198 ページあります:

# ページ タグと要約
1 HTML HTML, HTML Tutorials, HTML プログラミング, HTML5, Hyper text, Landing, Learn, Reference, Web, What is HTML
HTML (HyperText Markup Language) はウェブのもっとも基本的な構成要素です。 HTML はウェブページの基本レイアウトに従ってウェブページのコンテンツを記述し定義するものです。 HTML に隣接する他の技術としては、ウェブページの表示や表現を記述するもの (CSS) または機能や振る舞いを記述するもの (JavaScript) があります。
2 CORS Enabled Image Advanced, CORS, Canvas, HTML, Reference, Security
HTML 仕様には <img> 要素に crossorigin 属性が定義されています。この属性と適切な CORS ヘッダを組み合わせることで、異なる origin から読み出された img 要素の画像を、あたかも同じ origin から読みだしたもののように Canvas から扱うことができます。
3 CORS 設定属性 CORS, HTML, Security
<img><video> など、CORS をサポートするいくつかの HTML 要素には crossorigin 属性 (crossOrigin プロパティ) が定義されています。この属性は、要素の取得したデータに関わる CORS リクエストを設定するものです。この属性は列挙型であり、次の値が定義されています。
4 CSS を使った HTML の要素への色の適用 Beginner, CSS, CSS 色, Guide, HTML, HTML スタイル, HTML 色, color
CSS では、 HTML 要素に色を追加して望みの外見にする方法がたくさんあります。この記事では CSS の色を HTML の中で利用できるそれぞれの方法の基本をご案内します。
5 Canvas API API, Canvas, Overview, Reference
HTML5 で導入された <canvas> HTML 要素は、JavaScript によるスクリプティングによって図形などを描画するために使用します。例えば、グラフを描く、写真を合成する、アニメーションを作成する、動画のリアルタイム加工やレンダリングに用いる事が出来ます。
6 Canvas チュートリアル Canvas tutorial, HTML, HTML5, HTML:Canvas, Tutorials
<canvas> はスクリプト(一般的に JavaScript) を使って図形を描くために使われる新しい HTML 要素です。例えば、グラフを描く、写真を合成する、または簡単な(またはあまり簡単ではない)アニメーションに使うことができます。右の画像は後でこのチュートリアルの中でみる <canvas> を実際に使った例です。
7 DOM オブジェクトを Canvas に描画する Canvas, DOM, HTML, SVG
セキュリティ上の理由から簡単ではありませんが、HTML など DOM の内容を canvas に描画することができます。この記事は Robert O'Callahan によるブログ記事をもとに、セキュアに、安全に、そして仕様に準拠したかたちでそれを実現する方法を紹介します。
8 canvas に絵を描く HTML, HTML5, HTML:Canvas
Firefox 1.5 より、 Firefox はプログラム可能な画像のための新しい HTML 要素を含みます。<canvas>WHATWG の canvas の仕様を基にしています。WhatWG canvas 仕様自体は Safari で実装された Apple の <canvas> を基にしています。クライアント上でグラフ、UI 要素、および他のカスタムグラフィックスの描画に使用することができます。
9 DASH Adaptive Streaming for HTML 5 Video
Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH) は、アダプティブストリーミングプロトコルです。
10 Focus management in HTML 要更新
In the HTML5 working draft, the activeElement DOM attribute and the hasFocus() DOM method give the programmer the ability to have better control of the interactivity of the page due to the user's actions. For example, both of them can be used for statistical usage purposes, tracking the number of clicks on certain links of a page, measuring the amount of time an element is focused, and so forth. In addition, when combined with AJAX technology, they help minimize the number of requests to the server, depending on the user activity and the page layout.
11 Forms in HTML5
HTML5 のフォーム関連要素/属性は HTML4 よりも幅広いマークアップを提供し、また HTML4 時代に必要とされた長たらしいスクリプトやスタイルシートを書く手間を省いてくれます。HTML5 のフォーム機能は、Web サイトごとに異なっている入力へのフィードバックに今より優れた一貫性をもたらし、より良いユーザエクスペリエンスを提供します。また、スクリプトを無効化したブラウザでも同様の体験を提供します。
12 HTML Extensions HTML
Mozilla ブラウザは、標準を拡張するいくつかの HTML タグをサポートしています。その一部がドキュメント化されています。
13 HTML に関する文書の索引 HTML
利用可能なすべての HTML に関する文書の包括的な索引リストです。
14 HTML リファレンス HTML, Landing, Reference, Web
この HTML リファレンスは、 HTML のすべての要素属性、およびすべての要素に適用されるグローバル属性について書かれています。
15 HTML 属性リファレンス Attribute, HTML, HTML 属性, Reference, グローバル属性
HTML の要素は属性を持ちます。ユーザーが望む基準を満たすために、さまざまな方法で要素を構成したり、動作を調整したりする追加の値です。
16 HTML 要素リファレンス Basic, HTML, Reference, Web, l10n:priority, 要素
このページでは、タグを使用して作成されるすべての HTML 要素を一覧表示しています。
17 &lt;a&gt; Content, Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, リンク
HTML の <a> 要素 (アンカー要素) は、別のウェブページ、ファイル、同一ページ内の場所、電子メールアドレス、または他の URL へのハイパーリンクを作成します。
18 &lt;abbr&gt; Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, 要素
HTML の <abbr> 要素は、略語や短縮語と、また任意でその完全な説明を提供します。 title 属性を指定する場合は、完全な説明を含め、それ以外を含めてはいけません。
19 &lt;acronym&gt; Element, HTML, HTML:Flow content, Obsolete, Reference, Web
HTML の頭字語要素 (<acronym>) は、頭字語または略語の単語を構成する文字の並びを明示することができます。この要素は HTML5 で削除されました。 <abbr> 要素を使用してください。
20 &lt;address&gt;: 連絡先要素 Element, HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web, 連絡先情報
HTML の <address> 要素は、これを含んでいる HTML が個人、団体、組織の連絡先を提供していることを示します。
21 &lt;applet&gt;: 埋め込み Java アプレット要素 Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, Obsolete, Reference, Web
廃止された HTML の アプレット要素 (<applet>) は文書に Java アプレットを埋め込みます。この要素は <object> にとって代わり、廃止されました。
22 &lt;area&gt; Content, Element, HTML, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Multimedia, Reference, Web, embedded, リンク
HTML の <area> 要素は画像のホットスポット領域を定義し、また任意で領域とハイパーテキストリンクの関連づけを行います。この要素は <map> 要素内だけで使用します。
23 &lt;article&gt;: 記事コンテンツ要素 Element, HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web
HTML の <article> 要素は文書、ページ、アプリケーション、サイトなどの中で自己完結しており、(集合したものの中で)個別に配信や再利用を行うことを意図した構成物を表します。例えば、フォーラムの投稿、雑誌や新聞の記事、ブログの記事などが含まれます。
24 &lt;aside&gt;: 脇道要素 Element, HTML, HTML セクション, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:区分コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web
HTML の <aside> 要素は、文書のメインコンテンツと間接的な関係しか持っていない文書の部分を表現します。
25 &lt;audio&gt;: 埋め込み音声要素 Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Media, Multimedia, Reference, Web
HTML の <audio> 要素は、文書内に音声コンテンツを埋め込むために使用します。この要素は、1つまたは複数の音源を含むことができます。音源は src 属性または <source> 要素を使用して表し、ブラウザーがもっとも適切な音源を選択します。また、 MediaStream を使用してストリーミングメディアを指し示すこともできます。
26 &lt;b&gt;: 注目付け要素 Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の注目付け要素 (<b>) は、要素の内容に読者の注意を惹きたい場合で、他の特別な重要性が与えられないものに使用します。
27 &lt;base&gt;: 文書の基底 URL 要素 Element, HTML, HTML:メタデータコンテンツ, Reference, Web
HTML の <base> 要素は、文書内に含まれるすべての相対 URL の基点となる URL を指定します。 <base> 要素は、文書内に1つだけ置くことができます。
28 &lt;basefont&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web, フォント
廃止された HTML の基本フォント要素 (<basefont>) は、子孫要素の既定のフォントの種類、大きさ、色を設定します。
29 &lt;bdi&gt; BiDi, Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <bdi> 要素 (双方向アイソレート要素) は、他部位とは異なる書字方向で書式設定するテキストの範囲を表します。
30 &lt;bdo&gt;: 双方向文字列上書き要素 BiDi, Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の双方向文字列上書き要素 (<bdo>) は、現在の文字列の方向を上書きし、中の文字列が異なる方向に描画されるようにします。
31 &lt;bgsound&gt;: 背景音の要素 (廃止) HTML, Non-standard, Obsolete, Reference
HTML の背景音要素 (<bgsound>) は Internet Explorer のみに実装されており、そのページが使用されている間の背景として再生される音声ファイルを設定します。代わりに <audio> 要素を使用してください。
32 &lt;big&gt;: 大きめの文字列要素 Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
廃止された HTML の Big 要素 (<big>) は、内包するテキストを周りの文字列よりも1段階大きいフォントの大きさで描画します(例えば mediumlarge になります)。
33 &lt;blink&gt;: 点滅文字列要素 (廃止) Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML の点滅要素 (<blink>) は内包するテキストをゆっくり点滅させるための、非標準の要素です。
34 &lt;blockquote&gt;: ブロック引用要素 Blockquote, Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web
HTML の <blockquote> 要素(HTML ブロック引用要素)は、内包する要素の文字列が引用文であることを示します。通常、字下げを伴ってレンダリングされます(整形方法については注意の項を参照してください)。 cite 属性により引用元の文書の URL を、 <cite> 要素により引用元の文書のタイトルなどを明示可能です。
35 &lt;body&gt;: 文書の本文要素 Element, HTML, HTML:区分化ルート, Reference, Sections, Web
HTML の <body> 要素は、HTML 文書のコンテンツを示す要素です。<body> 要素は文書中に一つだけ配置できます。
36 &lt;br&gt;: 改行要素 HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ
HTML の <br> 要素 は、文中に改行(キャリッジリターン)を生成します。詩や住所など、行の分割が重要な場合に便利です。
37 &lt;button&gt;: ボタン要素 Element, Forms, HTML, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <button> 要素はクリックできるボタンを表し、フォームや、文書で単純なボタン機能が必要なあらゆる場所で使用することができます。
38 &lt;canvas&gt;: グラフィックキャンバス要素 Canvas, Element, HTML, HTML スクリプト, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <canvas> 要素Canvas スクリプティング APIWebGL API を使用して、グラフィックスやアニメーションを描画することができます。
39 &lt;caption&gt;: テーブルキャプション要素 Element, HTML, HTML テーブル, Reference, Tables, Web
HTML のテーブルキャプション要素 (<caption>) は、テーブルのキャプション(またはタイトル)を指定するもので、使用される場合は常に <table> の最初の子要素として配置しなければなりません。
40 &lt;center&gt;: 文字列の中央揃え要素 (廃止) Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
廃止済みの HTML の中央揃え要素 (<center>) は、中に含まれるブロックレベルまたはインラインコンテンツを中央揃えして表示するブロックレベル要素です。
41 &lt;cite&gt;: 引用元要素 Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の引用元要素 (<cite>) は、引用された創作物の参照を表し、作品のタイトルまたは URL を含む必要があります。参照は、引用メタデータに関する利用場面に合わせた慣習に応じて省略形が用いられることがあります。
42 &lt;code&gt;: 行内コード要素 Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML <code> 要素は、コンピューターコードの短い断片の文字列であると識別できるようながいけんのコンテンツを表示します。
43 &lt;col&gt; Element, HTML, HTML テーブル, Reference, Tables, Web
HTML の <col> 要素は、テーブル内の列を定義して、すべての一般セルに共通の意味を定義するために使用します。この要素は通常、 <colgroup> 要素内にみられます。
44 &lt;colgroup&gt; Element, HTML, HTML テーブル, Reference, Tables, Web
HTML の <colgroup> 要素は、テーブル内の列のグループを定義します。
45 &lt;command&gt;: HTML コマンド要素 HTML, HTML 要素, Obsolete
HTML のコマンド要素 (<command>) はユーザーが実行することができるコマンドを表します。コマンドは普通、メニューやツールバーのコンテンツの一部として使われます。
46 &lt;content&gt;: シャドウ DOM のコンテンツのプレイスホルダー要素 Deprecated, Element, HTML, NeedsContent, Reference, Web, Web Components
HTML の <content> 要素は、一連のウェブコンポーネント技術の廃止された部分であり、 Shadow DOM の中で insertion point として使われていましたが、通常の HTML で利用することは意図されていませんでした。
47 &lt;data&gt; Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <data> 要素は、与えられたコンテンツの機械可読な翻訳にリンクします。コンテンツが時刻または日付に関連するものであれば、 <time> 要素を使用する必要があります。
48 &lt;datalist&gt; Element, HTML, HTML フォーム, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <datalist> 要素は、他のコントロールで利用可能な値を表現する一連の <option> 要素を含みます。
49 &lt;dd&gt;: 詳細説明要素 Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference, Web
HTML の <dd> 要素は、定義リスト要素(<dl>)における、定義語(<dt>)の詳細または定義を表します。
50 &lt;del&gt;: 削除文字列要素 Element, HTML, HTML 編集, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <del> 要素は、文書から削除された文字列の範囲を表します。
51 &lt;details&gt;: 詳細折りたたみ要素 Element, HTML, HTML 対話型コンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web, details
HTML の詳細折りたたみ要素 (<details>) は、ウィジェットが open 状態になった時のみ情報が表示される折りたたみウィジェットを作成するために使用します。概要やラベルは <summary> 要素を使用して提供することができます。
52 &lt;dfn&gt;: 定義要素 Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の定義要素 (<dfn>) は、定義句や文の文脈の中で定義している用語を示すために用いられます。
53 &lt;dialog&gt; Dialog, Element, Experimental, HTML, HTML 対話操作, HTML:フローコンテンツ, Reference, Web
HTML の <dialog> 要素は、ダイアログボックスやインスペクターやウィンドウのようなそのほかの対話的コンポーネントを表します。
54 &lt;dir&gt;: ディレクトリ要素 (廃止) Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, Obsolete, Reference, Web
廃止された HTML のディレクトリ要素 (<dir>) は、 ユーザーエージェントが適用するスタイルやアイコンを用いて表示する、ファイルやフォルダーのディレクトリのコンテナとして使われます。この要素は廃止されたので使わないでs下さい。代わりに、ファイル一覧を含め、一覧には <ul> 要素を使用してください。
55 &lt;div&gt;: コンテンツ区分要素 Element, HTML, HTML コンテンツのグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web
HTML の コンテンツ区分要素 (<div>) は、フローコンテンツの汎用コンテナーです。 CSS を用いてスタイル付けがされるまでは、コンテンツやレイアウトには影響を与えません。
56 &lt;dl&gt;: 説明リスト要素 Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web
HTML の <dl> 要素は、説明リストを表します。この要素は、一連の用語(<dt> 要素を使用して指定)と説明(<dd> 要素によって提供)をリスト化したものです。一般的な使用例として、用語集の作成やメタデータ(キーと値のペアのリスト)の表示が挙げられます。
57 &lt;dt&gt;: 説明する用語要素 Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, Reference, Web
HTML の <dt> 要素は、説明リストまたは定義リストの中で用語を表す部分であり、 <dl> の子要素としてのみ用いることができます。
58 &lt;element&gt;: カスタム要素 (廃止) Element, HTML, NeedsContent, Reference, Web, Web Components
廃止された HTML の <element> 要素は、ウェブコンポーネントの仕様書の一部でした。新しいカスタム DOM 要素を定義するために使用することを意図していました。
59 &lt;em&gt;: 強調要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, HTML フローコンテンツ, HTML 文字単位の意味付け, HTML 知覚可能コンテンツ, HTML 記述コンテンツ, Reference, Web, font-style
HTML の <em> 要素は、強調されたテキストを示します。<em> 要素は入れ子にすることができ、入れ子の段階に応じてより強い程度の強調を表すことができます。
60 &lt;embed&gt; Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <embed> 要素は、外部のコンテンツを文書中の指定された場所に埋め込みます。コンテンツは外部アプリケーションや、対話型コンテンツの他の出所(ブラウザーのプラグインなど)によって提供されます。
61 &lt;fieldset&gt;: フィールドセット要素 Element, Forms, HTML, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, Reference, Web
HTML の <fieldset> 要素は label 要素 (<label>) のような役割に加え、フォーム内部品のグループ化の働きをします。
62 &lt;figcaption&gt; Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference
HTML の <figcaption> 要素は、直接の親に当たる <figure> 要素のキャプション、図の凡例、残りのデータによって説明されるイラスト等を表します。
63 &lt;figure&gt; Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference
HTML の <figure> 要素は、図表などの自己完結型のコンテンツを表す要素であり、多くの場合、キャプション(<figcaption>)と一緒に使用され、ふつう1つの単位として参照されます。
64 &lt;font&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web, 廃止
フォント要素<font>)はその内包するテキストの、フォントサイズ、文字色、使用フォントを定義します。
65 &lt;footer&gt; Element, HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference
HTML <footer> 要素 は、自身の祖先要素の内で直近の セクショニングコンテンツセクショニングルート 要素のフッターを表します。「フッター」には通常、そのセクションの著作者に関する情報、関連ドキュメントへのリンク、著作権情報等を含めます。
66 &lt;form&gt; Element, Forms, HTML, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference, Web
HTML の <form> 要素は、ウェブサーバーに情報を送信するための対話型コントロールを含む文書の区間を表します。
67 &lt;frame&gt; Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
<frame> は、別の HTML ドキュメントを表示できる個々の領域を定義する HTML 要素です。frame 要素は <frameset> の内部で使用します。
68 &lt;frameset&gt; Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
<frameset> は、<frame> 要素を包含するために使用する HTML 要素です。
69 &lt;h1&gt;–<h6>: HTML の見出し要素 Element, HTML, HTML sections, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:見出しコンテンツ, Reference, Web
HTML の <h1><h6> 要素は、セクションの見出しを6段階で表します。 <h1> が最上位で、 <h6> が最下位です。
70 &lt;head&gt;: 文書メタデータ(ヘッダー)要素 Element, HTML, HTML 文書メタデータ, Reference, Web
HTML の <head> 要素は、文書に関する全般的な情報(メタデータ)を内包する要素です。文書のタイトルや、スクリプトおよびスタイルシートへのリンクを内包できます。
71 &lt;header&gt; Element, HTML, HTML セクション, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference
HTML の <header> 要素は、導入的なコンテンツ、特に導入部やナビゲーションの等のグループを表します。見出しを含む以外に、ロゴ、検索フォーム、作者名なども含めることができます。
72 &lt;hgroup&gt; Element, Experimental, HTML, HTML セクション, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:見出しコンテンツ, Reference, Web
HTML <hgroup> 要素は、文書のセクションの、複数レベルの見出しを表します。これは <h1>–<h6> 要素のセットをグループ化します。
73 &lt;hr&gt;: 主題分割(水平線)要素 Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference
HTML の <hr> 要素は、段落レベルの要素間において、テーマの意味的な区切りを表します(例えば物語の中でのシーンの変化や、話題の転換など)。以前はこれは水平の区切り線として定義されていました。
74 &lt;html&gt;: HTML 文書 / ルート要素 Element, HTML, HTML ルート要素, Reference, Web
HTML の <html> 要素は HTML 文書においてルート (基点) となる要素 (トップレベル要素) であり、ルート要素とも呼ばれます。他のすべての要素は、この要素の子孫として配置しなければなりません。
75 &lt;i&gt; Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, font-style, 要素
HTML の <i> 要素は、技術用語、外国語のフレーズ、または架空の人物の思考など、何らかの理由で他のテキストと区別されるテキストの範囲を表します。英文においては通常斜体で表示されることの多い部分であり、ほとんどの場合、ブラウザーはこの要素に対しイタリック体の既定のスタイルを指定しています。
76 &lt;iframe&gt; Content, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, embedded, 要素
HTML の <iframe> 要素は、入れ子になった{{ gengoheiki }} を表現し、実際に現在のページに他の HTML ページを埋め込むことができます。HTML 4.01 では、文書は head および body、または head および frameset を持つことができ、bodyframeset の両方を持つことはできません。しかし、<iframe> は通常の文書の本文内で使用できます。それぞれの閲覧コンテキストは、セッションの履歴とアクティブな文書を持ちます。埋め込みコンテンツを含む側の閲覧コンテキストを、閲覧コンテキストと呼びます。トップレベルの閲覧コンテキスト(親を持たないもの)は通常ブラウザーのウィンドウです。
77 &lt;image&gt; Element, HTML, HTML リファレンス, HTML 要素, HTML 要素リファレンス, Non-standard, Obsolete
HTML の <image> 要素は、時間の霧の中で失われた古代版の HTML の廃止された残骸です。代わりに標準の <img> 要素を使用してください。仕様書でもこの要素を説明する際には「使用しないでください」という言葉を使用しています。
78 &lt;img&gt;: 埋め込み画像要素 Content, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, embedded, グラフィック, マルチメディア, 画像, 要素
HTML の <img> 要素は、文書に画像を埋め込みます。
79 &lt;input&gt; Element, Forms, HTML, HTML forms, HTML input tag, HTML フォーム, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, MakeBrowserAgnostic, NeedsBrowserCompatibility, NeedsMobileBrowserCompatibility, Reference, Web
HTML の <input> 要素は、ユーザーからデータを受け取るための、ウェブベースのフォーム用の対話的なコントロールを作成するために使用します。
80 &lt;input type="button"&gt; HTML, HTML フォーム, Reference, input 要素, フォーム, ボタン, 入力, 要素
"button" 型の <input> 要素は、単純なプッシュボタンとして描画され、イベントハンドラー関数(ふつうは click イベント)を割り当てることで、ウェブページのあらゆる所でカスタム機能を制御するようにプログラムすることができます。
81 &lt;input type="checkbox"&gt; Element, HTML, HTML フォーム, Reference, 要素
checkbox 型の <input> 要素は、既定で四角い箱として描画され、政府の書類で見られるように、有効な時にはチェックが入ります。これによって、フォームで単一の値を選択して(または選択せずに)送信することができます。
82 &lt;input type="color"&gt; Color Picker, Element, Form input, Forms, HTML, HTML input, HTML フォーム, Input, Reference, color, 色
<input> 要素の "color" は視覚的なインターフェイス、もしくは "#rrggbb" の16進数表記でテキストを入力することでユーザーが色を指定することができます。
83 &lt;input type="date"&gt; HTML, HTML フォーム, Input Element, Reference, フォーム入力, 入力型, 日付, 日付選択, 要素
date 型の <input> 要素は、中身を自動的に検証するテキストボックスまたは特殊な日付選択インターフェイスを使用して、ユーザーに日付を入力させる入力フィールドを生成します。結果の値には年、月、日が含まれますが、時刻は含まれません。 time 及び datetime-local 入力型は時刻や日付と時刻の入力に対応しています。
84 &lt;input type="datetime"&gt; HTML, HTML フォーム, Obsolete, Reference, datetime, input 要素, 入力型, 要素
HTML の <input type="datetime"> は日付と時刻(時、分、秒と小数点以下の秒)をタイムゾーンの中で入力するコントロールでした。この機能は WHATWG HTML 仕様書から削除され、もうブラウザーでは対応されていません。
85 &lt;input type="number"&gt; Element, Forms, HTML, HTML フォーム, Input, Input Element, Input Type, Number, Reference
"number" 型の <input> 要素はユーザーに数値を入力させるために使用されます。数値以外の入力を除外するための値検証機能を内蔵しています。
86 &lt;isindex&gt; Deprecated, Element, HTML, Reference, Web
<isindex> は廃止された HTML 要素であり、文書に問い合わせを行うためのテキストフィールドをページに追加します。
87 &lt;kbd&gt;: キーボード入力要素 Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web, キーボード
HTML のキーボード入力要素 (<kbd>) はキーボード、音声入力、その他の入力機器からのユーザーによる文字入力を表す行内の文字列の区間を表します。
88 &lt;keygen&gt; Deprecated, Element, HTML, HTML フォーム, HTML5, Reference, Web
HTML の <keygen> 要素は、鍵の材料の生成を容易にするため、および HTML フォームの一部として公開鍵を送信するための要素です。この仕組みは、ウェブベースの証明書管理システムと合わせて使用するものとして設計されています。証明書の要求に必要な他の情報を伴う HTML フォームで <keygen> 要素を使用して、その処理結果が署名済み証明書になることを想定しています。
89 &lt;label&gt; Element, Forms, HTML, HTML フォーム, Reference, Web
HTML の <label> 要素は、ユーザーインターフェイスの項目のキャプションを表します。
90 &lt;legend&gt; Element, Forms, HTML, HTML フォーム, Reference, Web
HTML の <legend> 要素は、その親要素である <fieldset> の内容のキャプションを表します。
91 &lt;li&gt; Element, HTML, HTML コンテンツグループ化, HTML:フローコンテンツ, Reference, Web
HTML の <li> 要素は、リストの項目を表すために用いられます。この要素は、その項目が属する番号付きリスト (<ol>)、番号なしリスト (<ul>)、メニュー (<menu>) のいずれかの子要素として配置する必要があります。メニュー要素および番号なしリスト内においては、リストの項目は通常、行頭文字伴って表示され、番号付きリスト内では、数字や文字による連番のリストマーカーを伴って表示されます。
92 &lt;link&gt;: 外部リソースへのリンク要素 Element, HTML, HTML 文書メタデータ, HTML:メタデータコンテンツ, Reference, Web, metadata, リンク
HTML の <link> 要素は、現在の文書と外部のリソースとの関係を指定します。考えられる用途として、ナビゲーションのための関係構造の定義があります。またこの要素は、スタイルシートをリンクするためにもっとも使用されます。
93 &lt;listing&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML の Listing 要素 (<listing>) は、開始タグと終了タグの間にあるテキストを HTML として解釈せず、等幅フォントを使用して表示します。HTML 2 標準では、1 行が 132 文字を超えない場合は改行すべきではないと勧告しています。
94 &lt;main&gt; Element, HTML, HTML grouping content, Reference, main
main 要素(<main>)は、ドキュメントやアプリケーションの body 要素 (<body>) の主な内容を表します。主な内容は中心的なトピックの主なコンテンツやアプリケーションの中心的な機能に直接関連する内容で構成されます。</main>
95 &lt;marquee&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web, marquee
HTML の <marquee> 要素はテキストがスクロールする領域を挿入します。要素の属性を使用して、テキストがコンテンツ領域の端に達したときにどうするかを制御できます。
96 &lt;menuitem&gt; Deprecated, Element, Experimental, HTML, HTML interactive elements, HTML5, Reference, Web
HTML の <menuitem> 要素は、ユーザがポップアップメニュから実行できるコマンドをあらわします。メニューボタンに割り当てるメニューはもちろん、コンテキストメニューも含みます。
97 &lt;noframes&gt;: フレームフォールバック要素 Element, Frames, HTML, HTML frames, Obsolete, Reference, Web, noframes
<noframes> は、古い HTML における No Frames または frame fallback 要素であり、 <frame> 要素に対応していない(または対応を無効化した)ブラウザーのためのコンテンツを提供します。
98 &lt;noscript&gt; Element, HTML, HTML スクリプト, HTML:フローコンテンツ, HTML:メタデータコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
NoScript 要素(<noscript>)はページで使用中のスクリプト言語が閲覧者のブラウザーでサポートされていないタイプである場合や、ブラウザーの設定でスクリプトが無効にされている場合に表示するセクションを表します。
99 &lt;object&gt; Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話型コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
埋め込みオブジェクト要素 (The Embedded Object element) (<object>) は、「画像」、「ネストされた閲覧コンテキスト」、または「プラグインによって処理されリソースとして扱うことが可能なもの」の何らかの外部リソースを表します。</object>
100 &lt;optgroup&gt; Element, Forms, HTML, HTML フォーム, Reference, Web
HTML の <optgroup> 要素はウェブフォームにおいて <select> 要素内の、選択肢 (<option>) のグループを作成します。
101 &lt;picture&gt; Element, HTML, Reference, Web
HTML <picture> 要素は、特定の<img>のための複数の<source>を含むことができるコンテナです。ブラウザは、現在のページレイアウト(画像が表示されるボックスの制約)と(通常やhiDPIデバイスのような)表示のためのデバイスに応じて最適な source を選択します。
102 &lt;q&gt;: 行内引用要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <q> 要素 は、その内容が行内の引用であることを表します。最近の多くのブラウザーでは、文字列を引用符で囲むように実装しています。
103 &lt;rtc&gt;: ルビ文字列コンテナー要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, HTML 文字レベルの意味付け, Reference, Web
HTML の <rtc> 要素は、<ruby> 要素内で使用する <rb> 要素にルビで与える文字列の、意味を表す注釈を包含します。<rb> 要素は発音の注釈 (<rt>) と意味の注釈 (<rtc>) の両方を持つことができます。
104 &lt;s&gt; Element, HTML, HTML 文字レベルの意味付け, HTML:フローコンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <s> 要素はその範囲のテキストがすでに正確でなくなったことを表すために用います。これはほとんどの環境で、打ち消し線を伴うスタイルでレンダリングされます。ただし、編集箇所を伝える用途の場合には <del><ins> が適しています。
105 &lt;shadow&gt; Element, HTML, Reference, Web Components
HTML <shadow> 要素 (Web Components 技術スイートの廃止された部分) は shadow DOM の insertion point として使用するものでした。shadow ホスト配下に複数の shadow ルートを生成する場合に使用します。これは通常の HTML としては役立ちません。
106 &lt;spacer&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
<spacer> は、ウェブページにホワイトスペースを挿入するための廃止された HTML 要素です。ウェブデザイナーによって用いられていた 1px の透過 GIF 画像 (いわゆるスペーサー GIF) の挿入と同様の効果を実現するために Netscape 社が実装したものです。しかし <spacer> はほとんどの主要ブラウザーでサポートされず、また、同様の効果は CSS を用いて実現可能です。
107 &lt;strike&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML の打消し線要素<strike>)は、その範囲のテキストを打消し線付きで描画します。
108 &lt;table&gt; Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web
HTML の table 要素(<table>)は、 2 つまたはそれ以上の次元のデータを表します。
109 &lt;template&gt; Element, HTML, Reference, Web, Web Components
HTML template 要素 <template> は、ページの読み込み時に描画されず、後で JavaScript を使用してインスタンス生成できるクライアントサイドのコンテンツを保持するメカニズムです。
110 &lt;track&gt; Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, Multimedia, Reference, Web
HTML の track 要素はメディア要素 (<audio> および <video>) の子として使用します。この要素は自動的に処理される字幕など、時間指定されたテキストトラック (または時系列データ) を指定できます。トラックは WebVTT (Web Video Text Tracks) 形式 (.vtt ファイル) で整形します。
111 &lt;ul&gt; Element, HTML, HTML グループ化, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, Reference
HTML の <ul> 要素は、順不同のアイテムを持つリストを表します。一般的に、ビュレットを伴うリストとして描画されます。
112 &lt;video&gt; Element, HTML, HTML 埋め込みコンテンツ, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:埋め込みコンテンツ, HTML:対話的コンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Media, Multimedia, Reference, Web
HTML の <video> 要素は、文書に映像コンテンツを埋め込むために用いられます。
113 &lt;xmp&gt; Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
xmp (Example) 要素 (<xmp>) は、その開始タグから終了タグまでの間の HTML タグを HTML として解釈せず、等幅フォントでレンダリングします。HTML2 はこれが 1 行当たり 80 文字を表示するのに充分な幅でレンダリングするよう推奨しています。
114 h1 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
115 h2 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
116 h3 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
117 h4 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
118 h5 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
119 h6 要素 HTML, HTML:Element, HTML:Element Reference
見出し要素は文書中の見出しを示す為の要素です。<h1> を最上位とし <h​6> を最も低いレベルとする 6 段階 のレベルで実装されています。見出し要素にはセクションで紹介されるトピックを簡潔に記述します。ユーザーエージェントの中には、文書中の見出し要素の記述を解析し、自動的に文書の目次を生成するものもあります。
120 ins 要素 Element, HTML, HTML edits, Reference, Web
HTML の <ins> 要素は、文書に追加されたテキストの範囲を表します。
121 map 要素 Element, HTML, HTML embedded content, Multimedia, Reference, Web
HTML <map> 要素はイメージマップ (クリック可能なリンク領域) を定義するために、<area> 要素とともに使用します。
122 mark 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, HTML5, Reference, Web
HTML <mark> 要素はテキストのハイライト、すなわち特定の状況における関連性のための参照を目的としてマークした一続きのテキストを表します。
123 menu 要素 Deprecated, Element, Experimental, HTML, HTML interactive elements, Reference, UX, Web, menus
HTML <menu> 要素は、ユーザーが実行またはアクティブ化可能なコマンドのグループを表します。これはスクリーンの上部にあるリストメニューや、ボタンを押したときにボタンの下部に現れるようなコンテキストメニューを含みます。
124 meta 要素 Document, Element, HTML, HTML document metadata, Reference, Web, metadata
HTML <meta> 要素は、他のメタ関連要素 (<base><link><script><style><title>) で表すことができない任意の メタデータ 情報を提示します。
125 meter 要素 Element, HTML, HTML forms, HTML フォーム, HTML5, HTML:フローコンテンツ, HTML:知覚可能コンテンツ, HTML:記述コンテンツ, Reference, Web
HTML の <meter> 要素は、既知の範囲内のスカラー値、または小数値を表します。
126 nav 要素 Element, HTML, HTML sections, Links, Navigation, Reference, Sections, Web, nav
HTML <nav> 要素は、現在の文書内の他の部分や他の文書へのナビゲーションリンクを提供するためのセクションを表します。ナビゲーションセクションの一般的な例としてメニュー、目次、索引があります。
127 nobr 要素 Element, HTML, Non-standard, Reference, Web
nobr 要素<nobr>) は、その内包するテキストの自動改行を無効化します。行内におさまらないテキストは、領域からはみ出てレンダリングされるか、スクロールバーを伴なって表示されます。この要素は非標準の要素であり、使用するべきではありません。代わりに、CSS の white-space プロパティを用いて同等の挙動を実現する事ができます。
128 ol 要素 Element, HTML, HTML grouping content, HTML:Flow content, Reference, Web
HTML 順序付きリスト要素 (<ol>) は、項目の順序付きリストを表して、一般的に番号付きリストとして表示します。
129 option 要素 Element, Forms, HTML, HTML forms, Reference, Web
ウェブフォームにおいて HTML <option> 要素は、<select> 要素、<optgroup> 要素、<datalist> 要素内で項目を定義します。したがって、<option> は HTML ドキュメントでポップアップメニューのメニュー項目や、その他の項目の一覧を表すことができます。
130 output 要素 Element, HTML, HTML forms, HTML5, HTML:Flow content, Reference, Web
HTML <output> 要素は、何らかの計算やユーザーによるアクションの結果を表します。
131 p 要素 Element, HTML, HTML grouping content, Reference, Web
HTML <p> 要素は、パラグラフ (段落) を表します。
132 param 要素 Element, HTML, HTML embedded content, Reference, Web
HTML <param> 要素は、<object> 要素のパラメーターを定義するための HTML 要素です。
133 plaintext 要素 Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
Plaintext 要素<plaintext>)は、開始タグ以降を HTML としてではなくプレーンテキストとして解してレンダリングさせます。開始タグ以降は全てプレーンテキスト扱いになるので、終了タグはありません。
134 pre 要素 Element, HTML, HTML grouping content, HTML:Flow content, Reference, Web
HTML <pre> 要素は、整形済みテキスト (preformatted text) を表します。この要素内のテキストは一般的に、ファイル内でのレイアウトをそのまま反映して等幅 ("monospace") フォントで表示されます。この要素内のホワイトスペース文字はそのまま表示します。
135 progress 要素 Element, HTML, HTML forms, HTML5, Reference, Web
HTML <progress> 要素は、タスクの進捗状況の表示に使われます。通常はプログレスバーとして表示されます。
136 rp 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <rp> 要素は、<ruby> 要素によるルビの表示をサポートしないブラウザ向けのフォールバックとして括弧を提供するために使用します。<rp> 要素は、アノテーションのテキストを含む <rt> 要素を囲む開閉括弧をそれぞれ囲む必要があります。
137 rt 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <rt> 要素はルビとして提供する、文字の発音を包含します。これは東アジア言語の発音を表示するためのものであり、<rt> 要素は <ruby> 要素の内部で使用します。
138 ruby 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
<ruby> は、ルビのアノテーション(振り仮名)を用いることが可能な HTML 要素です(ルビのアノテーションとは、東アジアの言語などの語句、例えば漢字などの発音を示すものです)。
<ruby> 要素は <rt> 要素や <rp> 要素とともに用います。
139 samp 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <samp> 要素は、コンピュータープログラムなどからの出力を表す要素です。CSS を使用しない場合はほとんどのブラウザで、ブラウザーのデフォルトの等幅フォント (例えば Courier や Lucida Console) で表示されます。
140 script 要素 Element, HTML, HTML scripting, HTML:Flow content, HTML:Metadata content, HTML:Phrasing content, HTML:Script-supporting element, Reference, Script, Web
HTML <script> 要素は実行可能なスクリプトを埋め込み、または外部参照するコードを指定する際に用いられます。
141 section 要素 Element, HTML, HTML sections, Reference, Web
HTML <section> 要素は、HTML ドキュメント内に含まれている、機能的に独立したセクションを表します。一般的には見出しを伴っており、セクションを表すための、より具体的なセマンティック要素は持ちません。
142 select 要素 Element, Forms, HTML, HTML forms, Reference, Web, events
HTML の <select> 要素は、選択式のメニューを提供するコントロールを表します。
143 small 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <small> 要素は、内包するテキストのフォントサイズをブラウザーの最小フォントサイズを限度とし、一段階縮小します (※large から medium、small から x-small)。small 要素は HTML5 において、スタイルの変更を主とした従来の視覚的・物理的な意味合いから、「細目などの注釈を表す要素」というセマンティクスに変更されています。帰属の明示や、著作権表記のために用いられます。
144 source 要素 Element, HTML, HTML embedded content, Media, Reference, Web
HTML <source> 要素<picture> 要素、<audio> 要素または <video> 要素に対し、複数のメディアリソースを指定します。この要素自体は空要素です。この要素は一般的に、同一のメディアコンテンツを ブラウザーごとにサポートの異なる複数のメディア形式 で提供する場合に用います。
145 span 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, HTML:Flow content, Reference, Web
HTML <span> 要素は、何か特定のセマンティクスを表すものではない、フレージング・コンテンツのための汎用コンテナーです。CSS によるスタイリングの用途等で、要素のグループ化が必要な場合に用います。class 属性か id 属性、lang 属性等とともに使われます。
146 strong 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web, font-weight
HTML <strong> 要素は、内容の重要性、重大性、または緊急性が高いテキストを表します。ほとんどのブラウザーのデフォルトスタイルでは、太字で描画するように指定されています。
147 style 要素 CSS, Element, HTML, HTML document metadata, Reference, Web
HTML <style> 要素は、文書あるいは文書の一部分のスタイル情報を含みます。デフォルトでは、この要素内に記述するスタイルが CSS であると想定されています。
148 sub 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <sub> 要素は、表記規則の理由で小文字で、またはメインのテキストより小さく表示されるべきテキストの範囲を定義します。
149 summary 要素 Element, HTML, HTML interactive elements, Reference, Web
HTML <summary> 要素<details> 要素の内容の要約、キャプション、説明を表します。
150 sup 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <sup> 要素は、表記規則の理由でメインのテキストよりも高い位置に、または小さく表示されるべきテキストの範囲を定義します。
151 tbody 要素 Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web
HTML <tbody> 要素<table> 要素を親として、内部に表の本体を表す <tr> 要素を定義します ( 要素を table 要素直下の子要素として配置しない場合に限る)。
152 td 要素 Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web
HTML <td> 要素は、テーブルでデータを包含するセルを定義します。これはテーブルモデルに関与します。
153 textarea 要素 Element, Forms, HTML, HTML forms, Reference, Web, textarea
HTML <textarea> 要素は、複数行のプレーンテキスト編集コントロールを表します。
154 tfoot 要素 Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web
HTML の <tfoot> 要素は、テーブルの列を総括する行のセットを定義します。
155 th 要素 Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web
HTML <th> 要素は、テーブルのセルのグループ用のヘッダーであるセルを定義します。このグループの性質は、scope 属性と headers 属性で定義します。
156 thead 要素 Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web
HTML の <thead> 要素は、テーブルの列のヘッダーを表す行のセットを定義します。
157 time 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, HTML5, Reference, Web
HTML <time> 要素は、24 時間制の時刻または グレゴリオ暦 の正確な日付 (時刻やタイムゾーンを伴うことも可能) を表します。
158 title 要素 Element, HTML, HTML:Element Reference, Reference, Web
HTML の <title> 要素は文書のタイトルを定義します。一般的には、ブラウザーのタイトルバーかタブに表示されます。この要素はテキストのみを内容に持つことができ、包含するタグは無視されます。
159 tr 要素 Element, HTML, HTML tabular data, Reference, Tables, Web, tag, tr, tr tag
HTML <tr> 要素は、テーブルのひとつの行で構成される <tr> ブロックを内部に持つマークアップを明示します。行の内部で <th> 要素および <td> 要素が、それぞれ見出しやデータのセルを生成します。
160 tt 要素 Element, HTML, Obsolete, Reference, Web
HTML テレタイプテキスト要素 (<tt>) は、ブラウザーのデフォルトの等幅フォントで表示されるインライン要素を生成します。この要素は、テレタイプのような等幅の表示装置で表示されるテキストとしてスタイルを設定しようとするものです。おそらく、<code> 要素を使用する等幅文字の表示がより一般的です。
161 u 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <u> 要素は、内包するテキストのベースラインの下部にアンダーライン (下線) をレンダリングします。HTML5 では、「明確にレンダリングされているがはっきりと伝わらない部分」や、「すべてが漢字で構成されスペースで単語を区切る慣習もない中国語においての、固有名詞であることの明示のための特別な表記」、「スペルミスとしての印付け」などに用いられます。
162 var 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML の var 要素(<var>)は、数式やプログラムのコード中での変数を表します。ほとんどのブラウザーのデフォルトスタイルでは、イタリック体で描画するように指定されています。
163 wbr 要素 Element, HTML, HTML text-level semantics, Reference, Web
HTML <wbr> 要素は、テキスト内でブラウザーが任意で改行を行ってよい位置を表します。また、この改行規則により他の場所で改行されることがなくなるでしょう。
164 HTML5 の audio 要素と video 要素でサポートされているメディアフォーマット Audio, Codecs, Containers, Firefox, HTML, HTML5, Media, Reference, Video, file formats, media formats
<audio> 要素および <video> 要素は、プラグインを必要としないオーディオやビデオの再生サポートを提供します。
165 Microdata Example, HTML, Microdata, SEO, 制作, 検索
Microdata は、ウェブページ上の既存のコンテンツ内でメタデータをネストするために使用される WHATWG HTML の仕様です。[1] 検索エンジン、ウェブクローラー、そしてウェブブラウザーは、ウェブページから Microdata を抽出して処理し、ユーザーによりリッチなブラウジング体験を提供するために使用することができます。検索エンジンは、ウェブページ上の情報を理解し、ユーザーにより関連性の高い結果を提供することを可能にするため、この構造化されたデータを直接利用できることから大きな利益を得ます。 Microdata は、値をプロパティに割り当てるためにアイテムと名前と値の組み合わせを記述するためのサポート語彙を使用します。 Microdata は、機械可読なタグとともに HTML 要素に注釈する、 RDFa や Microformats の同様のアプローチよりも簡単な方法を提供する試みです。
166 rel="preload" によるコンテンツの先読み Guide, HTML, as, preload, リンク, 先読み
HTML の <head> 要素内において、 <link> 要素で rel 属性に preload を指定することで、読み込み後すぐにページに必要なリソース、つまりページ読み込みの過程の初期の、ブラウザの主なレンダリング機構が起動する前に、先読みを始めたいものを指定する宣言的なフェッチ要求を記述することができます。これにより、ページの最初のレンダリングがブロックされにくくなり、パフォーマンスが向上します。この記事では preload がどのように動作するのかについての基本的なガイドを提供します。
167 アプリケーションキャッシュの使用 要更新
HTML5 は Web ベースのアプリケーションをオフラインで実行できるようにするためのアプリケーションキャッシュメカニズムを提供します。開発者は、ブラウザがキャッシュし、オフライン状態のユーザが利用できるようにすべきリソースを指定するために Application Cache (AppCache) インターフェースを利用できます。キャッシュが行われたアプリケーションは、ユーザがオフラインになったときに更新ボタンを押した場合でも、正常に読み込まれ、正常に動作します。
168 インライン要素 Beginner, HTML, HTML:Element Reference
HTML において、インライン要素はコンテンツの流れを分断せずに、要素を定義するタグで囲まれた範囲だけを占有します。
169 グローバル属性 Attribute, HTML, HTML 属性, Reference, Web, グローバル属性
グローバル属性は、すべての HTML 要素で共通の属性です。すべての要素で使用できますが、要素によっては効果がないこともあります。
170 accesskey Global attributes, HTML, Reference, グローバル属性
accesskey グローバル属性は、現在の要素のショートカットキーを生成するためのヒントを与えます。この属性は空白で区切った文字(ひとつの Unicode コードポイント)の列挙で成ります。ブラウザーは、コンピューターのキーボードレイアウトに存在する最初の文字を使用します。
171 autocapitalize HTML, グローバル属性
autocapitalize グローバル属性は列挙型の属性で、ユーザーによって入力/編集されたとき、入力文字列の先頭大文字化が自動的に行われるかどうか、どのように行われるかを制御します。以下の値を指定することができます。
172 class Global attributes, HTML, Reference
class グローバル属性 は、要素のクラスを空白区切りで並べたリストです。クラスは CSS の クラスセレクター や JavaScript の DOM メソッド document.getElementsByClassName といった関数により、特定の要素を選択したり特定の要素にアクセスしたりすることを可能にします。
173 contenteditable HTML, Reference, contenteditable, グローバル属性
contenteditable グローバル属性は、ユーザーによる要素の編集が可能かを示す列挙型属性です。可能である場合、ブラウザーは要素のウィジェットを編集可能なものに変更します。この属性では、以下の値のひとつを使用しなければなりません:
174 contextmenu Global attributes, HTML, Reference
contextmenu グローバル属性 は、当該要素のコンテキストメニューとして使用する <menu> 要素の id です。
175 data-* Global attributes, HTML, Reference, グローバル属性, データ属性
data-* グローバル属性カスタムデータ属性と呼ばれる属性の組を作り、HTML と、スクリプトによる DOM 表現との間で、固有の情報を交換できるようにします。すべてのカスタムデータは、属性を設定した要素の HTMLElement インターフェイスを通して使用できます。 HTMLElement.dataset プロパティがそれらへのアクセス手段を提供します。
176 dir BiDi, Global attributes, HTML, Reference
dir グローバル属性 は、要素のテキストの書字方向を示す列挙型属性です。以下の値を使用できます:
177 draggable Global attributes, HTML, Reference, グローバル属性, ドラッグ&ドロップ
draggable グローバル属性 は、HTML ドラッグ&ドロップ API を使用して要素をドラッグすることが可能かを示す列挙型属性です。以下の値を使用できます。
178 dropzone Experimental, Global attributes, HTML, Reference, グローバル属性, ドラッグ&ドロップ
dropzone グローバル属性 は、ドラッグ&ドロップ API を使用して要素上にどのようなコンテンツをドロップできるかを示す列挙型属性です。以下の値を使用できます。
179 hidden Global attributes, HTML, Reference, グローバル属性
hidden グローバル属性 は、要素はまだ、あるいはもはや関連性がないことを示す論理型属性です。例えば、ログインのプロセスが完了するまで使えない要素を隠すために使用できます。
180 id Global attributes, HTML, Reference
id グローバル属性 は、文書全体で一意でなければならない識別子 (ID) を定義します。この属性の用途は、リンク (フラグメント識別子を使用)、スクリプト、スタイル (CSS を使用) で要素を特定することです。
181 itemid
itemid属性は、一意なアイテムのグローバル識別子です。
182 itemprop
itemprop属性は、アイテムにプロパティを追加するために使用されます。すべてのHTML要素は、itemprop属性を指定することができ、itempropは、名前-値ペアで構成されます。それぞれの名前-値ペアは、プロパティと呼ばれ、1つ以上のプロパティのグループは、アイテムを形成します。プロパティの値は、文字列かURLのいずれかであり、audioembediframeimglinkobjectsourcetrackvideoを含む非常に幅広い要素と関連付けることができます。
183 itemref
itemscope属性をもつ要素の子孫でないプロパティは、itemrefを使用するアイテムに関連付けることができます。itemrefは、他の文書で追加のプロパティを伴う要素のID(itemidでない)のリストを提供します。
184 itemscope
Itemscopeは(通常)、ブロックに含まれるHTMLが特定のアイテムに関するものであることを指定するために、itemtypeと一種に動作します。Itemscopeは、アイテムを作成し、そのアイテムと関連付けられるitemtypeの範囲を定義します。itemtypeは、 is a valid URL of a vocabulary (such as ) that describes アイテムとアイテムのプロパティコンテキストを説明する(schema.orgのような)語彙の妥当なURLです。下記の例で、使用される語彙は、schema.org由来のものです。すべてのHTML要素は、itemscope属性を指定されてもよいです。関連するitemtypeを持たないitemscope要素は、itemrefを持ちます。
185 itemtype
Itemtypeにはデータ構造の中でitemprops(item properties)を定義するのに使われるボキャブラリーのURLを指定します。Itemscope はitemtypeによって指定されるvocabularyが有効になる範囲を指定するのに使われます。
186 lang Global attributes, HTML, Reference
lang グローバル属性 は要素の言語定義に関係するもので、編集不可能な要素に記述されている言語、あるいは編集可能な要素に記述されるであろう言語を定義します。タグは、IETF の文書である Tags for Identifying Languages (BCP47) で定義されている形式の値を 1 個持ちます。タグが空文字列である場合は、言語が unknown になります。また BCP47 に対して正しくない場合は、invalid になります。
187 spellcheck Experimental, Global attributes, HTML, Reference
spellcheck グローバル属性 は、要素でスペルミスのチェックを行うかを定義する列挙型属性です。以下の値を使用できます:
188 style Global attributes, HTML, Reference
style グローバル属性 は、要素に適用する CSS スタイル宣言を包含します。スタイルは別のファイルで定義することが推奨される点に注意してください。この属性と <style> 要素の主な用途は、例えばテストのために、すばやくスタイルを適用できるようにすることです。
189 tabindex Global attributes, HTML, Reference
tabindex グローバル属性 は要素が入力フォーカスを持てる (focusable) 場合に、シーケンシャルなキーボードナビゲーションに参加するか、また参加する場合はどの位置に入るかを示す整数値属性です。さまざまな値をとることができます:
190 title Global attributes, HTML, Reference
title グローバル属性 は、要素に関するアドバイザリー情報を表すテキストを包含します。このような情報は一般的にツールチップとしてユーザーに表示されますが、必ず表示されるとは限りません。
191 translate Experimental, Global attributes, HTML, Reference
translate グローバル属性 は要素の属性値や Text ノードが、ページをローカライズする際に翻訳されるか、あるいは変更せずにおくかを指定する列挙型属性です。以下の値を使用できます:
192 コンテンツを編集可能にする Advanced, Example, Guide, HTML, HTML5, Text, Web, contenteditable, text entry, text input
HTML では、すべての要素を編集可能状態 (editable) にすることができます。JavaScript のいくつかのイベントハンドラーと併用することで、ウェブページを多機能でかつ高速に動作するリッチテキスト・エディターにしてしまうことも可能です。本記事では、この機能に関する情報を提供します。
193 Mozilla におけるリッチテキスト編集 Midas
No summary!
194 ブロックレベル要素 Beginner, Development, Guide, HTML, HTML5, Web, 要素
HTML (Hypertext Markup Language) の要素は通常、 「ブロックレベル」要素または 「インライン」要素のいずれかになります。ブロックレベル要素は親要素(コンテナー)の領域全体を占有して、「ブロック」を生成します。この記事では、ブロックレベル要素が意味することを説明します。
195 リンク種別 HTML, Reference, リンク
HTML では、 <a> 要素、 <area> 要素、 <link> 要素を使用して他へリンクするとき、以下のようなリンク種別で二つの文書間の関係を示します。
196 後方互換モードと標準準拠モード Gecko, Guide, HTML, Web Development, Web Standards, XHTML, 要更新
かつてのウェブでは、よく2つのバージョンのページを作成していました。ひとつは Netscape Navigator 向け、もうひとつは Microsoft Internet Explorer 向けです。 W3C がウェブ標準を作成したとき、ウェブ上のほとんどの既存サイトの表示が壊れるため、ブラウザーはウェブ標準を採用し始めることができませんでした。そのためブラウザーは、標準に準拠した新しいサイトと以前の古いサイトを区別して扱うために、2つのモードを導入しました。
197 投機的解析のためのページ最適化
伝統的なブラウザのHTMLパーサーは、メインスレッドで動作します。そして、タグの直後に、スクリプトがネットワークから取得されて実行が完了するまでブロックされます。Firefox 4 以降のHTLMパーサーは、メインスレッドから分離された投機的解析をサポートします。これは、スクリプトがダウンロードされて、実行されている間、先に解析を進めます。Firefox 3.5 と 3.6 では、HTMLパーサーは、スクリプト、スタイルシート、およびストリーム内で先に見つかる画像の投機的なロードを開始します。しかし、Firefox 4 以降のHTMLパーサーは、さらに、HTMLツリーの構築アルゴリズムを投機的に実行します。これの良い点は、投機が成功した場合に、部分的に取り込まれて既に解析されたスクリプト、スタイルシート、および画像のファイルを再解析する必要がないことです。欠点は、投機が失敗した場合により多くの作業が失われることです。
198 読み込みが速い HTML ページを作成するための Tips Advanced, Guide, HTML, NeedsUpdate, Performance, Web
これらの豆知識は、一般の知識や実験に基づくものです。
利用可能なすべての HTML に関する文書の包括的な索引リストです。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: mfuji09, Marsf
最終更新者: mfuji09,