演算子の優先順位

演算子の優先順位は、演算子が互いにどのように解析されるかを決定します。優先度の高い演算子は、優先度の低い演算子のオペランドになります。

優先度と結合性

以下の表現で記述できる式を考えてみましょう。なお、 OP1 と OP2 は演算子に置き換わります。

a OP1 b OP2 c

OP1OP2 の優先順位 (下記の一覧表を参照) が異なる場合は、優先順位の高い演算子が先に実行され、結合性は関係ありません。コードの中で加算が先に書かれているにもかかわらず、乗算の方が加算よりも優先順位が高く、先に実行されていることを確認してください。

console.log(3 + 10 * 2);   // 23 を出力
console.log(3 + (10 * 2)); // 括弧の優先順位が高いので、 23 を出力
console.log((3 + 10) * 2); // 括弧が順位を変更するので 26 を出力

左結合 (左から右) は (a OP1 b) OP2 c のように処理されることであり、右結合 (右から左) は a OP1 (b OP2 c) のように解釈されることです。代入演算子は右結合なので、このように書くことができます。

a = b = 5; // a = (b = 5); と書いたのと同じ

これで、 ab が 5 の値を得るという期待通りの結果を得ることができます。これは代入演算子が代入した値を返すためです。まず b に 5 が設定されます。そして a にも、代入演算子の右オペランドである b = 5 が返す 5 が設定されるのです。

他の例として、べき乗演算子だけが右結合性を持ちますが、他の算術演算子は左結合性を持ちます。興味深いのは、結合性に関係なく、評価の順序は常に左から右になることです。

コード 出力結果
function echo(name, num) {
    console.log("Evaluating the " + name + " side");
    return num;
}
// 除算演算子 (/) の場合
console.log(echo("left", 6) / echo("right", 2));
Evaluating the left side
Evaluating the right side
3
function echo(name, num) {
    console.log("Evaluating the " + name + " side");
    return num;
}
// べき乗演算子 (**) の場合
console.log(echo("left", 2) ** echo("right", 3));
Evaluating the left side
Evaluating the right side
8

結合性の違いは、同じ優先順位の演算子が複数存在する場合に現れます。上の例のように演算子が一つだけの場合や、演算子の優先順位が異なる場合は、結合性は出力に影響を与えません。下の例では、同じ演算子が複数使われている場合に、結合性が出力結果にどのような影響を与えるかを見てみましょう。

コード 出力結果
function echo(name, num) {
    console.log("Evaluating the " + name + " side");
    return num;
}
// 除算演算子 (/) の場合
console.log(echo("left", 6) / echo("middle", 2) / echo("right", 3));
Evaluating the left side
Evaluating the middle side
Evaluating the right side
1
function echo(name, num) {
    console.log("Evaluating the " + name + " side");
    return num;
}
// べき乗演算子 (**) の場合
console.log(echo("left", 2) ** echo("middle", 3) ** echo("right", 2));
Evaluating the left side
Evaluating the middle side
Evaluating the right side
512
function echo(name, num) {
    console.log("Evaluating the " + name + " side");
    return num;
}
// 左と中央の間のべき乗を括弧で囲んだ場合
console.log((echo("left", 2) ** echo("middle", 3)) ** echo("right", 2));
Evaluating the left side
Evaluating the middle side
Evaluating the right side
64

上記のコードを見てください。 6 / 3 / 2 は、除算が左結合なので (6 / 3) / 2 と同じになります。一方で、べき乗は右結合なので、 2 ** 3 ** 22 ** (3 ** 2) と同じになります。したがって、 (2 ** 3) ** 2 とすると上記の表にある通り、演算順序が変わって結果が 64 になります。

優先順位は結合度よりも優先されることを忘れないでください。そのため、割り算とべき乗を交ぜた場合、べき乗は割り算よりも先に計算されます。例えば 2 ** 3 / 3 ** 2 の結果は 0.8888888888888888 となります。これは (2 ** 3) / (3 ** 2) と同じだからです。

グループ化と短絡の注意

下記の表では、グループ化が最上位の優先順位を持つものとして挙げられています。しかし、特に短絡が発生する場合は、グループ化記号 ( … ) の中の式が最初に評価されるとは限りません。

短絡は、条件付き評価を表す用語です。例えば、 a && (b + c) という式において、 afalsy である場合、従属式である (b + c) は括弧で囲まれていても評価されません。この論理的分離演算子 ("OR") は「短絡的」といえるでしょう。論理的分離演算子の他にも、ほかに短絡が発生する演算子には、論理的結合 ("AND") 演算子、 Null 合体演算子、オプションチェーン演算子、条件演算子があります。いかに例を示します。

a || (b * c);  // `a` を最初に評価し、 `a` が "truthy" であれば `a` を出力
a && (b < c);  // `a` を最初に評価し、 `a` が "falsy" であれば `a` を出力
a ?? (b || c); // `a` を最初に評価し、 `a` が `null` または `undefined` でなければ `a` を出力
a?.b.c;        // `a` を最初に評価し、 then produce `a` if `a` is `null` or `undefined`

3 > 2 && 2 > 1
// returns true

3 > 2 > 1
// 結果は false となる。 3 > 2 は true であり、 true は
// 不等号で 1 に変換されるため、 true > 1 は 1 > 1 となり、
// false となる。 (3 > 2) > 1 のように括弧を付けると明確になる。

一覧表

以下の表は優先順位の最も高いもの (21) から最も低いもの (1) の順に並べられています。

優先順位 演算子の種類 結合性 演算子
21 グループ化 n/a ( … )
20 メンバーへのアクセス 左から右 … . …
計算値によるメンバーへのアクセス 左から右 … [ … ]
new (引数リスト付き) なし new … ( … )
関数呼び出し 左から右 … ( )
オプショナルチェイニング 左から右 ?.
19 new (引数リストなし) 右から左 new …
18 後置インクリメント なし … ++
後置デクリメント … --
17 論理 NOT 右から左 ! …
ビットごとの NOT ~ …
単項 + + …
単項 - - …
前置インクリメント ++ …
前置デクリメント -- …
typeof typeof …
void void …
delete delete …
await await …
16 べき乗 右から左 … ** …
15 乗算 左から右 … * …
除算 … / …
剰余 … % …
14 加算 左から右 … + …
減算 … - …
13 左ビットシフト 左から右 … << …
右ビットシフト … >> …
符号なし右ビットシフト … >>> …
11 小なり 左から右 … < …
小なりイコール … <= …
大なり … > …
大なりイコール … >= …
in … in …
instanceof … instanceof …
11 等価 左から右 … == …
不等価 … != …
厳密等価 … === …
厳密不等価 … !== …
10 ビット単位 AND 左から右 … & …
9 ビット単位 XOR 左から右 … ^ …
8 ビット単位 OR 左から右 … | …
7 論理 AND 左から右 … && …
6 論理 OR 左から右 … || …
5 Null 合体 left-to-right … ?? …
4 条件 右から左 … ? … : …
3 代入 右から左 … = …
… += …
… -= …
… **= …
… *= …
… /= …
… %= …
… <<= …
… >>= …
… >>>= …
… &= …
… ^= …
… |= …
… &&= …
… ||= …
… ??= …
2 yield 右から左 yield …
yield* yield* …
1 カンマ / シーケンス 左から右 … , …