xmp 要素

廃止

概要

xmp (Example) 要素( <xmp> )は、その開始タグから終了タグまでの間の HTML タグを HTML として解釈せず、等幅フォントでレンダリングします。HTML2 はこれが一行当たり 80 文字を表示するのに充分な幅でレンダリングするよう推奨しています。

注意:この要素は使用しないで下さい
  • HTML3.2 から非推奨要素となっており、また一貫した実装も存在しません。そして HTML5 仕様からは完全に削除されています。
  • 改行コードの反映など、同等のレンダリングの為には <pre> 要素、「コードの表示」というセマンティクスを表す意図であれば <code> 要素で実現可能です。それらを使用する場合、HTML タグとして解釈されないように 「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」という風にエスケープして記述する必要があります。
  • 等幅フォントでの表示は CSSfont-family プロパティを使用し、値として monospace を指定する事で実現可能です。

属性

この要素は、全ての要素が持つグローバル属性以外の属性を持ちません。

DOM インターフェース

この要素は HTMLElement インターフェースを実装しています。

実装メモ: Gecko 1.9.2 まで(Firefox)はこの要素に対し HTMLSpanElement を実装しています。

関連情報

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, yyss
最終更新者: yyss,