェイスが実装されています。

属性

この要素はグローバル属性のみを持ちます。

使用上の注意

<cite> 要素の文脈では、例えば以下のような創作物のうちの一つを引用することができます。

  • 書籍
  • 研究論文
  • エッセイ
  • 楽譜
  • 演劇や映画の台本
  • 映画
  • テレビ番組
  • ゲーム
  • 彫刻
  • 絵画
  • 舞台作品
  • 演劇
  • オペラ
  • ミュージカル
  • 展示
  • 事件報告書
  • コンピュータープログラム
  • ウェブサイト
  • ウェブページ
  • ブログ投稿やコメント
  • フォーラム投稿やコメント
  • ツイート
  • Facebook 投稿
  • 記述された、または口頭の声明
  • その他

注目すべきこととして、 W3C の仕様書では、 <cite> 要素に含められる創作物の参照には、作者名を含めてよいとしています。しかし、 WHATWG における <cite> の仕様では逆に、どのような場合でも人名を含めてはならないとしています。

<blockquote> 要素や <q> 要素によって引用された素材の情報源の出典を記述するには、これらの要素の cite 属性を使用してください。

通常、ブラウザーは既定で <cite> に斜体を適用します。これを防ぐには、要素で既定のイタリックスタイルが使用されるのを避けるには、 <cite> 要素に font-style プロパティを適用してください。

より詳しい情報については <cite>[ISO-0000]</cite> に記載されています。

以下のように出力されます。

より詳しい情報については [ISO-0000] に記載されています。

仕様策定状況

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
<cite> の定義
現行の標準  
HTML5
<cite> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<cite> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

  • <blockquote> 要素は長い引用に使用します。
  • <q> 要素は行内の引用に使用します。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yuheiy, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,