<plaintext>: プレーンテキスト (非推奨)

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

概要

Plaintext 要素 (<plaintext>) は、開始タグ以降を HTML としてではなくプレーンテキストとして解してレンダリングさせます。開始タグ以降は全てプレーンテキスト扱いになるので、終了タグはありません。

注意: この要素は使用しないで下さい。
  • HTML 2 より非推奨要素となっており、全てのブラウザを通して一貫した実装は存在しません。さらに、 HTML 5 では廃止されています。この属性を受け付けるブラウザーは単に <pre> 要素と同様に扱い、内部の HTML も解釈して表示する可能性があり、おそらく思った通りにはならないでしょう。
  • <plaintext> 要素が(非表示の要素を除いて)ページの最初の要素である場合、 HTML は使用しないでください。サーバーを設定して、そのページを text/plainMIME タイプで送信するようにしてください。
  • この要素を使用する代わりに、 <pre> 要素か、意味的に適切であれば(インライン文字列向け) <code> 要素を使用してください。その際、コンテンツの中身がうっかり HTML として解釈されないように、 "<", ">", "&" の各文字をエスケープするのを忘れないでください。
  • 単なる <div> 要素であっても、CSSfont-family の値として monospace を指定する事で等幅フォントで表示することできます。

属性

この要素は、全ての要素が持つグローバル属性以外の属性を持ちません。

DOM インタフェース

この要素は HTMLElement インタフェースを提供します。

実装メモ: Gecko 1.9.2 までは、この要素に HTMLSpanElement インタフェースを実装しています。

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 なし なし なし1 なし なし なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 なし なし なし なし1 なし なし なし

1. Before Firefox 4, this element implemented the HTMLSpanElement interface instead of the standard HTMLElement interface.

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,