HTML の <i> 要素は、何らかの理由で他のテキストと区別されるテキストの範囲を表します。例えば、技術用語、外国語のフレーズ、架空の人物の思考などです。英文においてはよく斜体で表示されるものです。

コンテンツカテゴリ フローコンテンツ, 記述コンテンツ, 知覚可能コンテンツ
許可されている内容 記述コンテンツ
タグの省略 不可。開始と終了タグの両方が必要。
許可されている親要素 記述コンテンツを受け入れるすべての要素
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement。 Gecko 1.9.2 (Firefox 4) 以前では、この要素には HTMLSpanElement インターフェイスが実装されています。

属性

この要素にはグローバル属性のみがあります。

使用上のメモ

  • <i> 要素は、読みやすくする目的で文字列を通常の文脈から区別するために使用します。これは、この範囲の文字列が周囲の文字列とは意味論的に異なるということです。
  • 以前のバージョンの HTML 仕様では、 <i> 要素は文字列を斜体表示するために使用する、単なる表現用の要素でした。これは <b> タグが文字列の太字表示に使用されたことと同様です。これらのタグに印字表現ではない意味が定義されたため、それはもはや正しくありません。ブラウザーは現在でも一般的に <i> の中身を斜体で表示するでしょうが、この要素の定義としては、もう要件ではありません。
  • 通常、この要素は斜体で表示されます。しかし、単に斜体のスタイルを適用するために使用しないでください。その場合は CSS の font-style プロパティを使用してください。
  • この要素は、より適切な意味を持つ要素がない場合のみ使用してください。
    • 強調を表すには <em> 要素を使用してください。
    • 重要性を表すには <strong> 要素を使用してください。
    • 関連性を表すには <mark> 要素を使用してください。
    • 書籍、演劇、音楽などの作品名を表すには <cite> 要素を使用してください。
    • 用語の定義のインスタンスを表すには <dfn> 要素を使用してください。
  • なぜその要素が使用されたかを識別するために class 属性を使用し、後日、表示方法を変更することが必要になった場合に、スタイルシートで選択できるように備えるのも良い考えです。

この例では、 <i> 要素を他の言語の文字列を示すために使用することを示します。

<p>The Latin phrase <i class="latin">Veni, vidi, vici</i> is often
mentioned in music, art, and literature.</p>

結果

The Latin phrase Veni, vidi, vici is often mentioned in music, art, and literature.

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<i> の定義
現行の標準  
HTML5
<i> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<b> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報