<plaintext>: プレーンテキスト要素 (非推奨)

廃止
この機能は廃止されました。まだいくつかのブラウザーで動作するかもしれませんが、いつ削除されてもおかしくないので、使わないようにしましょう。

プレーンテキスト要素 (<plaintext>) は、開始タグ以降のすべてを生のテキストとして表示し、それ以降の HTML を無視します。開始タグ以降は全て生のテキスト扱いになるので、終了タグはありません。

メモ: この要素は使用しないで下さい。
  • <plaintext> は HTML 2 より非推奨となっており、全てのブラウザーが実装しているわけではありません。実装しているブラウザーでも、一貫していません。
  • <plaintext> は HTML 5 で廃止されています。この要素を受け付けるブラウザーは <pre> 要素と同様に扱い、内部の HTML を解釈する場合もあります。
  • <plaintext> 要素が (<head> などの非表示の要素を除いて) ページの最初の要素になるのであれば、 HTML は使用しないでください。代わりに、テキストファイルを text/plainMIME タイプで送信するようにしてください。
  • この要素を使用する代わりに、 <pre> 要素か、意味的に適切であれば (インラインテキスト向けの) <code> 要素を使用してください。その際、コンテンツの中身がうっかり HTML として解釈されないように、 <, >, & の各文字をエスケープしてください。
  • 等幅フォントは、 HTML 要素に CSSfont-family スタイルを monospace にすることで適用することができます。

属性

この要素は、全ての要素が持つグローバル属性以外の属性を持ちません。

DOM インタフェース

この要素は HTMLElement インタフェースを提供します。

実装メモ: Gecko 1.9.2 以前では、 Firefox はこの要素に HTMLSpanElement インタフェースを実装しています。

ブラウザーの対応

BCD tables only load in the browser

関連情報