plaintext 要素

廃止
This feature is obsolete. Although it may still work in some browsers, its use is discouraged since it could be removed at any time. Try to avoid using it.

概要

Plaintext 要素<plaintext>)は、開始タグ以降を HTML としてではなくプレーンテキストとして解してレンダリングさせます。開始タグ以降は全てプレーンテキスト扱いになるので、終了タグはありません。

注意: この要素は使用しないで下さい。
  • HTML 2 より非推奨要素となっており、全てのブラウザを通して一貫した実装は存在しません。更に HTML5 では廃止されており、 ユーザエージェントによっては、<pre> 要素の様に表示され、内部の HTML コードも HTML 要素として レンダリングされる可能性があります。
  • <plaintext> 要素を、ページ上の最初の要素(※不可視の要素を除いて)として使用しないで下さい。そのように使用した場合、ページは text/plain MIME-type として解釈されます。
  • 代替として、ソース上の改行やスペースを反映する <pre> 要素か、「コードの表示」というセマンティクスを持つ <code> 要素、またはその両方を使用します。その際は、「 < 」と「 > 」 が HTMLタグとして解釈されないように、それぞれ「&lt;」、「&gt;」の様にエスケープする必要があります。
  • 等幅フォントでの表示に関しては、単なる <div> 要素に対してでも、CSSfont-family の値として monospace を指定する事で実現可能です。

属性

この要素は、全ての要素が持つグローバル属性以外の属性を持ちません。

DOM インタフェース

この要素は HTMLElement インタフェースを提供します。

実装メモ: Gecko 1.9.2 までは、この要素に HTMLSpanElement インタフェースを実装しています。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss, ethertank
 最終更新者: yyss,