カンマ演算子

by 3 contributors:

概要

カンマ演算子は、演算対象の両方を評価し、2 番目のオペランドの値を返します。

構文

expr1, expr2 
 

パラメータ

expr1expr2
任意の式。

説明

単一の式でなければならない位置で複数の式を記述したい場合に、カンマ演算子を使うことができます。この演算子が最も良く使われるのは、for ループで複数のパラメータを与えたい時です。

例えば次のコードでは、a が、1 辺 10 要素からなる 2 次元配列内の要素を一度に 2 つ 変化させる為に、変数宣言部分でカンマ演算子を用いています。このコードは、配列における対角線の要素の値を出力するものです。

for (var i = 0, j = 9; i <= 9; i++, j--) {
  document.writeln("a["+i+"]["+j+"]= " + a[i][j]);
}

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
Contributors to this page: teoli, ethertank, Potappo
最終更新者: teoli,
サイドバーを隠す