HTML 要素リファレンス

このページでは、すべての HTML 要素を一覧表示しています。 この一覧は、あなたが考えていることを実現するために何が必要かを見つけやすくするよう、機能別にグループ化しています。このガイドは新たにコーディングを始める方向けに記述していますが、誰にでも役に立つリファレンスになるよう配慮しています。

基本要素

基本要素は、あらゆる HTML ドキュメントの根幹をなすものです。これらの要素はすべての Web ページのソースコードで、ページの最初の行にある doctype 宣言の後に存在します。doctype は、ページでどのバージョンの (X)HTML を使用しているかを示します。Web ページのコンテンツを構成する要素は、開始タグ <html> と終了タグ </html> の間に配置します。<html> 要素は、ルート要素としても知られています。

Element Description
<html> HTML ルート要素<html>)は HTML や XHTML に於いて、その文書のルート(基点)となる要素です。他の全ての要素は、この要素の子孫として配置しなければなりません。

ドキュメントメタデータ

メタデータは、ページに関する情報のことです。これはソフトウェア (検索エンジンやブラウザなど) が利用する、およびページの描画を支援するスタイル、スクリプト、データといった情報を含みます。スタイルやスクリプトのメタデータはページ内で、あるいはそれらの情報を持つ別のファイルへのリンクとして定義します。

Element Description
<base> HTML <base> 要素は、ドキュメント内に含まれるすべての相対 URL の基点となる URL を指定します。<base> 要素は、ドキュメント内に 1 つだけ置くことができます。
<head> HTML <head> 要素はドキュメント全般の情報 (メタデータ) を内包する要素です。ドキュメントのタイトルや、スクリプトおよびスタイルシートのリンクや定義を内包できます。
<link> HTML <link> 要素は、現在の文書と外部のリソースとの関係を明示します。考えられる用途として、ナビゲーションのための関係構造の定義があります。またこの要素は、スタイルシートをリンクするためにもっとも使用されます。
<meta> HTML <meta> 要素は、他のメタ関連要素 (<base><link><script><style><title>) で表すことができない任意のメタデータ情報を提示します。
<style> Style 要素は、文書のスタイル情報を含みます。スタイル情報は、この要素内に CSS の文法で記述します。デフォルトでは、この要素内に記述するスタイルが CSS であると想定されています。
<title> HTML の title 要素 (<title>) は文書のタイトルを定義します。一般的には、ブラウザのタイトルバーかタブに表示されます。この要素はテキストのみを内容に持つ事が出来ます。HTML 要素を含める事はできません。

コンテンツセクショニング

コンテンツセクショニング要素は、ドキュメントのコンテンツを論理的な断片に体系づけます。ページのコンテンツでヘッダーやフッターのナビゲーション、あるいはコンテンツのセクションを識別する見出しなどの、大まかなアウトラインを作成するためにセクショニング要素を使用します。

Element Description
<address> HTML <address> 要素は、祖先要素の内、直近の <article> 要素か <body> 要素の著作者の連絡先情報を表します。後者の場合は、ドキュメント全体に適用します。
<article> HTML <article> 要素はドキュメント、ページ、アプリケーション、あるいはサイトの中で自己完結した構成物を表します。これは、例えば通信社によって独立して配信や再利用が可能であることを意図します。これはフォーラムへの投稿、雑誌や新聞の記事、ブログのエントリ、オブジェクト、その他のコンテンツで独立したアイテムが考えられるでしょう。
<aside> HTML <aside> 要素は、メインコンテンツとの関連性が希薄でメインコンテンツから切り離すことが可能なセクションを表します。いわゆる「サイドバー」や、メインの記事内のコラムの部分に頻繁に用いられます。サイドバーにおいて用語の定義、あるいは関連性を持つ広告、著作者に関する情報、Web アプリケーション、ブログのプロフィール情報や関連リンクなどの情報に用います。
<footer> Footer 要素<footer>)は自身の祖先要素の内で直近のセクショニングコンテンツセクショニングルート要素(つまり <article><aside><nav><section><blockquote><body><details><fieldset><figure><td> の中で最も近い親要素)のフッターを表します。「フッター」には通常、そのセクションの著作者に関する情報、関連ドキュメントへのリンク、著作権情報等を含めます。
<header> header 要素<header>)は、イントロダクション、ナビゲーション等のグループを表します。ひとつまたは複数の見出し以外に、ロゴ、セクションのヘッダー部分、検索フォームなども含める事ができます。
<h1>, <h2>, <h3>, <h4>, <h5>, <h6> 見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
<hgroup> HTML <hgroup> 要素 (HTML Headings Group 要素) は、セクションのヘッダを表します。これはドキュメントのアウトラインに関する 1 つのタイトルを、それが属する暗黙的または明示的なセクションのヘッダとして定義します。
<nav> ナビゲーション要素(<nav>) は、その内容がページ上の主要なナビゲーション (他のページやページ内の他の部分へのリンク) である事を表します。

テキストコンテンツ

HTML テキストコンテンツ要素は、開始タグ <body> と終了タグ </body> の間にあるコンテンツでブロックやセクションを編成します。これらの要素はコンテンツの用途や構造を識別するものであり、アクセシビリティSEO のために重要です。

Element Description
<dd> HTML の 定義説明要素 (<dd>) は、定義リスト要素(<dl>)に於ける、定義語の説明部分を表します。この要素は定義リストの子要素としてのみ配置可能であり、また、<dt> に後続する必要があります。
<div> HTML<div> 要素 (HTML Document Division Element) は、何か特定のセマンティクスを表すものではない、フローコンテンツの為の汎用コンテナです。スタイリングのためのグループ要素として (class 属性か id 属性を使用)、あるいは lang などの属性値を共有するために使われます。セマンティクス上で(<article><nav>) など他に適切な要素がある場合はそちらを使用して下さい。
<dl> HTML の 説明リスト要素<dl>)は、用語とその説明のセットのリストを表します。 一般的な使用例として、用語集の作成やメタデータ (キーと値のペアのリスト) の表示が挙げられます。
<dt> HTML の 定義語要素 (Definition Term Element) (<dt>) は、定義リスト中の用語を表す部分です。この要素は、<dl> の子要素としてのみ用いる事が出来ます。後続する <dd> 要素により、先行する <dt> の用語を定義します。複数の <dt> 要素を続けて配置し、後続する <dd> 要素でまとめてそれらを定義する事も可能です。
<figcaption> HTML <figcaption> 要素は、親要素となる <figure> 要素の中の自身以外のコンテンツのキャプションや説明を表します。 <figcaption><figure> 要素内の先頭、或いは末尾に入れることが出来ます。 <figure> 要素に於いて、figcaption 要素は必須という訳ではありません。figcaption 要素が省略された場合は、親の <figure> 要素はキャプションを持たないものと見做されます。
<figure> HTML <figure> 要素は図表などの自己完結型のコンテンツを表す要素です。多くの場合、キャプション(<figcaption>)を伴って使用され、単独のユニットとして参照されます。メインのフローに関連しつつも、メインのフローとは無関係な位置に配置する事が可能です。この要素は通常、「主なテキストの中から参考文献として参照されるが、メインのフローに影響を与える事無く別ページまたは付録に移動することが可能な画像、実例、図表、コード断片あるいは図表など」に対し用います。
<hr> HTML hr 要素 (horizontal rule element / <hr>) は、段落間のテーマ(例えば物語の中でのシーンの変化や、話題の転換など)の意味的な区切りを表します。過去のバージョンの HTML では区切り線として定義されており、また現行のブラウザーもこれを踏襲したデフォルト・スタイルを持っています。しかし、視覚的な区切り線としてではなく、あくまで意味的な用途としての使用が推奨されます。
<li> HTML の リストアイテム要素<li>)は、リストの項目を表す為に用いられます。この要素は、そのアイテムが属する、順序リスト (<ol>)、順不同リスト(<ul>)、メニュー(<menu>) の何れかの子要素として配置する必要があります。メニュー要素及び順不同リスト要素内に於いては、各リストアイテムは通常ビュレットを伴って表示され、順序リスト内では、数字や文字による連番のリストマーカーを伴って描画されます。
<main> main 要素(<main>)は、ドキュメントやアプリケーションのbody 要素()の主な内容を表します。主な内容は中心的なトピックの主なコンテンツやアプリケーションの中心的な機能に直接関連する内容で構成されます。この内容はサイドバー、ナビゲーションリンク、著作権表示、サイトロゴ、検索フォームのような繰り返されるあらゆる文章の集合を除いて固有の内容にするべきです。(もちろん、主な内容が検索フォームでない限り)</main>
<ol> HTML 順序付きリスト要素 (<ol>) は、項目の順序付きリストを表示します。一般的に、順序付きリストの項目の先頭に、数字、ローマ数字、アルファベットなどの番号が表示されます。この順序付きリストのスタイルは、ページの HTML 記述では定義されていませんが、CSS に関連付けられ、list-style-type プロパティを使用してスタイル付けできます。
<p> HTML <p> 要素 (HTML パラグラフ要素) は、パラグラフ (段落) を表します。
<pre> HTML 整形済みテキスト要素 (<pre>) は、整形済みテキスト (preformatted text) を表します。この要素内の空白文字や改行はそのままレンダリングに反映され、等幅フォントで表示されます。もしこれらのスタイルを変更したい場合は、CSS を用います。
<ul> HTML の順不同リスト 要素(<ul>)は、数的な順序がなく、その配置順に意味を持たないアイテムを持つリストを表します。子となるリストアイテムは基本的にドット、円形、四角形 などのスタイルを持つビュレットを伴って描画されます。係るスタイルは CSS の list-style-type プロパティを用いて変更する事が可能です。

インラインテキストセマンティクス

HTML インラインテキストセマンティクス要素は、単語、行、あるいは任意のテキスト範囲の意味、構造、スタイルを定義します。

Element Description
<a> HTML アンカー要素 (<a>) は、同一ページ内の場所または Web 内の別のページへのハイパーリンクを定義します。アンカーポイント (ページコンテンツ内のハイパーリンクの行き先) を作成するためにも使用できます (廃止された方法) ので、リンクはページのトップ以外にも接続できます。
<abbr> HTML 略語要素 (<abbr>) は、略語と、また任意でその略語の完全な説明を提供します。略語の説明は title 属性にすべて含める必要があります。
<b> HTML の <b> 要素は、特別な重要性や関連性を伴わないで通常と文体の異なるテキストの範囲を表します。一般的に、要約中のキーワード、レビュー文内での製品名などの部分。または、その他の表記上太字で記述される通例のある箇所などに用います。記事の各段落のリード文をマークする場合にも適しています。
<bdi> HTML <bdi> 要素 (双方向アイソレート要素) は、他部位とは異なる書字方向で書式設定するテキストの範囲を表します。
<bdo> HTML <bdo> 要素 (HTML Bidirectional Override 要素) は、テキストの書字方向規則を部分的に上書きします。これは、文字の書字方向を無視させて特定の書字方向が選ばれるようにします。
<br> HTML <br> 要素 (HTML 改行要素) は、文中に改行 (キャリッジ・リターン) を生成します。これは、詩や散文、住所など、(段落として以外の) 文の分割が重要な文章を記述するのに便利な要素です。
<cite> HTML Citation 要素 (<cite>) は、作品を参照することを示します。この要素は作品のタイトルまたは URL 参照を含まなければならず、また引用メタデータを追加する際の慣習に応じて略される場合があります。
<code> HTML コード 要素<code>)はコンピューター・コードの断片を表します。殆どのブラウザーのデフォルト・スタイルは、これを等幅フォントで描画するように指定されています。
<data> data要素は機械可読な形式で提供します。もし内容がtime-かdate-relatedの場合、<time>要素を利用します。
<dfn> HTML 定義要素 (<dfn>) は、用語の定義を表します。
<em> HTML の強調要素(<em>)は、強調されたテキストを示します。 <em> 要素は入れ子にすることができ、入れ子の段階に応じてより強い程度の強調を表すことができます。
<i> オフセットテキスト(或いはイタリック)要素<i>)は、技術用語、外国語のフレーズ、または架空の人物の思考など、何らかの理由で他のテキストと離して配置して区別されるテキストの範囲を表します。英文においては通常斜体で表示される事の多い部分であり、殆どの場合、ブラウザはこの要素に対しイタリック体のデフォルトスタイルを指定しています。
<kbd> キーボードインプット要素<kbd>)はコンピューターへのユーザーの入力コードを表します。要素名はキーボードの略語ですが、音声入力や手書き入力などの他の入力方法も含みます。多くのデフォルトスタイルは、等幅フォントのインラインで表示するものとなっています。
<mark> HTML の mark 要素 (<mark>)は、他の場所からの参照を目的とした、テキストのハイライトに使用されます。例えばウェブサイトの検索窓からの検索結果を表示するページ上で、検索した語句をハイライトする為などに使用できます。
<q> q 要素 は、その内容がインラインの引用であることを表します。この要素は、段落やセクションをまたがない短い引用のためのものです。長文の引用には、<blockquote> 要素を使用します。
<rp> HTML <rp> 要素は、ルビのアノテーションをサポートしないブラウザ向けのフォールバックとして括弧を提供するために使用します。ルビのアノテーションは日本語のふりがなや台湾語の注音符号など、東アジア言語で発音を示すものです。<rp> 要素は <ruby> 要素がサポートされていない場合に、コンテンツでルビアノテーションの存在を示すために何を表示すべきかを指定するために使用され、通常は括弧を表示します。
<rt> HTML <rt> 要素はルビのアノテーションとして提供する、文字の発音を包含します。これは東アジア言語の発音を表示するためのものであり、<rt> 要素は <ruby> 要素の内部で使用します。
<rtc>
<ruby> <ruby> は、ルビのアノテーション(振り仮名)を用いる事が可能な HTML 要素です(ルビのアノテーションとは、東アジアの言語などの語句、例えば漢字などの発音を示すものです)
<ruby> 要素は <rt> 要素や <rp> 要素とともに用います。
<s> HTML の 打ち消し要素 (<s>) はその範囲のテキストが既に正確でなくなった事を表す為に用います。これは殆どの環境で、打ち消し線を伴うスタイルでレンダリングされます。但し、編集箇所を伝える用途の場合には <del><ins> が適しています。
<samp> サンプル要素<samp>)は、コンピュータープログラムなどからの出力を表すインライン要素です。CSS を使用しない場合、殆どのブラウザで、ブラウザのデフォルトの等幅フォントか、ユーザーの指定した等幅フォントで表示されます。
<small> small 要素(<small>)は、内包するテキストのフォントサイズをブラウザの最小フォントサイズを限度とし、一段階縮小します(※large から medium、small から x-small)
<span> HTML <span> 要素は、何か特定のセマンティクスを表すものではない、フレージング・コンテンツの為の汎用コンテナです。CSS によるスタイリングの用途等で、要素のグループ化が必要な場合に用います。多くの場合、 class 属性か id 属性、lang 属性等と共に使われます。セマンティクス上で他に適切な要素がある場合はそちらを使用して下さい。<span><div> 要素と非常に似た役割を持っています。 <div> 要素がブロックレベル要素の汎用コンテナであるのに対し、<span>インラインレベル要素の為の汎用コンテナの役割を果たします。
<strong> strong 要素<strong>)は重要なテキストを表します。ほとんどのブラウザーのデフォルトスタイルでは、太字で描画するように指定されています。
<sub>
<sup>
<time> HTML <time> 要素は、24 時間制の時刻またはグレゴリオ暦の正確な日付 (時刻やタイムゾーンを伴うことも可能) を表します。
<u> u 要素<u>)は、内包するテキストのベースラインの下部にアンダーライン(下線)をレンダリングします。
<var> HTML の var 要素(<var>)は、数式やプログラムのコード中での変数を表します。
<wbr> Word Break Opportunity (<wbr>) HTML 要素は、テキスト内でブラウザが任意で改行を行ってよい位置を表します。また、この改行規則により他の場所で改行されることがなくなるでしょう。

画像とマルチメディア

HTML は画像、音声、映像といった、さまざまなマルティメディアリソースをサポートします。

Element Description
<area> HTML <area> 要素は画像のホットスポット領域の定義、また任意で領域とハイパーテキストリンクの関連づけを行います。この要素は <map> 要素内だけで使用します。
<audio> HTML <audio> 要素は、ドキュメント内に音声コンテンツを埋め込むために使用します。この要素は、複数の音声ソースを含むことができます。音声ソースは src 属性または <source> 要素を使用して表し、ブラウザはもっとも適切なソースを選択します。
<map> HTML <map> 要素はイメージマップ (クリック可能なリンク領域) を定義するために、<area> 要素とともに使用します。
<track> HTML track 要素はメディア要素 (<audio> および <video>) の子として使用します。この要素は自動的に処理される字幕など、時間指定されたテキストトラック (または時系列データ) を指定できます。トラックは WebVTT (Web Video Text Tracks) 形式 (.vtt ファイル) で整形します。
<video> HTML <video> 要素は、映像コンテンツを埋め込むために用いられます。この要素は、複数の映像ソースを含むことができます。映像ソースは src 属性または <source> 要素を使用して表し、ブラウザはもっとも適切なソースを選択します。

埋め込みコンテンツ

HTML は公式にサポートするマルチメディアコンテンツ以外のさまざまなコンテンツを、容易に対話できるとは限らないものであっても埋め込むことができます。

Element Description
<embed> HTML <embed> 要素は、外部のアプリケーションやインタラクティブコンテンツ (言い換えると、プラグイン) との統合箇所を表します。
<object> 埋め込みオブジェクト要素 (The Embedded Object element) (<object>) は、「画像」、「ネストされたブラウジング・コンテキスト」、または「プラグインによって処理されリソースとして扱うことが可能なもの」の何れかの外部リソースを表します。</object>
<param> パラメーター要素は、<object> 要素のパラメータを定義する為の HTML 要素です。
<source> source 要素 (<source />) は HTML5 文書における <picture> 要素、audio 要素及び video 要素に対し、複数のメディアリソースを指定する場合に用います。この要素自体は空要素です。この要素は一般的に、各ブラウザ毎にサポートの異なる複数のメディア形式 を指定する場合に用います。

スクリプティング

動的なコンテンツや Web アプリケーションを作成するために、HTML ではスクリプト言語を使用できます。もっとも有名な言語は、JavaScript です。いくつかの要素がスクリプト機能をサポートします。

Element Description
<canvas> HTML の <canvas> 要素は、スクリプティング (基本的には JavaScript) によりグラフィックを描画することができます。例えば、グラフの描画、写真の合成、さらにはアニメーションの作成までが可能です。<canvas> のブロック内で、代替コンテンツを提供することが可能 (また、提供すべき) です。その内容物は、canvas をサポートしない古いブラウザおよび JavaScript が無効であるブラウザで描画されます。
<noscript> NoScript 要素(<noscript>)はページで使用中のスクリプト言語が閲覧者のブラウザでサポートされていないタイプである場合や、ブラウザの設定でスクリプトが無効にされている場合に表示するセクションを表します。
<script> HTML <script> 要素HTML または XHTML 文書内に実行可能なスクリプトを埋め込み、または外部参照するコードを指定する際に用いられます。

編集範囲の特定

これらの要素は、テキストの特定の範囲が変更されたことを示します。

Element Description
<del> HTML 削除済みテキスト要素 (<del>) は、文書から削除されたテキストの範囲を表します。一般的にこの要素は (必須ではありませんが) 打ち消し線のスタイルを伴って描画されます。
<ins> HTML の ins 要素<ins>)は文書に追加されたテキストの範囲を示します。

テーブルコンテンツ

以下の要素は、表形式のデータを作成および制御するために使用します。

) は
Element Description
<caption> HTML の <caption> 要素 (HTML Table Caption 要素) は、テーブルのタイトルを表します。対象とする <table> 要素の最初の子要素としてのみ配置可能であり、しかしながらその視覚効果については、CSS を用いて table 要素の位置を基準とする相対的な位置に配置することが可能です。
<col> HTML Table Column 要素 (<col>) はテーブル内の列を定義して、すべての一般セルに共通の意味を定義するために使用します。この要素は通常、<colgroup> 内にみられます。
<colgroup> HTML Table Column Group 要素 (<colgroup>) は、テーブル内の列のグループを定義します。
<table> HTML の table 要素(<table>)は、 2 つまたはそれ以上の次元のデータを表します。
<tbody> HTML Table Body 要素 (
<td> テーブルセル HTML 要素 (<td>) は、テーブルでデータを包含するセルを定義します。これはテーブルモデルに関与します。
<tfoot> HTML テーブルフッタ要素 (<tfoot>) は、テーブルの列を総括する行のセットを定義します。
<th> HTML テーブルヘッダセル要素 (<th>) は、テーブルのセルのグループ用のヘッダであるセルを定義します。ヘッダが指すセルのグループは、scope 属性と headers 属性で定義します。
<thead> HTML テーブルヘッダ要素 (<thead>) は、テーブルの列のヘッダを表す行のセットを定義します。
<tr> HTML テーブル行要素 (<tr>) は、テーブル内でセルの行を定義します。行は <td> 要素と <th> 要素を混ぜ合わせたものです。

フォーム

HTML では、ユーザがデータを記入して Web サイトやアプリケーションに送信することを可能にするフォームを作成するために、組み合わせて使用する要素をいくつか提供します。フォームに関する多くの情報を、HTML フォームガイドに掲載しています。

Element Description
<button> HTML の <button> 要素は、クリック可能なボタンを表します。
<datalist> HTML Datalist 要素 (<datalist>) は、ユーザーに入力候補の選択肢を提供します。その候補となる値を持つ <option> 要素のセットをその子要素として内包します。
<fieldset> HTML <fieldset> 要素は label 要素(<label>)の様な役割に加え、フォーム内部品のグループ化の働きをします。
<form> HTML form 要素 (<form>) は、ユーザが Web サーバーに情報を送信できるようにするインタラクティブなコントロールを含むドキュメントセクションを表します。
<input> HTML <input> 要素は、ユーザからデータを受け取るための、Web ベースのフォーム用のインタラクティブなコントロールを作成するために使用します。<input> の動作は、type 属性の値に応じて大きく異なります。
<keygen> HTML <keygen> 要素は、鍵の材料の生成を容易にするため、および HTML フォームの一部として公開鍵を送信するための要素です。この仕組みは、Web ベースの証明書管理システムと合わせて使用するものとして設計されています。証明書の要求に必要な他の情報を伴う HTML フォームで <keygen> 要素を使用して、その処理結果が署名済み証明書になることを想定しています。
<label> HTML の Label 要素 (<label>) はユーザインタフェース内のアイテムのキャプションを表します。for 属性を用いるか、コントロール要素を <label> の子要素として配置する事で、ラベルとコントロールを紐付ける事が出来ます。その様に紐付けられたコントロールは、ラベル要素の labeled control(ラベル付きコントロール) と呼ばれます。
<legend> HTML の凡例フィールド (Legend Field)要素<legend>)は、その親要素である <fieldset> のキャプションを表します。
<meter>
<optgroup> HTML の optgroup 要素 (<optgroup>) は、Web フォームに於いて <select> 要素内の、選択肢 (<option>) のグループを作成します。
<option> Web フォームにおいて HTML <option> 要素は、<select> 要素、<optgroup> 要素、HTML5 の <datalist> 要素内で項目を表すコントロールを生成します。
<output> output 要素(<output>)は、何らかの計算やユーザによるアクションの結果を表します。
<progress> HTML の progress (<progress>) 要素は、タスクの進捗状況の表示に使われます。表示の実装方法はブラウザベンダーに委ねられていますが、通常はプログレスバーとして表示されます。JavaScript を使用して、プログレスバーの値を操作することが可能です。
<select> HTML の select 要素(<select>)は、選択式のメニューを提供するコントロールを表します。メニューの中にある選択肢は、 <optgroup> 要素でグループ化することのできる、 <option> 要素で表されます。ユーザーのため、選択肢をあらかじめ選択しておくことができます。
<textarea> HTML <textarea> 要素は、複数行のプレーンテキスト編集コントロールを表します。

インタラクティブ要素

HTML には、インタラクティブなユーザインターフェイスを作成するための要素があります。

Element Description
<details> HTML の詳細 要素 (<details>) は、ユーザに追加の詳細情報を提供する「ディスクロージャー・ウィジェット」を表します。
<dialog> は、ダイアログボックスやインスペクターやウィンドウのようなそのほかのインタラクティブコンポーネントを表します。method="dialog"属性を指定することで、ダイアログ<form>要素を統合できます。このようなフォームが送信されたとき、returnValue属性が送信ボタンの値に設定されて閉じられます。</form>
<menu>
<menuitem> HTMLの menuitem 要素( <menuitem>) は、ユーザがポップアップメニュから実行できるコマンドをあらわします。This includes context menus, as well as menus that might be attached to a menu button.
<summary> HTML の summary 要素(<summary>)は <details> 要素の内容の要約、キャプション、説明を表します。

Web Components

Web Components は要するに、独自の要素を作成して通常の HTML 要素であるかのように使用できる、HTML 関連技術です。加えて、独自版の標準 HTML 要素を作成することもできます。

注記: Web Components 用の要素は HTML 仕様書ではなく、World Wide Web Consortium (W3C) Web Components collection of specifications で定義しています。また、Web Components 仕様は確定しておらず、変更される可能性があります。

Element Description
<content>
<decorator>
<element>
<shadow> HTML <shadow> 要素は shadow DOM の insertion point として使用されます。shadow ホスト配下に複数の shadow ルートを生成する場合に使用します。これは通常の HTML としては役立ちません。Web Components で使用します。
<template> HTML template 要素 <template> は、ページがロードされたされた時ではなく、JavaScript を使用して実行中にインスタンス生成することができるクライアントサイドコンテンツを保持するメカニズムです。

廃止または非標準の要素

警告: 以下は非推奨の古い HTML 要素であり、使用するべきものではありません。新たなプロジェクトではこれらを使用せず、また既存のプロジェクトでも可能な限りこれらを置き換えてください。 この一覧は、情報提供のために記載しています。

Element Description
<acronym> HTML の acronym 要素 (<acronym>) は、頭字語または省略形の単語を構成する文字のシーケンスを明示することができます。
<applet> HTML applet 要素 (<applet>) は、Java アプレットの包含を示します。
<basefont> HTML の basefont 要素 (<basefont>) は、文書の基本のフォントサイズを設定します。これを基準としたフォントサイズを <font> 要素で指定します。
<big> HTML Big 要素 (<big>) は、内包するテキストの font size をブラウザの最大フォントサイズを限度に一段階大きくします (※ small から medium、large から x-large)。
<blink> HTML Blink 要素 (<blink>) は内包するテキストを点滅させるための、非標準の要素です。
<center> HTML のセンター要素<center>)はブロックレベルの要素で段落や他のブロックレベルの要素やインライン要素を含むことができます。含んでいる要素の中の全体のコンテンツを水平方向にセンタリングします 。このタグは HTML 4 (及び XHTML)で非推奨要素に指定され、HTML5 で完全に廃止されています。代替として CSS の text-align プロパティを用い、この属性値に centerを指定する事で同じ表現を実現可能です(※その際、対象とする要素のスタイルは display: block 等になっていなくてはなりません。インライン要素はテキストの中央寄せは出来ません)。ブロックをセンタリングするには margin-leftmargin-right といった別の CSS プロパティを使用して、値に auto を設定します (または margin0 auto を設定)。
<command> command 要素は、ユーザが実行可能なコマンドを表します。
<content>
<dir>
<font> Font 要素<font>)はその内包するテキストの、フォントサイズ、文字色、使用フォントを定義します。
<frame> <frame> は、別の HTML ドキュメントを表示できる個々の領域を定義する HTML 要素です。frame 要素は <frameset> の内部で使用します。
<frameset> <frameset> は、<frame> 要素を包含するために使用する HTML 要素です。
<isindex> <isindex> は、ドキュメントに問い合わせを行うためのテキストフィールドを、ドキュメントに追加するための HTML 要素です。W3C は <isindex><head> 要素内で使用するものとしましたが、ブラウザはドキュメント内のどこででも使用するものとしてサポートしました。
<keygen> HTML <keygen> 要素は、鍵の材料の生成を容易にするため、および HTML フォームの一部として公開鍵を送信するための要素です。この仕組みは、Web ベースの証明書管理システムと合わせて使用するものとして設計されています。証明書の要求に必要な他の情報を伴う HTML フォームで <keygen> 要素を使用して、その処理結果が署名済み証明書になることを想定しています。
<listing> HTML Listing 要素 (<listing>) は、開始タグと終了タグの間にあるテキストを HTML として解釈せず、等幅フォントを使用して表示します。HTML 2 標準では、1 行が 132 文字を超えない場合は改行すべきではないと勧告しています。
<marquee> <marquee> 要素はテキストがスクロールする領域を挿入します。
<nextid>
<noembed>
<plaintext> Plaintext 要素<plaintext>)は、開始タグ以降を HTML としてではなくプレーンテキストとして解してレンダリングさせます。開始タグ以降は全てプレーンテキスト扱いになるので、終了タグはありません。
<spacer> <spacer> は、Web ページにホワイトスペースを挿入する為の非標準の HTML 要素です。Web デザイナーによって用いられていた 1px の透過 GIF 画像(いわゆるスペーサー GIF )の挿入と同様の効果を実現する為に NetScape 社が実装したものです。しかし <spacer> は殆どの主要ブラウザでサポートされず、また、同様の効果は CSS を用いて実現可能です。したがって、<spacer> を使用する必要性はありませんでした。Mozilla アプリケーションに於いては、この要素のサポートは Gecko 2.0 にて打ち切られています。
<strike> HTML の打消し線要素<strike>)は、その範囲のテキストを打消し線付きで描画します。
<tt> HTML テレタイプテキスト要素 (<tt>) は、ブラウザのデフォルトの等幅フォントで表示されるインライン要素を生成します。この要素は、テレタイプのような等幅の表示装置で表示されるテキストとしてスタイルを設定しようとするものです。おそらく、<code> 要素を使用する等幅文字の表示がより一般的です。
<xmp> xmp (Example) 要素( <xmp> )は、その開始タグから終了タグまでの間の HTML タグを HTML として解釈せず、等幅フォントでレンダリングします。HTML2 はこれが一行当たり 80 文字を表示するのに充分な幅でレンダリングするよう推奨しています。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss, ethertank, Marsf, teoli, Mgjbot, Okome
 最終更新者: yyss,