Error.prototype.name

name プロパティは、エラーの種類の名称を表します。初期値は "Error" です。

解説

既定で Error インスタンスには "Error" という名称が与えられます。 name プロパティは message プロパティに加えて、 Error の文字列表現を生成するため、Error.prototype.toString() メソッドにより使用されます。

独自のエラーを発生させる

var e = new Error('Malformed input'); // e.name は 'Error'

e.name = 'ParseError';
throw e;
// e.toString() would return 'ParseError: Malformed input'

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Error.prototype.name の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報