215 ページあります:

# ページ タグと要約
1 HTML: HyperText Markup Language HTML, HTML Tutorials, HTML プログラミング, HTML5, Landing, What is HTML, ウェブ, ハイパーテキスト, ランディング, リファレンス, 学習
HTML (HyperText Markup Language) はウェブのもっとも基本的な構成要素です。 HTML はウェブページの基本レイアウトに従ってウェブページのコンテンツを記述し定義するものです。 HTML に隣接する他の技術としては、ウェブページの表示や表現を記述するもの (CSS) または機能や振る舞いを記述するもの (JavaScript) があります。
2 CSS を使った HTML の要素への色の適用 Beginner, CSS, CSS 色, Guide, HTML, HTML スタイル, HTML 色, color
CSS では、 HTML 要素に色を追加して望みの外見にする方法がたくさんあります。この記事では CSS の色を HTML の中で利用できるそれぞれの方法の基本をご案内します。
3 Forms in HTML5
HTML5 のフォーム関連要素/属性は HTML4 よりも幅広いマークアップを提供し、また HTML4 時代に必要とされた長たらしいスクリプトやスタイルシートを書く手間を省いてくれます。HTML5 のフォーム機能は、Web サイトごとに異なっている入力へのフィードバックに今より優れた一貫性をもたらし、より良いユーザエクスペリエンスを提供します。また、スクリプトを無効化したブラウザでも同様の体験を提供します。
4 HTML 5 ビデオ用の DASH アダプティブストリーミング
Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH) は、アダプティブストリーミングプロトコルです。
5 HTML Extensions HTML
Mozilla ブラウザは、標準を拡張するいくつかの HTML タグをサポートしています。その一部がドキュメント化されています。
6 HTML に関する文書の索引 HTML
利用可能なすべての HTML に関する文書の包括的な索引リストです。
7 HTML の audio 及び video で対応しているメディア形式 Codecs, Containers, Firefox, HTML, HTML5, Media, Reference, Video, file formats, media formats, コンテナー, コーデック, ファイル形式, メディア, メディア形式, リファレンス, 動画
<audio> 要素および <video> 要素は、プラグインを使用しない音声や動画の再生の対応を提供します。
8 HTML リファレンス HTML, Landing, Reference, Web, ウェブ
この HTML リファレンスは、 HTML のすべての要素属性、およびすべての要素に適用されるグローバル属性について書かれています。
9 HTML 属性リファレンス HTML, HTML 属性, グローバル属性, リファレンス, 属性
HTML の要素は属性を持ちます。ユーザーが望む基準を満たすために、さまざまな方法で要素を構成したり、動作を調整したりする追加の値です。
10 HTML の autocomplete 属性 HTML, Reference, autocomplete, テキスト, パスワード, フォーム, メールアドレス, ユーザー名, リファレンス, 住所, 入力欄, 属性, 選択, 電話番号
autocomplete を使用すると、ウェブ開発者は入力欄にどの種類の情報が期待されているかをブラウザーに示唆するのと同様に、ユーザーエージェントがフォーム入力欄の値を埋めるための自動支援を提供する必要があることを指定します。
11 HTML 要素リファレンス Basic, HTML, Reference, Web, l10n:priority, 要素
このページでは、タグを使用して作成されるすべての HTML 要素を一覧表示しています。
12 &lt;a&gt;: アンカー要素 Content, HTML, HTML リンク, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, リンク, 要素
HTML の <a> 要素 (アンカー要素) は、別のウェブページ、ファイル、同一ページ内の場所、電子メールアドレス、または他の URL へのハイパーリンクを作成します。
13 &lt;abbr&gt;: 略語要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の略語要素 (<abbr>) は略語や頭字語を表します。任意で title 属性で、略語の完全形または説明を提供することができます。
14 &lt;acronym&gt; HTML, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Obsolete, Reference, Web, 要素
HTML の頭字語要素 (<acronym>) は、頭字語または略語の単語を構成する文字の並びを明示することができます。この要素は HTML5 で削除されました。 <abbr> 要素を使用してください。
15 &lt;address&gt;: 連絡先要素 HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, メールアドレス, リファレンス, 作者, 要素, 連絡先情報
HTML の <address> 要素は、これを含んでいる HTML が個人、団体、組織の連絡先を提供していることを示します。
16 &lt;applet&gt;: 埋め込み Java アプレット要素 HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, Reference, ウェブ, 廃止, 要素
廃止された HTML の アプレット要素 (<applet>) は文書に Java アプレットを埋め込みます。この要素は <object> にとって代わり、廃止されました。
17 &lt;area&gt; HTML, HTML リンク, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, マルチメディア, リンク, 埋め込み, 要素
HTML の <area> 要素は画像のホットスポット領域を定義し、また任意で領域とハイパーテキストリンクの関連づけを行います。この要素は <map> 要素内だけで使用します。
18 &lt;article&gt;: 記事コンテンツ要素 HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <article> 要素は文書、ページ、アプリケーション、サイトなどの中で自己完結しており、 (集合したものの中で) 個別に配信や再利用を行うことを意図した構成物を表します。例えば、フォーラムの投稿、雑誌や新聞の記事、ブログの記事などが含まれます。
19 &lt;aside&gt;: 余談要素 Element, HTML, HTML セクション, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <aside> 要素は、文書のメインコンテンツと間接的な関係しか持っていない文書の部分を表現します。
20 &lt;audio&gt;: 埋め込み音声要素 HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Media, Reference, Web, マルチメディア, メディア, 要素
No summary!
21 &lt;b&gt;: 注目付け要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の注目付け要素 (<b>) は、要素の内容に読者の注意を惹きたい場合で、他の特別な重要性が与えられないものに使用します。
22 &lt;base&gt;: 文書の基底 URL 要素 HTML, HTML 文書メタデータ, HTML:メタデータコンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <base> 要素は、文書内に含まれるすべての相対 URL の基点となる URL を指定します。 <base> 要素は、文書内に1つだけ置くことができます。
23 &lt;basefont&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web, フォント
廃止された HTML の基本フォント要素 (<basefont>) は、子孫要素の既定のフォントの種類、大きさ、色を設定します。
24 &lt;bdi&gt;: 書字方向分離要素 BiDi, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, i18n, ltr, rtl, ウェブ, テキスト, リファレンス, 右書き, 国際化, 左書き, 書字方向, 要素
HTML の書字方向分離要素 (<bdi>) は、ブラウザーの書字方向アルゴリズムにこのテキストが周囲のテキストから独立していると扱うよう指示します。
25 &lt;bdo&gt;: 双方向文字列上書き要素 BiDi, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, 要素
HTML の双方向文字列上書き要素 (<bdo>) は、現在の文字列の方向を上書きし、中の文字列が異なる方向に描画されるようにします。
26 &lt;bgsound&gt;: 背景音の要素 (廃止) HTML, Non-standard, Obsolete, Reference
HTML の背景音要素 (<bgsound>) は Internet Explorer のみに実装されており、そのページが使用されている間の背景として再生される音声ファイルを設定します。代わりに <audio> 要素を使用してください。
27 &lt;big&gt;: 大きめの文字列要素 Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
廃止された HTML の Big 要素 (<big>) は、内包するテキストを周りの文字列よりも1段階大きいフォントの大きさで描画します(例えば mediumlarge になります)。
28 &lt;blink&gt;: 点滅文字列要素 (廃止) Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML の点滅要素 (<blink>) は内包するテキストをゆっくり点滅させるための、標準外の要素です。
29 &lt;blockquote&gt;: ブロック引用要素 Blockquote, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <blockquote> 要素 (HTML ブロック引用要素) は、内包する要素の文字列が引用文であることを示します。通常、字下げを伴ってレンダリングされます (整形方法については注意の項を参照してください)。 cite 属性により引用元の文書の URL を、 <cite> 要素により引用元の文書のタイトルなどを明示可能です。
30 &lt;body&gt;: 文書の本文要素 Element, HTML, HTML:区分化ルート, Reference, Sections, Web
HTML の <body> 要素は、HTML 文書のコンテンツを示す要素です。<body> 要素は文書中に一つだけ配置できます。
31 &lt;br&gt;: 改行要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <br> 要素 は、文中に改行(キャリッジリターン)を生成します。詩や住所など、行の分割が重要な場合に有用です。
32 &lt;button&gt;: ボタン要素 HTML, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, フォーム, 要素
HTML の <button> 要素はクリックできるボタンを表し、フォームや、文書で単純なボタン機能が必要なあらゆる場所で使用することができます。
33 &lt;canvas&gt;: グラフィックキャンバス要素 Canvas, HTML, HTML スクリプト, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Web, リファレンス, 要素
HTML の <canvas> 要素Canvas スクリプティング APIWebGL API を使用して、グラフィックスやアニメーションを描画することができます。
34 &lt;caption&gt;: 表キャプション要素 HTML, HTML 表形式データ, caption, ウェブ, キャプション, テーブル, リファレンス, 表, 表キャプション, 表タイトル, 要素
HTML の表キャプション要素 (<caption>) は、表のキャプション(またはタイトル)を指定するもので、使用される場合は常に <table> の最初の子要素として配置しなければなりません。
35 &lt;center&gt;: 文字列の中央揃え要素 (廃止) Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
廃止済みの HTML の中央揃え要素 (<center>) は、中に含まれるブロックレベルまたはインラインコンテンツを中央揃えして表示するブロックレベル要素です。
36 &lt;cite&gt;: 引用元要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の引用元要素 (<cite>) は、引用された創作物の参照を表し、作品のタイトル、著者、 URL を含む必要があります。参照は、引用メタデータに関する利用場面に合わせた慣習に応じて省略形が用いられることがあります。
37 &lt;code&gt;: 行内コード要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <code> 要素は、コンピューターコードの短い断片の文字列であると識別できるような外見のコンテンツを表示します。
38 &lt;col&gt; HTML, HTML 表形式データ, Reference, Web, テーブル, 要素
HTML の <col> 要素は、表内の列を定義して、すべての一般セルに共通の意味を定義するために使用します。この要素は通常、 <colgroup> 要素内にみられます。
39 &lt;colgroup&gt; HTML, HTML 表形式データ, ウェブ, テーブル, リファレンス, 要素
HTML の <colgroup> 要素は、表内の列のグループを定義します。
40 &lt;command&gt;: HTML コマンド要素 HTML, HTML コマンド, HTML 要素, HTML5, Obsolete, コマンド
HTML のコマンド要素 (<command>) はユーザーが実行することができるコマンドを表します。コマンドは普通、メニューやツールバーのコンテンツの一部として使われます。
41 &lt;content&gt;: シャドウ DOM のコンテンツのプレイスホルダー要素 Deprecated, Element, HTML, NeedsContent, Reference, Web, Web Components
HTML の <content> 要素は、一連のウェブコンポーネント技術の廃止された部分であり、 Shadow DOM の中で insertion point として使われていましたが、通常の HTML で利用することは意図されていませんでした。
42 &lt;data&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <data> 要素は、与えられたコンテンツの機械可読な翻訳にリンクします。コンテンツが時刻または日付に関連するものであれば、 <time> 要素を使用する必要があります。
43 &lt;datalist&gt; HTML, HTML フォーム, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, フォーム, リファレンス, 要素
HTML の <datalist> 要素は、他のコントロールで利用可能な値を表現する一連の <option> 要素を含みます。
44 &lt;dd&gt;: 詳細説明要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <dd> 要素は、定義リスト要素(<dl>)における、定義語(<dt>)の詳細または定義を表します。
45 &lt;del&gt;: 削除文字列要素 HTML, HTML 編集, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, 削除文字列, 要素
HTML の <del> 要素は、文書から削除された文字列の範囲を表します。
46 &lt;details&gt;: 詳細折りたたみ要素 HTML, HTML 対話的要素, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, details, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の詳細折りたたみ要素 (<details>) は、ウィジェットが open 状態になった時のみ情報が表示される折りたたみウィジェットを作成します。
47 &lt;dfn&gt;: 定義要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の定義要素 (<dfn>) は、定義句や文の文脈の中で定義している用語を示すために用いられます。
48 &lt;dialog&gt;: ダイアログ要素 Dialog, Experimental, HTML, HTML 対話操作, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分化ルート, Reference, ウェブ, ダイアログ, 要素
HTML の <dialog> 要素は、ダイアログボックスやインスペクターやウィンドウのようなそのほかの対話的コンポーネントを表します。
49 &lt;dir&gt;: ディレクトリ要素 (廃止) HTML, HTML コンテンツグループ化, Obsolete, Reference, Web, 要素
廃止された HTML のディレクトリ要素 (<dir>) は、 ユーザーエージェントが適用するスタイルやアイコンを用いて表示する、ファイルやフォルダーのディレクトリのコンテナとして使われます。この要素は廃止されたので使わないでs下さい。代わりに、ファイル一覧を含め、一覧には <ul> 要素を使用してください。
50 &lt;div&gt;: コンテンツ分割要素 HTML, HTML コンテンツのグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の コンテンツ分割要素 (<div>) は、フローコンテンツの汎用コンテナーです。 CSS を用いてスタイル付けがされるまでは、コンテンツやレイアウトには影響を与えません。
51 &lt;dl&gt;: 説明リスト要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <dl> 要素は、説明リストを表します。この要素は、一連の用語(<dt> 要素を使用して指定)と説明(<dd> 要素によって提供)をリスト化したものです。一般的な使用例として、用語集の作成やメタデータ(キーと値のペアのリスト)の表示が挙げられます。
52 &lt;dt&gt;: 説明用語要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, ウェブ, リファレンス, 定義リスト, 要素
HTML の <dt> 要素は、説明又は定義リストの中で用語を表す部分であり、 <dl> の子要素としてのみ用いることができます。
53 &lt;element&gt;: カスタム要素 (廃止) Element, HTML, NeedsContent, Reference, Web, Web Components
廃止された HTML の <element> 要素は、ウェブコンポーネントの仕様書の一部でした。新しいカスタム DOM 要素を定義するために使用することを意図していました。
54 &lt;em&gt;: 強調要素 HTML, HTML フローコンテンツ, HTML 文字レベルの意味付け, HTML 知覚可能コンテンツ, HTML 記述コンテンツ, font-style, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <em> 要素は、強調されたテキストを示します。<em> 要素は入れ子にすることができ、入れ子の段階に応じてより強い程度の強調を表すことができます。
55 &lt;embed&gt;: 埋め込み外部コンテンツ要素 HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <embed> 要素は、外部のコンテンツを文書中の指定された場所に埋め込みます。コンテンツは外部アプリケーションや、対話型コンテンツの他の出所(ブラウザーのプラグインなど)によって提供されます。
56 &lt;fieldset&gt;: フィールドセット要素 Element, HTML, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, Reference, Web, フォーム
HTML の <fieldset> 要素は、ウェブフォーム内のラベル (<label>) などのようにいくつかのコントロールをグループ化するために使用します。
57 &lt;figcaption&gt; HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference, 要素
HTML の <figcaption> 要素は、もしあれば、親の <figure> 要素における残りのコンテンツのキャプションや凡例を表します。
58 &lt;figure&gt; HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分化ルート, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, 要素
HTML の <figure> 要素は、図表などの自己完結型のコンテンツを表す要素であり、多くの場合、キャプション(<figcaption>)と一緒に使用され、ふつう1つの単位として参照されます。
59 &lt;font&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web, 廃止
フォント要素<font>)はその内包するテキストの、フォントサイズ、文字色、使用フォントを定義します。
60 &lt;footer&gt; HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, リファレンス, 要素
HTML の <footer> 要素 は、直近の区分コンテンツまたは区分化ルート要素のフッターを表します。フッターには通常、そのセクションの著作者に関する情報、関連文書へのリンク、著作権情報等を含めます。
61 &lt;form&gt; HTML, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, ウェブ, フォーム, 要素
HTML の <form> 要素は、ウェブサーバーに情報を送信するための対話型コントロールを含む文書の区間を表します。
62 &lt;frame&gt; Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
<frame> は、別の HTML 文書を表示できる個々の領域を定義する HTML 要素です。 frame 要素は <frameset> の内部で使用します。
63 &lt;frameset&gt; Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
HTML の <frameset> 要素は、 <frame> 要素を包含するために使用する HTML 要素です。
64 &lt;h1&gt;–<h6>: HTML の見出し要素 HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:見出しコンテンツ, Reference, Web, ウェブ, リファレンス
HTML の <h1><h6> 要素は、セクションの見出しを6段階で表します。 <h1> が最上位で、 <h6> が最下位です。
65 &lt;head&gt;: 文書メタデータ(ヘッダー)要素 Element, HTML, HTML 文書メタデータ, Reference, Web, ウェブ, 要素
HTML の <head> 要素は、文書に関する全般的な情報(メタデータ)を内包する要素です。文書のタイトルや、スクリプトおよびスタイルシートへのリンクを内包できます。
66 &lt;header&gt; Element, HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, 要素
HTML の <header> 要素は、導入的なコンテンツ、特に導入部やナビゲーションの等のグループを表します。見出しを含む以外に、ロゴ、検索フォーム、作者名なども含めることができます。
67 &lt;hgroup&gt; Experimental, HTML, HTML セクション, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:見出しコンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <hgroup> 要素は、文書のセクションの、複数レベルの見出しを表します。これは <h1>–<h6> 要素のセットをグループ化します。
68 &lt;hr&gt;: 主題分割 (水平線) 要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <hr> 要素は、段落レベルの要素間において、テーマの意味的な区切りを表します。例えば、物語のシーンの切り替えや、節における話題の転換などです。
69 &lt;html&gt;: HTML 文書 / ルート要素 HTML, HTML ルート要素, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <html> 要素は HTML 文書においてルート (基点) となる要素 (トップレベル要素) であり、ルート要素とも呼ばれます。他のすべての要素は、この要素の子孫として配置しなければなりません。
70 &lt;i&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, font-style, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <i> 要素は、何らかの理由で他のテキストと区別されるテキストの範囲を表します。例えば、技術用語、外国語のフレーズ、架空の人物の思考などです。英文においてはよく斜体で表示されるものです。
71 &lt;iframe&gt;: インラインフレーム要素 Content, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, embedded, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML のインラインフレーム要素 (<iframe>) は、入れ子になった閲覧コンテキストを表現し、現在の HTML ページに他のページを埋め込むことができます。
72 &lt;image&gt;: 廃止された画像要素 HTML, HTML リファレンス, HTML 要素, HTML 要素リファレンス, Non-standard, Obsolete, 標準外, 要素
廃止されたHTML 画像要素 (<image>) は、時間の霧の中で失われた古代版の HTML の廃止された残骸です。代わりに標準の <img> 要素を使用してください。
73 &lt;img&gt;: 埋め込み画像要素 Content, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Web, embedded, ウェブ, グラフィック, マルチメディア, リファレンス, 画像, 要素
HTML の <img> 要素は、文書に画像を埋め込みます。これは置換要素です。
74 &lt;input&gt;: 入力欄 (フォーム入力) 要素 HTML, HTML input tag, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, データ入力, フォーム, 要素
HTML の <input> 要素は、ユーザーからデータを受け取るための、ウェブベースのフォーム用の対話的なコントロールを作成するために使用します。
75 &lt;input type="button"&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, input 要素, フォーム, ボタン, 入力, 要素
<input> 要素の button 型は、単純なプッシュボタンとして描画され、イベントハンドラー関数 (ふつうは click イベント) を割り当てることで、ウェブページのあらゆる場所でカスタム機能を制御するようにプログラムすることができます。
76 &lt;input type="checkbox"&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, checkbox, チェックボックス, フォーム, 入力型, 要素
<input> 要素の checkbox 型は、既定で四角い箱として描画され、政府の書類で見られるように、有効な時にはチェックが入ります。これによって、フォームで単一の値を選択して (または選択せずに) 送信することができます。
77 &lt;input type="color"&gt; Color Picker, Element, HTML, HTML input, HTML フォーム, Reference, color, フォーム, 入力型, 色
<input> 要素の "color" は視覚的なインターフェイス、もしくは "#rrggbb" の16進数表記でテキストを入力することでユーザーが色を指定することができます。
78 &lt;input type="date"&gt; HTML, HTML フォーム, Input Element, Reference, フォーム, フォーム入力, 入力型, 日付, 日付選択, 要素
<input> 要素の date 型は、中身を自動的に検証するテキストボックスまたは特殊な日付選択インターフェイスを使用して、ユーザーに日付を入力させる入力フィールドを生成します。
79 &lt;input type="datetime"&gt; HTML, HTML フォーム, Obsolete, Reference, datetime, input 要素, フォーム, 入力型, 要素
HTML の <input type="datetime"> は日付と時刻(時、分、秒と小数点以下の秒)をタイムゾーンの中で入力するコントロールでした。この機能は WHATWG HTML 仕様書から削除され、もうブラウザーでは対応されていません。
80 &lt;input type="datetime-local"&gt; HTML, HTML フォーム, フォーム入力, リファレンス, 入力, 入力型, 日付, 日時, 時刻, 要素
<input> 要素の datetime-local 型は、ユーザーが簡単に日付と時刻、つまり年、月、日と時、分を入力することができる入力コントロールを生成します。ユーザーのローカルタイムゾーンが使用されます。
81 &lt;input type="email"&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, フォーム, メールアドレス, 入力型
<input> 要素の email 型は、ユーザーに一つのメールアドレス、または、 multiple 属性が設定されていた場合は、メールアドレスのリストを入力および編集させるために使用します。
82 &lt;input type="file"&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, ディレクトリ選択, ファイル, ファイル選択, フォーム入力欄, 入力型
type="file" 型の <input> 要素は、ユーザーが一つまたは複数のファイルを端末のストレージから選択することができるようにします。選択されると、ファイルはフォーム投稿を使用してサーバーにアップロードしたり、 JavaScript コードと File API を使用して操作したりすることができます。
83 &lt;input type="hidden"&gt;
<input> 要素の hidden 型は、フォームの送信時にユーザーが見たり変更したりすることができないデータをウェブ開発者が含めることができます。例えば、現在注文中又は編集中の ID や、一意のセキュリティトークンなどに利用できます。隠し入力欄はページの表示で完全に非表示になり、ページの中で表示させる方法はありません。
84 &lt;input type="image"&gt; HTML, HTML フォーム, HTML 画像ボタン, Input, Reference, フォーム, フォーム画像, フォーム画像ボタン, 入力型, 画像ボタン, 要素
<input> 要素の image 型は、テキストではなく画像の形をとる送信ボタン、すなわち送信ボタンを作成するために使用されます。
85 &lt;input type="month"&gt; HTML, HTML input, HTML フォーム, Input, Reference, month, フォーム, フォーム入力, 要素
<input> 要素の month 型は、ユーザーが年と月を入力できるようにする入力フィールドを作成し、年と月を簡単に入力できるようにします。値は YYYY-MM の形式の文字列で、 YYYY は4桁の年、 MM は月の番号です。
86 &lt;input type="number"&gt; HTML, HTML フォーム, Input, Input Element, Number, Reference, フォーム, リファレンス, 入力型, 要素
<input> 要素の number 型は、ユーザーに数値を入力させるために使用されます。数値以外の入力を除外するための値検証機能を内蔵しています。
87 &lt;input type="password"&gt; HTML, HTML フォーム, HTML 入力型, Reference, ウェブ, パスワード, フォーム, 入力型, 要素
<input> 要素の password 型は、パスワードを安全に入力する方法を提供します。
88 &lt;input type="radio"&gt; HTML, HTML フォーム, HTML 入力型, HTML 入力欄, Reference, オプション, フォーム, ラジオグループ, ラジオボタン, 入力型, 要素
<input> 要素の radio 型は、一般にラジオグループ、すなわち関連するオプションの組み合わせを示すラジオボタンの集まりです。
89 &lt;input type="range"&gt;
<input> 要素の range 型は、ユーザーに一定の値より小さくなく、別な一定の値より大きくない数値を指定させるために使用します。しかし、厳密な値は重要であるとはされません。これは通常、 number 入力型のようなテキスト入力ボックスではなく、スライダーやダイアルコントロールを用いて表現されます。
90 &lt;input type="search"&gt; HTML, HTML フォーム, フォーム, フォーム入力, リファレンス, 入力型, 検索
search" 型の<input> 要素は、ユーザーが検索クエリを入力するために設計されたテキスト入力欄です。 text 入力欄と機能的には同じですが、ユーザーエージェントは別なスタイルを適用するかもしれません。
91 &lt;input type="submit"&gt; HTML, HTML フォーム, Input, Reference, フォーム, フォームボタン, フォーム入力, ボタン, 入力型, 要素, 送信, 送信ボタン
<input> 要素の submit 型は、ボタンとして描画されます。 click イベントが発生したとき (ふつうはユーザーがボタンをクリックしたとき)、ユーザーエージェントはサーバーへフォームを送信しようとします。
92 &lt;input type="tel"&gt; HTML, HTML フォーム, HTML 入力欄, Input, Reference, tel, フォーム, フォーム入力, 入力欄, 要素, 電話番号
<input> 要素の tel 型は、ユーザーに電話番号を入力または編集させるために使用します。 <input type="email"><input type="url"> とは異なり、送信前に値が特定の書式であると自動的には検証されません。電話番号の書式は世界中で様々だからです。
93 &lt;input type="text"&gt; HTML, HTML フォーム, テキスト, フォーム, フォーム入力, 入力型, 入力欄
<input> 要素の text 型は、基本的な単一行のテキスト入力欄を生成します。
94 &lt;input type="time"&gt; HTML, HTML フォーム, HTML 入力型, HTML 入力欄, Input, Reference, Time, input 要素, フォーム, 入力欄, 時刻, 要素
time 型の <input> 要素は、ユーザーが簡単に時刻 (時と分、任意で秒) を入力できるように設計された入力欄を生成します。
95 &lt;input type="url"&gt; Element, HTML, HTML フォーム, HTML 入力型, Reference, Text, URL, コントロール, フォーム, フォームコントロール, フォーム入力, 入力, 入力型, 要素
<input> 要素の url 型は、ユーザーに URL を入力および編集させるために使用します。
96 &lt;input type="week"&gt; HTML, HTML フォーム, HTML 入力型, HTML 入力欄, Reference, input 要素, フォーム, 入力型, 入力欄, 要素, 週
<input> 要素の week 型は、年と、その年の ISO 8601 週番号 (つまり、第1週から第52または53週) を簡単に入力することができる入力欄を生成します。
97 &lt;ins&gt; HTML, HTML 編集, Web, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <ins> 要素は、文書に追加されたテキストの範囲を表します。
98 &lt;isindex&gt; Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
<isindex> は廃止された HTML 要素であり、文書に問い合わせを行うためのテキストフィールドをページに追加します。
99 &lt;kbd&gt;: キーボード入力要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, キーボード, リファレンス, 要素
HTML のキーボード入力要素 (<kbd>) はキーボード、音声入力、その他の入力端末からのユーザーによる文字入力を表す行内の文字列の区間を表します。
100 &lt;keygen&gt; Deprecated, Element, HTML, HTML フォーム, HTML5, Reference, Web, フォーム
HTML の <keygen> 要素は、鍵の材料の生成を容易にするため、および HTML フォームの一部として公開鍵を送信するための要素です。この仕組みは、ウェブベースの証明書管理システムと合わせて使用するものとして設計されています。証明書の要求に必要な他の情報を伴う HTML フォームで <keygen> 要素を使用して、その処理結果が署名済み証明書になることを想定しています。
101 &lt;label&gt; HTML, HTML フォーム, ウェブ, フォーム, リファレンス, 要素
HTML の <label> 要素は、ユーザーインターフェイスの項目のキャプションを表します。
102 &lt;legend&gt; Element, HTML, HTML フォーム, Reference, Web, フォーム
HTML の <legend> 要素は、その親要素である <fieldset> の内容のキャプションを表します。
103 &lt;li&gt; HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference, ウェブ, リスト, 要素
HTML の <li> 要素は、リストの項目を表すために用いられます。この要素は、その項目が属する順序付きリスト (<ol>)、順序なしリスト (<ul>)、メニュー (<menu>) のいずれかの子要素として配置する必要があります。メニュー要素および順序なしリスト内においては、リストの項目は通常、行頭文字伴って表示され、順序付きリスト内では、数字や文字による連番のリストマーカーを伴って表示されます。
104 &lt;link&gt;: 外部リソースへのリンク要素 HTML, HTML 文書メタデータ, HTML:メタデータコンテンツ, Reference, ウェブ, メタデータ, リンク, 要素
HTML 外部リソースへのリンク要素 (<link>) は、現在の文書と外部のリソースとの関係を指定します。この要素はスタイルシートへのリンクに最もよく使用されますが、サイトのアイコン ("favicon" スタイルのアイコンとモバイルのホーム画面/アプリのアイコンの両方) の確立や、その他のことにも使用されます。
105 &lt;listing&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML の Listing 要素 (<listing>) は、開始タグと終了タグの間にあるテキストを HTML として解釈せず、等幅フォントを使用して表示します。HTML 2 標準では、1 行が 132 文字を超えない場合は改行すべきではないと勧告しています。
106 &lt;main&gt; HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, main, 要素
HTML の <main> 要素は、文書の <body> の主要な内容を表します。主要な内容とは、文書の中心的な主題、またはアプリケーションの中心的な機能に直接関連または拡張した内容の範囲のことです。
107 &lt;map&gt; HTML, HTML コンテンツの埋め込み, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, マルチメディア, リファレンス, 要素
HTML の <map> 要素はイメージマップ (クリック可能なリンク領域) を定義するために <area> 要素とともに使用します。
108 &lt;mark&gt;: 文字列マーク要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, マーク, 強調, 要素
HTML の文字列マーク要素 (<mark>) は、周囲の文脈の中でマークを付けた部分の関連性や重要性のために、参照や記述の目的で目立たせたり強調したりする文字列を表します。
109 &lt;marquee&gt;: マーキー要素 (廃止) HTML, Obsolete, marquee, ウェブ, リファレンス, 廃止, 要素
HTML の <marquee> 要素はテキストがスクロールする領域を挿入します。要素の属性を使用して、テキストがコンテンツ領域の端に達したときにどうするかを制御できます。
110 &lt;menu&gt; HTML, HTML 対話型コンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, メニュー, ユーザーインターフェイス, リファレンス, 要素, 際とナビゲーション
HTML の <menu> 要素は、ユーザーが実行またはアクティブ化可能なコマンドのグループを表します。これはスクリーンの上部にあるリストメニューや、ボタンを押したときにボタンの下部に現れるようなコンテキストメニューを含みます。
111 &lt;menuitem&gt; Deprecated, HTML, HTML 対話操作, HTML5, Reference, Web, 要素
HTML の <menuitem> 要素は、ユーザーがポップアップメニューから実行できるコマンドをあらわします。メニューボタンに割り当てるメニューはもちろん、コンテキストメニューも含みます。
112 &lt;meta&gt;: 文書レベルメタデータ要素 HTML, HTML マイクロデータ, HTML 文書メタデータ, HTML:フローコンテンツ, HTML:メタデータコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, メタデータ, リファレンス, 文書, 要素
HTML の <meta> 要素は、他のメタ関連要素 (<base>, <link>, <script>, <style>, <title>) で表すことができない任意のメタデータを提示します。
113 &lt;meter&gt; HTML, HTML フォーム, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, フォーム, 要素
HTML の <meter> 要素は、既知の範囲内のスカラー値、または小数値を表します。
114 &lt;multicol&gt;: HTML 段組みレイアウト要素(廃止) Element, HTML, Non-standard, Obsolete, Reference, 段組み
HTML の段組みレイアウト要素 (<multicol>) は段組みレイアウトを実現するために設計された実験的な要素でしたが、使用しないでください。
115 &lt;nav&gt;: ナビゲーションセクション要素 Element, HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Sections, Web, nav, ウェブ, セクション, ナビゲーション, リファレンス, リンク, 要素
HTML の <nav> 要素は、現在の文書内の他の部分や他の文書へのナビゲーションリンクを提供するためのセクションを表します。ナビゲーションセクションの一般的な例としてメニュー、目次、索引などがあります。
116 &lt;nobr&gt;: 無改行文字列要素(廃止) HTML, Non-standard, Obsolete, Reference, nobr, ウェブ, リファレンス, 標準外, 要素
標準外かつ廃止された HTML の <nobr> 要素は、その内包する文字列の自動改行を無効化します。行内におさまらない文字列は、領域からはみ出てレンダリングされるか、スクロールバーを伴って表示されます。
117 &lt;noembed&gt;: 埋め込みフォールバック要素(廃止) Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, Non-standard, Obsolete, Reference, noembed, 埋め込み, 埋め込みコンテンツ
<noembed> 要素は廃止された、標準外の方法であり、<embed> 要素に対応していないブラウザーや、ユーザーが仕様とした種類の埋め込みコンテンツに対応していないブラウザーで代替または「フォールバック」コンテンツを提供するものです。
118 &lt;noframes&gt;: フレームフォールバック要素 HTML, HTML フレーム, Obsolete, noframes, ウェブ, フレーム, リファレンス, 要素
<noframes> は、古い HTML における No Frames または frame fallback 要素であり、 <frame> 要素に対応していない(または対応を無効化した)ブラウザーのためのコンテンツを提供します。
119 &lt;noscript&gt; Element, HTML, HTML スクリプト, HTML:フローコンテンツ, HTML:メタデータコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
NoScript 要素(<noscript>)はページで使用中のスクリプト言語が閲覧者のブラウザーでサポートされていないタイプである場合や、ブラウザーの設定でスクリプトが無効にされている場合に表示するセクションを表します。
120 &lt;object&gt; HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <object> 要素は、画像、内部の閲覧コンテキスト、プラグインによって扱われるリソースなどのように扱われる外部リソースを表現します。
121 &lt;ol&gt;: 順序付きリスト要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <ol> 要素は、項目の順序付きリストを表し、ふつうは番号付きのリストとして表示されます。
122 &lt;optgroup&gt; HTML, HTML フォーム, ウェブ, フォーム, リファレンス, 要素
HTML の <optgroup> 要素は、ウェブフォームにおいて <select> 要素内の、選択肢 (<option>) のグループを作成します。
123 &lt;option&gt; HTML, HTML フォーム, ウェブ, フォーム, リファレンス, 要素
HTML の <option> 要素は、 <select> 要素、<optgroup> 要素、<datalist> 要素内で項目を定義するために使われます。したがって、<option> は HTML 文書でポップアップメニューのメニュー項目や、その他の項目の一覧を表すことができます。
124 &lt;output&gt;: 出力要素 HTML, HTML フォーム, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, フォーム, リファレンス, 要素
HTML の出力要素 (<output>) は、サイトやアプリが計算結果やユーザー操作の結果を挿入することができるコンテナー要素です。
125 &lt;p&gt;: 段落要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <p> 要素は、テキストの段落を表します。
126 &lt;param&gt;: オブジェクト引数要素 Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, Reference, Web
HTML の <param> 要素は、<object> 要素の引数を定義します。
127 &lt;picture&gt;: 画像要素 HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 画像, 要素
HTML の <picture> 要素は、0個以上の <source> 要素と一つの <img> 要素を含み、様々な画面や端末の条件に応じた画像を提供します。
128 &lt;plaintext&gt;: プレーンテキスト要素 (非推奨) Element, HTML, Obsolete, Reference, Web, ウェブ, 要素
プレーンテキスト要素 (<plaintext>) は、開始タグ以降のすべてを生のテキストとして表示し、それ以降の HTML を無視します。
129 &lt;pre&gt;: 整形済みテキスト要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML <pre> 要素は、整形済みテキスト (preformatted text) を表します。この要素内のテキストは一般的に、ファイル内でのレイアウトをそのまま反映して等幅 ("monospace") フォントで表示されます。この要素内のホワイトスペース文字はそのまま表示します。
130 &lt;progress&gt;: 進捗表示要素 HTML, HTML フォーム, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <progress> 要素は、タスクの進捗状況を表示します。プログレスバーとしてよく表示されます。
131 &lt;q&gt;: 行内引用要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <q> 要素 は、その内容が行内の引用であることを表します。最近の多くのブラウザーでは、文字列を引用符で囲むように実装しています。
132 &lt;rb&gt;: ルビベース要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, ウェブ, テキスト, リファレンス, ルビ, 日本語処理, 要素
HTML ルビベース (<rb>) 要素は、 <ruby> 表記のベースとなるテキストの部分を区切るために使用されます。つまり、修飾される文字列です。
133 &lt;rp&gt;: ルビのフォールバック用括弧要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, Reference, ウェブ, テキスト, ルビ, 日本語処理, 要素
HTML のルビ代替表示用括弧 (<rp>) 要素は、 <ruby> 要素によるルビの表示に対応していないブラウザー向けの代替表示用括弧を提供するために使用します。
134 &lt;rt&gt;: ルビ文字列要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, Reference, ウェブ, ルビ, 日本語処理, 要素
HTML のルビ文字列 (<rt>) 要素は、ルビによる注釈(振り仮名)のルビ文字列の部分を定義し、東アジアの組版において発音、翻訳、音写などの情報を提供するために使用します。 <rt> 要素は常に <ruby> 要素の中で使用されます。
135 &lt;rtc&gt;: ルビ文字列コンテナー要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, ウェブ, リファレンス, ルビ, 日本語処理, 要素
HTML のルビ文字列コンテナー (<rtc>) 要素は、 <ruby> 要素内で使用する <rb> 要素にルビで与える文字列の、意味を表す注釈を包含します。<rb> 要素は発音の注釈 (<rt>) と意味の注釈 (<rtc>) の両方を持つことができます。
136 &lt;ruby&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, ルビ, 日本語処理, 要素
HTML の <ruby> 要素は、ルビ文字による注釈を表します。ルビ文字による注釈は、東アジアの文字の発音 (振り仮名) を表すためのものです。
137 &lt;s&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <s> 要素は取り消し線を引いた文字列を表示します。 <s> 要素はすでに適切または正確ではなくなった事柄を表現します。しかし、文書の修正を示す場合、 <s> 要素は適切ではありません。この場合は <del><ins> の方が適しているので、こちらを使用してください。
138 &lt;samp&gt;: サンプル出力要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, サンプル出力, リファレンス, 要素
HTML のサンプル要素 (<samp>) は、コンピュータープログラムからのサンプル出力を表す行内文字列を含めるために使用されます。
139 &lt;script&gt;: スクリプト要素 HTML, HTML スクリプト, HTML:スクリプト対応要素, HTML:フローコンテンツ, HTML:メタデータコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, スクリプト, 要素
HTML の <script> 要素は、実行できるコードを埋め込んだり参照したりするために使用されます。ふつうは JavaScript のコードの埋め込みや参照に使用されます。
140 &lt;section&gt;: 汎用セクション要素 HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <section> 要素は、 HTML 文書の中で単独のセクション (区間) を表します。セクションを表現するより意味的に具体的な要素がない場合に使用します。
141 &lt;select&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, events, ウェブ, フォーム, リファレンス, 要素
HTML の <select> 要素は、選択式のメニューを提供するコントロールを表します。
142 &lt;shadow&gt;: 廃止されたシャドウルート要素 Deprecated, HTML, Web Components, リファレンス, 要素
HTML <shadow> 要素 (Web Components 技術スイートの廃止された部分) は shadow DOM の insertion point として使用するものでした。
143 &lt;slot&gt; HTML, HTML ウェブコンポーネント, ウェブコンポーネント, シャドウ DOM, リファレンス, 要素
HTML の <slot> 要素ウェブコンポーネント技術の一部 — は、ウェブコンポーネント内で別な DOM ツリーを構築し、いっしょに表示することができる独自のマークアップを入れることができるプレイスホルダーです。
144 &lt;small&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <small> 要素は、テキストのフォントサイズをブラウザーの最小フォントサイズを限度として、一段階縮小します (例えば large から medium へ、 small から x-small へ)。 HTML5 において、表示上のスタイルとは関係なく、この要素は著作権表示や法的表記のような、注釈や小さく表示される文を表すために再提案されました。
145 &lt;source&gt; HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, ウェブ, メディア, リファレンス, 要素
HTML の <source> 要素は、 <picture> 要素、 <audio> 要素、 <video> 要素に対し、複数のメディアリソースを指定します。この要素自体は空要素です。この要素は一般的に、同一のメディアコンテンツをそれぞれのブラウザーに対応した複数のメディア形式で提供する場合に用います。
146 &lt;spacer&gt; HTML, Obsolete, ウェブ, リファレンス, 要素
<spacer> は、ウェブページにホワイトスペースを挿入するための廃止された HTML 要素です。ウェブデザイナーによって用いられていた 1px の透過 GIF 画像 (いわゆるスペーサー GIF) の挿入と同様の効果を実現するために Netscape 社が実装したものです。しかし <spacer> はほとんどの主要ブラウザーで対応されず、また、同様の効果は CSS を用いて実現可能です。
147 &lt;span&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <span> 要素は、記述コンテンツの汎用的な行内コンテナーであり、何かを表すものではありません。スタイル付けのため (class または id 属性を使用して)、または lang のような属性値を共有したりするために要素をグループ化する用途で使用することができます。
148 &lt;strike&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML の打消し線要素<strike>)は、その範囲のテキストを打消し線付きで描画します。
149 &lt;strong&gt;: 強い重要性要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, font-weight, strong, ウェブ, 強調, 要素
HTML の強い重要性要素 (<strong>) は、内容の重要性、重大性、または緊急性が高いテキストを表します。ブラウザーは一般的に太字で描画します。
150 &lt;style&gt;: スタイル情報要素 CSS, HTML, HTML 文書メタデータ, HTML:フローコンテンツ, HTML:メタデータコンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <style> 要素は、文書あるいは文書の一部分のスタイル情報を含みます。
151 &lt;sub&gt;: 下付き文字要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 下付き文字, 要素
HTML の 下付き文字要素 (<sub>) は、表記上の理由で下付き文字として表示するべき行内文字列を指定します。
152 &lt;summary&gt;: 概要明示要素 HTML, HTML 対話的要素, HTML:見出しコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の概要明示要素 (<summary>) は、 <details> 要素の内容の要約、キャプション、説明、凡例を表します。
153 &lt;sup&gt;: 上付き文字要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の 上付き文字要素 (<sup>) は、表記上の理由で上付き文字として表示するべき行内文字列を指定します。
154 &lt;table&gt;: 表要素 HTML, HTML 表形式データ, ウェブ, テーブル, リファレンス, 要素
HTML の <table> 要素は表形式のデータ、つまり、行と列の組み合わせによるセルに含まれたデータによる二次元の表で表現される情報です。
155 &lt;tbody&gt;: テーブル本体要素 HTML, HTML 表形式データ, Reference, Web, テーブル, 要素
HTML の表本体要素 (<tbody>) は、表の一連の行 (<tr> 要素) を内包し、その部分が表 (<table>) の本体部分を構成することを表します。
156 &lt;td&gt;: 表データセル要素 HTML, HTML 表形式データ, Reference, ウェブ, セル, テーブル, データセル, 要素
HTML の <td> 要素は、表でデータを包含するセルを定義します。これは表モデルに関与します。
157 &lt;template&gt;: コンテンツテンプレート要素 HTML, HTML ウェブコンポーネント, HTML:スクリプト対応要素, HTML:フローコンテンツ, HTML:メタデータコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, ウェブコンポーネント, テンプレート, リファレンス, 要素
HTML のコンテンツテンプレート (<template>) 要素 は、ページの読み込み時に描画されず、後で JavaScript を使用してインスタンスを生成できるクライアント側のコンテンツを保持するメカニズムです。
158 &lt;textarea&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, textarea, ウェブ, フォーム, 要素
HTML の <textarea> 要素は、複数行のプレーンテキスト編集コントロールを表し、レビューのコメントやお問い合わせフォーム等のように、ユーザーが大量の自由記述テキストを入力できるようにするときに便利です。
159 &lt;tfoot&gt;: 表フッター要素 HTML, HTML tabular data, HTML 表形式データ, Reference, ウェブ, 表, 要素
HTML の <tfoot> 要素は、テーブルの列を総括する行のセットを定義します。
160 &lt;th&gt; HTML, HTML 表形式データ, Reference, ウェブ, テーブル, 表, 表見出し, 表見出しセル, 要素
HTML の <th> 要素は、表のセルのグループ用のヘッダーであるセルを定義します。このグループの性質は、scope 属性と headers 属性で定義します。
161 &lt;thead&gt;: 表ヘッダー要素 HTML, HTML 表形式データ, Reference, ウェブ, テーブル, 要素
HTML の <thead> 要素は、表の列の見出しを定義する行のセットを定義します。
162 &lt;time&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 要素
HTML の <time> 要素は、特定の時の区間を表します。
163 &lt;title&gt;: 文書題名要素 HTML, HTML 文書メタデータ, HTML:メタデータコンテンツ, ウェブ, ページ名, ページ題名, リファレンス, 要素
HTML 題名要素 (<title>) は、ブラウザーのタイトルバーやページのタブに表示される文書の題名を定義します。
164 &lt;tr&gt;: 表の行要素 HTML, HTML 表形式データ, Web, tr, tr tag, タグ, テーブル, リファレンス, 表, 要素
HTML の <tr> 要素は、表のひとつの行で構成される <tr> ブロックを内部に持つマークアップを明示します。行の内部で <th> 要素および <td> 要素が、それぞれ見出しやデータのセルを生成します。
165 &lt;track&gt; Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, Multimedia, Reference, Web
HTML の <track> 要素はメディア要素 (<audio> および <video>) の子として使用します。この要素は自動的に処理される字幕など、時間指定されたテキストトラック(または時系列データ)を指定できます。トラックは WebVTT (Web Video Text Tracks) 形式 (.vtt ファイル) 又は Timed Text Markup Language (TTML) で整形します。
166 &lt;tt&gt;: テレタイプテキスト要素 (廃止) HTML, HTML 文字レベルの意味付け, Obsolete, Reference, Web, 要素
廃止された HTML テレタイプテキスト要素 (<tt>) は、ユーザーエージェントの既定の等幅フォントで表示される行内文字列を生成します。
167 &lt;u&gt;: 非言語的注釈 (下線) 要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, 下線, 要素
HTML の非言語的注釈要素 (<u>) は、非言語的に注釈があることを示す方法で表示する行内テキストの区間を示します。
168 &lt;ul&gt;: 順序なしリスト要素 HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, リファレンス, 要素
HTML の <ul> 要素は、項目の順序なしリストを表します。一般的に、行頭記号を伴うリストとして描画されます。
169 &lt;var&gt;: 変数要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, var, ウェブ, 変数, 要素
HTML の変数要素 (<var>) は、数式やプログラムコード内の変数の名前を表します。
170 &lt;video&gt;: 動画埋め込み要素 HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話的コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, ウェブ, マルチメディア, メディア, 要素
HTML の映像要素 (<video>) は、文書中に映像再生に対応するメディアプレイヤーを埋め込みます。
171 &lt;wbr&gt; HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, ウェブ, リファレンス, 要素
HTML の <wbr> 要素は、改行可能位置 — テキスト内でブラウザーが任意で改行してよい位置を表しますが、この改行規則は必要のない場合は改行を行いません。
172 &lt;xmp&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
xmp (Example) 要素 (<xmp>) は、その開始タグから終了タグまでの間の HTML タグを HTML として解釈せず、等幅フォントでレンダリングします。HTML2 はこれが 1 行当たり 80 文字を表示するのに充分な幅でレンダリングするよう推奨しています。
173 h1 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
174 h2 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
175 h3 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
176 h4 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
177 h5 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
178 h6 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
179 Microformats
Microformats (μF と略記されることもあります) は、セマンティクスをHTML に埋め込み、検索エンジン、アグリゲータ、およびその他のツールで使用する API をすぐに提供するために使用される単純な規則です。これらの小さなパターンの HTMLは人、組織、イベント、場所など基本的なものからドメイン固有の情報まで、エンティティをマーキングするために使用されます。

彼らのシンプルなフォーマットは、マシンにとって便利なだけでなく、誰でも読むことができます。

マイクロフォーマット用にいくつかの既存のライブラリが特別に開発されており、hCardとhCalendarに限定されるものではありません。

マイクロフォーマットは、すべての主要な検索エンジンでサポートされています。
180 crossorigin 属性: コンテンツへの CORS アクセスの要求 Advanced, CORS, HTML, Reference, Security
HTML5 では、 CORS への対応が <img>, <video>, <script> など一部の HTML 要素で行われ、 crossorigin 属性 (crossOrigin プロパティ) で、要素が取得するデータに関する CORS リクエストを構成することができます。
181 rel="preload" によるコンテンツの先読み Guide, HTML, as, preload, リンク, 先読み
HTML の <head> 要素内において、 <link> 要素で rel 属性に preload を指定することで、読み込み後すぐにページに必要なリソース、つまりページ読み込みの過程の初期の、ブラウザの主なレンダリング機構が起動する前に、先読みを始めたいものを指定する宣言的なフェッチ要求を記述することができます。これにより、ページの最初のレンダリングがブロックされにくくなり、パフォーマンスが向上します。この記事では preload がどのように動作するのかについての基本的なガイドを提供します。
182 アプリケーションキャッシュの使用 Advanced, HTML, appcache, アプリケーションキャッシュ, ウェブキャッシュ, ガイド
HTML5 はウェブベースのアプリケーションをオフラインで実行できるようにするためのアプリケーションキャッシュメカニズムを提供します。開発者は、ブラウザーがキャッシュし、オフライン状態のユーザーが利用できるようにすべきリソースを指定するために Application Cache (AppCache) インターフェースを利用できます。キャッシュが行われたアプリケーションは、ユーザーがオフラインになったときに更新ボタンを押した場合でも、正常に読み込まれ、正常に動作します。
183 インライン要素 Beginner, HTML, HTML 要素, HTML:Element Reference, Reference, インライン要素, レイアウト, 要素
インライン要素は、コンテンツの流れを分断せずに、要素を定義するタグで囲まれた範囲だけを占有するものです。
184 グローバル属性 HTML, Web, グローバル属性, リファレンス, 属性
グローバル属性は、すべての HTML 要素で共通の属性です。すべての要素で使用できますが、要素によっては効果がないこともあります。
185 accesskey HTML, グローバル属性, リファレンス
accesskey グローバル属性は、現在の要素のショートカットキーを生成するためのヒントを与えます。この属性は空白で区切った表示可能な文字 (キーボードから生成できるアクセント付き文字やその他の文字を含む) から成ります。
186 autocapitalize Autocapitalize, HTML, Reference, ウェブ, グローバル属性
autocapitalize グローバル属性は列挙型の属性で、ユーザーによって入力/編集されたとき、入力文字列の先頭大文字化が自動的に行われるかどうか、どのように行われるかを制御します。
187 class HTML, グローバル属性, リファレンス
class グローバル属性 は、要素のクラスを空白区切りで並べたリストです。クラスは CSS の クラスセレクター や JavaScript の DOM メソッド document.getElementsByClassName といった関数により、特定の要素を選択したり特定の要素にアクセスしたりすることを可能にします。
188 contenteditable HTML, contenteditable, グローバル属性, テキスト編集, リファレンス
contenteditable グローバル属性は、ユーザーによる要素の編集が可能かを示す列挙型属性です。可能である場合、ブラウザーは要素のウィジェットを編集可能なものに変更します。
189 contextmenu HTML, Reference, contextmenu, グローバル属性
contextmenu グローバル属性 は、当該要素のコンテキストメニューとして使用する <menu> 要素の id です。
190 data-* HTML, カスタムデータ属性, グローバル属性, データ属性, リファレンス
data-* グローバル属性カスタムデータ属性と呼ばれる属性の組を作り、HTML と、スクリプトによる DOM 表現との間で、固有の情報を交換できるようにします。
191 dir BiDi, HTML, グローバル属性, リファレンス, 書字方向
dir グローバル属性 は、要素のテキストの書字方向を示す列挙型属性です。
192 draggable HTML, グローバル属性, リファレンス
draggable グローバル属性 は、HTML ドラッグ&ドロップ API を使用して要素をドラッグすることが可能かを示す列挙型属性です。
193 dropzone Experimental, HTML, Reference, グローバル属性, ドラッグ&ドロップ
dropzone グローバル属性 は、 HTML Drag and Drop API を使用して要素上にどのようなコンテンツをドロップできるかを示す列挙型属性です。以下の値を使用できます。
194 hidden HTML, Reference, hidden, グローバル属性
hidden グローバル属性 は、要素はまだ、あるいはもはや関連性がないことを示す論理型属性です。例えば、ログインのプロセスが完了するまで使えない要素を隠すために使用できます。
195 id HTML, グローバル属性, リファレンス
id グローバル属性 は、文書全体で一意でなければならない識別子 (ID) を定義します。この属性の用途は、リンク (フラグメント識別子を使用)、スクリプト、スタイル (CSS を使用) で要素を特定することです。
196 is HTML, Reference, is, グローバル属性
is グローバル属性で、標準の HTML 要素が定義されたカスタム内蔵要素のように振舞うよう指定することができます (詳しくは カスタム要素の使用 を参照してください)。
197 itemid HTML, HTML マイクロデータ, Reference, itemid, グローバル属性, マイクロデータ, 属性
itemid グローバル属性は、項目の固有でグローバルな識別子の形でマイクロデータを提供します。
198 itemprop HTML, HTML マイクロデータ, Reference, グローバル属性, マイクロデータ, 属性
itemprop グローバル属性グローバル属性は、アイテムにプロパティを追加するために使用します。すべての HTML 要素に itemprop 属性を設定することができ、 itemprop は名前と値の組み合わせで構成されます。名前と値の組み合わせはプロパティと呼ばれ、1つまたは複数のプロパティでアイテムを構成します。プロパティ値は文字列又は URL のどちらかで、 <audio>, <embed>, <iframe>, <img>, <link>, <object>, <source> , <track>, <video> など、広範にわたる要素と関連付けすることができます。
199 itemref HTML, HTML マイクロデータ, Reference, グローバル属性, マイクロデータ, 属性
グローバル属性itemref プロパティは、 itemscope 属性を持つ要素の子孫でない場合、 itemref を使用してアイテムと関連付けができます。
200 itemscope HTML, HTML マイクロデータ, グローバル属性, マイクロデータ, リファレンス, 属性
itemscope は論理型のグローバル属性で、関連付けられたメタデータのスコープを定義します。 itemscope 属性を要素に指定すると、要素に関連付けられた数々の名前と値の組み合わせを持つ新しいアイテムを作成します。
201 itemtype HTML, HTML マイクロデータ, Reference, グローバル属性, マイクロデータ, 属性
グローバル属性itemtype は、データ構造の中で itemprop (項目のプロパティ)を定義するのに使われる語彙の URL を指定します。
202 lang HTML, グローバル属性, リファレンス
lang グローバル属性は、要素の言語の定義に使われます。編集不可の要素では記述されている言語、また、編集可能な要素ではユーザーが書き込むべき言語です。属性には単一の「言語タグ」を Tags for Identifying Languages (BCP47) で定義された書式で持ちます。
203 slot HTML, グローバル属性, リファレンス
slot グローバル属性 は shadow DOM シャドーツリー内の slot をある要素に割り当てます。 slot 属性をもつ要素は、name 属性の値がその slot 属性の値と一致する <slot> 要素により生成された slot に割り当てられます。
204 spellcheck HTML, グローバル属性, リファレンス
spellcheck グローバル属性は、要素でスペルミスのチェックを行うかを定義する列挙型属性です。
205 style HTML, グローバル属性, スタイル, リファレンス
style グローバル属性は、要素に適用する CSS スタイル宣言を包含します。なお、スタイルは別のファイルで定義することが推奨されます。この属性と <style> 要素の主な用途は、例えばテストのために、すばやくスタイルを適用できるようにすることです。
206 tabindex HTML, グローバル属性, リファレンス
tabindex グローバル属性は、要素が入力フォーカスを持てる場合に、キーボードの順次ナビゲーション (ふつうは名前の由来である Tab キーによる) に加わるかどうか、どの位置に加わるかを示します。
207 title HTML, Reference, Title, グローバル属性
title グローバル属性は、要素に関するアドバイザリー情報を表すテキストを含みます。
208 translate Experimental, HTML, Reference, グローバル属性
translate グローバル属性 は列挙型属性で、要素の翻訳可能な属性の値や Text 子ノードを、ページをローカライズする際に翻訳するべきか、あるいは変更せずにおくかを指定します。
209 ブロックレベル要素 Beginner, HTML, HTML5, Web, ガイド, 初心者, 要素, 開発
HTML (Hypertext Markup Language) の要素は従来、 「ブロックレベル」要素または 「インライン」要素のいずれかに分類されてきました。既定では、ブロックレベル要素は親要素 (コンテナー) の領域全体を占有して、「ブロック」を生成します。この記事では、ブロックレベル要素が意味することを説明します。
210 マイクロデータ Example, HTML, HTML マイクロデータ, SEO, マイクロデータ, 制作, 検索
マイクロデータは、 WHATWG HTML 標準の一部であり、ウェブページ上の既存のコンテンツ内でメタデータをネストするために使用されます。[1] 検索エンジン、ウェブクローラー、そしてウェブブラウザーは、ウェブページからマイクロデータを抽出して処理し、ユーザーによりリッチなブラウジング体験を提供するために使用することができます。検索エンジンは、ウェブページ上の情報を理解し、ユーザーにより関連性の高い結果を提供することを可能にするため、この構造化されたデータを直接利用できることから大きな利益を得ます。マイクロデータは、値をプロパティに割り当てるためにアイテムと名前と値の組み合わせを記述するためのサポート語彙を使用します。マイクロデータは、機械可読なタグとともに HTML 要素に注釈する、 RDFa や Microformats の同様のアプローチよりも簡単な方法を提供する試みです。
211 リンク種別 HTML, HTML リンク, リファレンス, リンク, リンク種別
HTML では、以下のようなリンク種別で <a>, <area>, <link> 要素を使用して他へリンクするときに二つの文書間の関係を示します。
212 後方互換モードと標準準拠モード Gecko, Guide, HTML, Web Development, Web Standards, XHTML, 要更新
かつてのウェブでは、よく2つのバージョンのページを作成していました。ひとつは Netscape Navigator 向け、もうひとつは Microsoft Internet Explorer 向けです。 W3C がウェブ標準を作成したとき、ウェブ上のほとんどの既存サイトの表示が壊れるため、ブラウザーはウェブ標準を採用し始めることができませんでした。そのためブラウザーは、標準に準拠した新しいサイトと以前の古いサイトを区別して扱うために、2つのモードを導入しました。
213 投機的解析のためのページ最適化 HTML, HTML5
伝統的なブラウザの HTML パーサーはメインスレッドで動作し、</script> タグの後はスクリプトがネットワークから取得されて実行が完了するまでブロックされます。Firefox 4 以降の HTML パーサーは、メインスレッドから分離された投機的解析をサポートします。これは、スクリプトがダウンロードされて、実行されている間、先に解析を進めます。Firefox 3.5 と 3.6 では、HTML パーサーは、スクリプト、スタイルシート、およびストリーム内で先に見つかる画像の投機的なロードを開始します。しかし、Firefox 4 以降の HTML パーサーは、さらに HTML ツリーの構築アルゴリズムを投機的に実行します。これの良い点は、投機が成功した場合に、部分的に取り込まれて既に解析されたスクリプト、スタイルシート、および画像のファイルを再解析する必要がないことです。欠点は、投機が失敗した場合により多くの作業が失われることです。
214 画像とキャンバスをオリジン間で利用できるようにする Advanced, CORS, Canvas, HTML, セキュリティ, リファレンス, 上級者
HTML では画像に crossorigin 属性を提供し、適切な CORS ヘッダーと組み合わせることで、 <img> 要素で定義されている他のオリジンから読み込まれた画像を、 <canvas> の中で現在のオリジンから読み込まれた画像であるかのように扱うことができます。
215 読み込みが速い HTML ページを作成するための Tips Advanced, Guide, HTML, NeedsUpdate, Performance, Web
これらの豆知識は、一般の知識や実験に基づくものです。
利用可能なすべての HTML に関する文書の包括的な索引リストです。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, mfuji09, Marsf
最終更新者: mdnwebdocs-bot,