<xmp>

非推奨: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

概要

<xmp>HTML の要素で、その開始タグから終了タグまでの間のタグを HTML として解釈せず、等幅フォントでレンダリングします。 HTML2 仕様書では、これを 1 行当たり 80 文字を表示するのに充分な幅でレンダリングするよう推奨しています。

Note: この要素は使用しないでください。

  • HTML3.2 から非推奨要素となっており、また一貫した実装も存在しません。そして HTML5 の言語からは完全に削除されています。
  • 代わりに <pre> 要素か、意味的に適切であれば <code> 要素を使用してください。なお、マークアップとして解釈されないようにするには、 '<' の文字を '&lt;' としてエスケープする必要があります。
  • あらゆる要素で等幅フォントを使用することができます。 CSS のスタイルで monospacefont-family プロパティの一般的なフォントの値として使用してください。

属性

この要素は、すべての要素が持つグローバル属性以外の属性を持ちません。

DOM インターフェイス

この要素は HTMLElement インターフェイスを実装しています。

仕様書

Specification
HTML Standard
# xmp

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報