この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

arguments.callee プロパティは現在実行中の関数を示します。

説明

calleearguments オブジェクトのプロパティです。関数の本体の内部で現在実行中の関数を参照するために使用します。これは関数名が不明であるとき、たとえば名前のない関数式(「無名関数」)の内部などで便利です。

警告: ECMAScript 第5版では、 strict モードにおける arguments.callee() の使用を禁止しています。関数式に名前を付けるか、関数が自身を呼び出す必要がある場合に関数宣言を使用するかして arguments.callee() の使用を避けてください。

なぜ arguments.callee は ES5 strict mode で削除されたのか

olliej による Stack Overflow の回答によれば)

古いバージョンの JavaScript では名前付きの関数式が利用できず、このため再帰の関数式を作成することができませんでした。

例えば、以下の構文は動作しました。

function factorial (n) {
    return !(n > 1) ? 1 : factorial(n - 1) * n;
}

[1, 2, 3, 4, 5].map(factorial);

しかし、

[1, 2, 3, 4, 5].map(function(n) {
    return !(n > 1) ? 1 : /*ここでどうする?*/ (n - 1) * n;
});

は動作しませんでした。これをうまくやるために arguments.callee が追加され、あなたは以下のようなことができます。

[1, 2, 3, 4, 5].map(function(n) {
    return !(n > 1) ? 1 : arguments.callee(n - 1) * n;
});

しかし、これは実際には本当にダメな解決法でした。これは(他の arguments や calleecaller の問題と組み合わさって)、一般的には、再帰のインライン化と末尾再帰が不可能になるのです(あなたはこれをトレースなどを通じて選択した場合では達成できます。しかし最良のコードであっても、逆に不要な検査においては最適未満です)。他の大きな問題としては、再帰呼び出しが別の this の値になることです。例えば、

var global = this;

var sillyFunction = function(recursed) {
    if (!recursed) { return arguments.callee(true); }
    if (this !== global) {
        alert('This is: ' + this);
    } else {
        alert('This is the global');
    }
}

sillyFunction();

ECMAScript 3 resolved these issues by allowing named function expressions. For example:

[1, 2, 3, 4, 5].map(function factorial(n) {
    return !(n > 1) ? 1 : factorial(n - 1)*n;
});

This has numerous benefits:

  • the function can be called like any other from inside your code
  • it does not create a variable in the outer scope (except for IE 8 and below)
  • it has better performance than accessing the arguments object

Another feature that was deprecated was arguments.callee.caller, or more specifically Function.caller. Why is this? Well, at any point in time you can find the deepest caller of any function on the stack, and as I said above looking at the call stack has one single major effect: it makes a large number of optimizations impossible, or much much more difficult. For example, if you cannot guarantee that a function f will not call an unknown function, it is not possible to inline f. Basically it means that any call site that may have been trivially inlinable accumulates a large number of guards:

function f(a, b, c, d, e) { return a ? b * c : d * e; }

If the JavaScript interpreter cannot guarantee that all the provided arguments are numbers at the point that the call is made, it needs to either insert checks for all the arguments before the inlined code, or it cannot inline the function. Now in this particular case a smart interpreter should be able to rearrange the checks to be more optimal and not check any values that would not be used. However in many cases that's just not possible and therefore it becomes impossible to inline.

例: 無名再帰関数内での arguments.callee の使用

再帰関数は自分自身を参照する必要があります。関数が自分自身を参照するには、一般的には関数の名前を使用します。しかしながら、無名関数には名前がありません。さらにその無名関数を参照するアクセス可能な変数も無い(関数がどの変数にも代入されていない)場合、その関数には自分自身を参照する手段がありません(無名関数は関数式または Function コンストラクターによって作成できます)。したがって、これを参照するアクセス可能な変数がない場合、関数が自分自身を参照できる唯一の方法は arguments.callee による方法です。

次の例では関数を定義し、その関数内でさらに階乗関数を定義し、それを返しています。

function create() {
   return function(n) {
      if (n <= 1)
         return 1;
      return n * arguments.callee(n - 1);
   };
}

var result = create()(5); // 120 (5 * 4 * 3 * 2 * 1) を返す

良い代替手段がない場合の arguments.callee の使用

However, in a case like the following, there are not alternatives to arguments.callee, so its deprecation could be a bug (see バグ 725398):

function createPerson(sIdentity) {
    var oPerson = new Function('alert(arguments.callee.identity);');
    oPerson.identity = sIdentity;
    return oPerson;
}

var john = createPerson('John Smith');

john();

仕様策定状況

仕様書 状況 コメント
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初回定義。 JavaScript 1.2 で実装
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Arguments Object の定義
標準  
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Arguments Exotic Objects の定義
標準  
ECMAScript Latest Draft (ECMA-262)
Arguments Exotic Objects の定義
ドラフト  

ブラウザー対応状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung InternetNode.js
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 1IE 完全対応 6Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 ありnodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

 

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: takamin, mfuji09, teoli, ethertank, Potappo, Shoot
最終更新者: takamin,