MDN wants to learn about developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/MDN-dev-survey

関数のデフォルト引数 は、関数に値が渡されない場合や undefined が渡される場合に、デフォルト値で初期化される形式上の引数を指定できます。

構文

function [name]([param1[ = defaultValue1 ][, ..., paramN[ = defaultValueN ]]]) {
   statements
}

説明

JavaScriptでは、関数の引数は、指定しなければ undefined になります。しかし、異なるデフォルト値を設定できると有用な場面があるでしょう。そのような場合に、デフォルト引数が役立ちます。

以前のデフォルト値を設定するための一般的な方法は、関数の本体で引数値をテストし、undefined の場合に値を代入することでした。呼び出し側で b の値が与えられていない次のような例では、a*b を評価する時、b の値が undefined になり、multiply を呼び出すと NaN を返します。しかしながら、これは、この例の 2 行目で対処されています:

function multiply(a, b) {
  var b = typeof b !== 'undefined' ?  b : 1;

  return a*b;
}

multiply(5); // 5

ES2015 のデフォルト引数を用いると、関数本体内のチェックはもはや必要ありません。関数先頭で、b のデフォルト値として、単に 1 を設定するだけです:

function multiply(a, b = 1) {
  return a*b;
}

multiply(5); // 5

undefined を渡す

2 番目の呼び出しで、呼び出し時の第二引数に明示的に undefined (null ではない) が設定されても、color 引数の値はデフォルト値になります。

function setBackgroundColor(element, color = 'rosybrown') {
  element.style.backgroundColor = color;
}

setBackgroundColor(someDiv);            // color に 'rosybrown' が設定される
setBackgroundColor(someDiv, undefined); // これも color に 'rosybrown' が設定される
setBackgroundColor(someDiv, 'blue');    // color に 'blue' が設定される

呼び出し時の評価

デフォルト引数は呼び出し時に評価されるので、例えば Python と違い、関数が呼ばれる度に新しいオブジェクトが生成されます。

function append(value, array = []) {
  array.push(value);
  return array;
}

append(1); //[1]
append(2); //[1, 2] ではなく [2]

これは、関数と変数にも適用されます:

function callSomething(thing = something()) { return thing }

function something(){
  return "sth";
}

callSomething();  //sth

デフォルト引数は後続のデフォルト引数で再利用可能

すでに出現した引数は、その後に続くデフォルト引数でも利用できます:

function singularAutoPlural(singular, plural = singular+"s", 
                            rallyingCry = plural + " ATTACK!!!") {
  return [singular, plural, rallyingCry ]; 
}

//["Gecko","Geckos", "Geckos ATTACK!!!"]
singularAutoPlural("Gecko");

//["Fox","Foxes", "Foxes ATTACK!!!"]
singularAutoPlural("Fox","Foxes");

//["Deer", "Deer", "Deer ... change."]
singularAutoPlural("Deer", "Deer", "Deer peaceably and respectfully
   petition the government for positive change.")

この機能は、隣接したデフォルト引数に続けて再利用することができます。次の例は、この極端な使い方を示します。

function go() {
  return ":P"
}

function withDefaults(a, b = 5, c = b, d = go(), e = this, 
                      f = arguments, g = this.value) {
  return [a,b,c,d,e,f,g];
}
function withoutDefaults(a, b, c, d, e, f, g){
  switch(arguments.length){
    case 0:
      a
    case 1:
      b = 5
    case 2:
      c = b
    case 3:
      d = go();
    case 4:
      e = this
    case 5:
      f = arguments
    case 6:
      g = this.value;
    default:
  }
  return [a,b,c,d,e,f,g];
}

withDefaults.call({value:"=^_^="});
// [undefined, 5, 5, ":P", {value:"=^_^="}, arguments, "=^_^="]


withoutDefaults.call({value:"=^_^="});
// [undefined, 5, 5, ":P", {value:"=^_^="}, arguments, "=^_^="]

関数本体の内部で定義された関数

Gecko 33 (Firefox 33 / Thunderbird 33 / SeaMonkey 2.30) で導入されました。関数本体内で宣言された関数は、デフォルト引数の内部で参照できないため、ReferenceError を投げます (現在、SpiderMonkey では TypeErrorです。バグ 1022967 参照)。デフォルト引数は、常に最初に実行され、関数本体内の関数宣言は、その後に評価されます。

// Doesn't work! Throws ReferenceError.
function f(a = go()) {
  function go(){return ":P"}
}

デフォルト引数後のデフォルト値なしの引数

Gecko 26 (Firefox 26 / Thunderbird 26 / SeaMonkey 2.23 / Firefox OS 1.2) 以前で、次のコードの結果は SyntaxError になります。これは、バグ 777060 で修正され、最新バージョンでは期待通り動作します:

function f(x=1, y) { 
  return [x, y]; 
}

f(); // [1, undefined]

構造化代入のデフォルト引数

分割代入 記法でデフォルト値を代入できます:

function f([x, y] = [1, 2], {z: z} = {z: 3}) { 
  return x + y + z; 
}

f(); // 6

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Function Definitions の定義
標準 初期定義。
ECMAScript 2017 Draft (ECMA-262)
Function Definitions の定義
ドラフト  

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 49 15.0 (15.0) 未サポート 未サポート 未サポート
デフォルト引数後のデフォルト値なしの引数 49 26.0 (26.0) ? ? ?
構造化代入のデフォルト引数 49 41.0 (41.0) ? ? ?
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 49 15.0 (15.0) 未サポート 未サポート 未サポート 49
デフォルト引数後のデフォルト値なしの引数 未サポート 49 26.0 (26.0) ? ? ? 49
構造化代入のデフォルト引数 未サポート ? 41.0 (41.0) ? ? ? ?

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: kdex, Marsf, lv7777, kohei-takata, shide55
 最終更新者: kdex,