HTML の表キャプション要素 (<caption>) は、表のキャプション(またはタイトル)を指定するもので、使用される場合は常に <table> の最初の子要素として配置しなければなりません。スタイルや表との間の相対的な位置は、 CSS の caption-size および text-align プロパティを使用して変更することができます。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 フローコンテンツ
タグの省略 要素の直後に ASCII 空白文字やコメントが続かない場合、終了タグは省略可能です。
許可されている親要素 <table> 要素。table 要素の最初の子要素としてのみ配置可能。
許可されている ARIA ロール なし
DOM インターフェイス HTMLTableCaptionElement

属性

この要素は グローバル属性 を持ちます。

廃止された属性

以下の属性は廃止されており、使用するべきではありません。以下に記述しているのは、既存コードを更新する際の参考や、歴史的な関心としてのためのみです。

align
この列挙属性は caption 要素の、自身の指し示す table 要素を基準とした相対的な位置を指定します。以下の値を指定できます。
left
キャプションを表の左側に表示します。
top
キャプションを表の上側に表示します。
right
キャプションを表の右側に表示します。
bottom
キャプションを表の下側に表示します。
使用上の注意: この属性は非推奨ですので使用しないでください。 <caption> 要素にスタイルを適用するには、 CSS プロパティの caption-side および text-align を使用してください。

使用上の注意

<caption> を含む <table> 要素が <figure> 要素の唯一の子孫である場合は、 <caption> の代わりに <figcaption> 要素を使用してください。

<caption> 要素の使用例については、<table> 要素のページを参照してください。

<table>
  <caption>Example Caption</caption>
  <tr>
    <th>Login</th>
    <th>Email</th>
  </tr>
  <tr>
    <td>user1</td>
    <td>user1@sample.com</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>user2</td>
    <td>user2@sample.com</td>
  </tr>
</table>

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<caption> の定義
現行の標準  
HTML5
<caption> の定義
勧告  
HTML 4.01 Specification
<caption> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり1 あり あり あり
align あり あり1 あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり4 あり あり あり
align あり あり あり4 あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, sohopro, yyss, ethertank
最終更新者: mfuji09,