HTML のルビ文字列 (<rt>) 要素は、ルビによる注釈(振り仮名)のルビ文字列の部分を定義し、東アジアの組版において発音、翻訳、音写などの情報を提供するために使用します。 <rt> 要素は常に <ruby> 要素の中で使用されます。

より多くの例については <ruby> 要素についての記事を参照してください。

コンテンツカテゴリ なし
許可されている内容 記述コンテンツ
タグの省略 <rt> 要素の直後に <rt> 要素または <rp> 要素がある場合、または親要素内に他のコンテンツがない場合は終了タグを省略可能。
許可されている親要素 <ruby> 要素
許可されている ARIA ロール すべて
DOM インターフェイス HTMLElement

属性

この要素にはグローバル属性のみがあります。

この例では、 <ruby> 要素内の漢字にローマ字表記を提供します。

<ruby>
  漢 <rt>Kan</rt>
  字 <rt>ji</rt>
</ruby>

このブラウザーの出力は次のように見えます。

ルビに対応していないブラウザーでは、この例は次のように見えます。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
<rt> の定義
現行の標準  
HTML5
<rt> の定義
勧告  

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応5 なし385155
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり なし3815 あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yuheiy, yyss
最終更新者: mfuji09,