We're looking for a user researcher to understand the needs of developers and designers. Is this you or someone you know? Check out the post: https://mzl.la/2IGzdXS

Intl.getCanonicalLocales() メソッドは、標準ロケール名を含む配列を返します。重複は省略され、要素は構造的に有効な言語タグか検証されます。

構文

Intl.getCanonicalLocales(locales)

パラメーター

locales
標準ロケール名を取得するための String 値リスト。

Intl.getCanonicalLocales("EN-US"); // ["en-US"]
Intl.getCanonicalLocales(["EN-US", "Fr"]); // ["en-US", "fr"]

Intl.getCanonicalLocales("EN_US"); 
// RangeError:'EN_US' is not a structurally valid language tag

仕様

仕様 状態 コメント
ECMAScript Internationalization API 4.0 (ECMA-402)
Intl.getCanonicalLocales の定義
ドラフト 初期定義。

ブラウザ実装状況

We're converting our compatibility data into a machine-readable JSON format. This compatibility table still uses the old format, because we haven't yet converted the data it contains. Find out how you can help!

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 未サポート 48 (48) 未サポート 未サポート 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: YuichiNukiyama
最終更新者: YuichiNukiyama,